読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


韓国など9カ国で通信できるAISのプリペイドSIMカードをAndroid端末で使用しました

今回韓国へ渡航しましたが、スマホで通信するプリペイドSIMカードは、渡航前にamazonで購入してから韓国へ行きました。実際に使用してみると、設定も通信もとっても簡単だったので、今回はそのSIMの紹介をさせていただきます。

1年に2回の巨大セール!韓国LCCジンエアーのセール「JIN MARKET」が2月27日より開催!!

◇画像:Jin Air WEBサイトより1年に2回しか開催されない韓国LCC「ジンエアー」の巨大セール、「JIN MARKET」がいよいよ2月27日午前10時より開催されます。予約期間は10日間で、最終日は3月8日の24:00になります。ちなみに韓国の航空会社なので韓国時間にな…

航空券無償提供で旅に行けるバンコクエアウェイズのブロガー募集詳細とは?

◇画像:バンコクエアウェイズWEBサイトより タイを拠点にしている航空会社「バンコクエアウェイズ」が、航空券を無償で提供する代わりに、旅の記事を執筆してくれるブロガーを募集しています。なお、航空券は無償ですが、発券時にかかる税金などの諸費用、及…

成田とソウル仁川国際空港の往復で韓国LCCのジンエアーに搭乗してみました

僕は先日韓国へ渡航しました。その時利用したのが韓国LCCの「ジンエアー(Jin Air)」でした。ジンエアーは2007年、大韓航空の子会社「エアコリア」として設立されました。その後、2008年に社名を「ジンエアー」に変更して、今に至っております。僕がジンエア…

東京近郊で源泉かけ流しが楽しめる「宮前平源泉湯けむりの庄」でのんびり滞在

東京近郊に源泉かけ流しの湯はないかとネットで探したところ、神奈川県川崎市宮前区に探していた温泉「宮前平源泉湯けむりの庄」がありました。先日、早速友人を誘って行ってきたので、今回はそのレポートです。

下川裕治さんの新刊『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』を読んでみました

ユーラシア大陸ーー。ヨーロッパとアジアをあわせた六大陸のなかで、一番大きな大陸だ。そのユーラシア大陸をインドのデリーからイギリスのロンドンまでを乗り合いバスで旅をした、今や旅人のバイブルを超えたレジェンド『深夜特急』は、旅行作家・沢木耕太…

本格火鍋と絶品小籠包!新宿区役所通りの金燕酒家で昼から宴会!!

先日、日曜日の昼下がりに、学生時代の友人7人が東京都新宿区の新宿駅に集まりました。中には数十年振りに会う友人もいたりして、懐かしい話しに会話が弾んだものでした。そんな楽しい時間に華を添えたのは、美味しい本格中華料理の「金燕酒家(キンエンシュ…

3日間限定スカイマークのSKYセールが2月16日7時より発売開始!最安2,500円から!!

スカイマーク SKYMARK丨航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線 スカイマークが2017年7月1日から10月28日搭乗分の各種運賃を国土交通省に届け出たプレスリリースが配信されました。そこで「Active SKY☆SEASON4」として、キャンペーン運賃の「SKYセール」が…

韓国ソウルでZenfone3のカメラ機能を使って旅の撮影をしてみました

ASUS JAPANが年末年始に開催した「Zen Tour年末年始大感謝祭」。今年(2017年)の1月に開催された東京会場に、僕も初参加してきました。そこで参加者全員にプレゼントされたSIMフリースマホの「Zenfone3」を持参して、先日韓国へ行ってきました。果たして旅先…

ラオス10日間ほどの旅のルートと費用を振り返ると迷走してバカな出費が響いた旅でした

今回僕はラオスのビエンチャンからルアンパバーンまでをバスで北上する旅をしました。期間は昨年(2016年)12月27日の夜に東京を発ち、1月5日に東京へ帰ってくる行程です。ただ、今回の旅は安上がりな旅をする身としては、とても経費のかかった旅となりました…

タイエアアジアX|XJ606便でバンコクから成田へ!ドンムアンで搭乗の変更点と機内食などの楽しみ方

タイ・バンコクから東京への帰国便は、タイエアアジアXに搭乗した。僕がタイから帰国する際に、よく選択する航空会社だ。飛行場はスワンナプームではなく、LCC専用のドンムアン空港で、バンコクの中心部からタクシーで30分ほどの位置にあり、便利で好きな空…

ルアンパバーン空港の様子とタイエアアジアのバンコク行きFD1031便搭乗記'17

ビエンチャンからバスで北上したラオスの旅は、ルアンパバーンで終わった。後は東京へ帰るだけだが、そのルートは飛行機でタイ・バンコクを経由するルートを選択した。僕が搭乗した航空会社はタイエアアジアで、飛行時間は約1時間30分。バンコクから車中で1…

ルアンパバーンにいったい何があるというんですか?

ラオス北部の街、ルアンパバーンへ初めて訪れた。ルアンパバーンは市街地全体が世界遺産の街ということは知っていた。僕が今まで訪れたアジアの街で同様な街といえば、マレーシアのジョージタウンやマラッカ、そしてベトナムのホイアンも街全体が世界遺産の…

ルアンパバーンの屋台チキン|手羽先とソムタムでちょっと一杯

僕は気に入った飲食店には連日通ってしまうところがある。それは日本でも海外でも同じで、ルアンパバーン滞在時は屋台のチキンを連日食べてしまった。理由は美味しいから、ただ一点。料金はそこまで安くはなかったが、美味しいから頷くしかなかった。今回は…

【ルアンパバーン】米オバマ前大統領も見学したワットシェントーンは美しさで見どころ一杯でした

ルアンパバーン滞在中には、街の北東に位置するワットシェントーンを見に行った。ワットシェントーンは世界遺産の街、ルアンパバーンを象徴する寺院と言われている。建立は1560年で、ラオスにかつて存在していたラーンサーン王国の16代目の王、セーターティ…

夜明け前から始まるルアンパバーンの早朝市場でちょっと一服

ルアンパバーンの朝は早い。僧が街を練り歩く托鉢が始まる頃、多くの地元信者と観光客で通りが賑わう。その托鉢が終わると、観光客にはちょうどいい地元観光スポットがある。それは朝しか開かない「早朝市場」だ。

ラオスヌードルの極み!ルアンパバーンの超絶うま辛い屋台のカオソーイに大満足

カオソーイという麺料理がある。チェンマイをはじめとするタイ北部と、僕が今いるルアンパバーンをはじめとするラオス北部で広く食べられている料理だ。そのカオソーイを初めて食べたのは、タイのチェンマイだった。ココナッツミルクを加えたカレースープに…

ルアンパバーンの托鉢|1日の始まりは功徳をつむ行為で始まります

市街地全体が世界遺産の街、ルアンパバーンの朝は早い。まだ夜が明ける前、暗闇の中で人々が動き出す。それは仏教における托鉢があるからだ。托鉢とは出家者の修行のひとつで、街を歩き家々を巡っては、食糧などのお供え物を僧に託す行為だ。人々が先祖に届…

ルアンパバーンのノックノイレネクシンゲストハウス|ウエルカムフルーツでハッピー滞在

ラオス北部に位置する古都、ルアンパバーンにやってきた。ルアンパバーンは市街地全体が文化遺産として、ユネスコの世界遺産に登録されている街だ。そのルアンパバーンでの宿泊先の決め手は個々で幾つかあると思うが、街全体はコンパクトな造りのため、静か…

【Zenfone3】レイアウト社製のハイブリッドケースと保護フィルムを装着してみました

先日参加しましたASUSのブロガーイベント「ASUS Zen Tour年末年始大感謝祭!」。そこでプレゼントされた、両面ガラス仕様が美しい「Zenfone3」ですが、その美しさ故キズが付かないか大変気になります。かと言って、両面が覆われる手帳型ケースを装着すると、…

ブロガーイベントZen TourプレゼントのZenfone3|開封と設定をしてみました

先日参加してきたASUSのブロガーイベント「ASUS Zen Tour年末年始大感謝祭!」。そこで参加者全員にプレゼントされたZenfone3。僕は普段Zenfone2 laserを使用しているんですが、バッテリーがヘタってきたので、とても嬉しかったです。イベント終了後自宅に戻…

ラオスのバンビエンで年越し|夜遊びはクラブでパリピなハッピーニューイヤー

突然だが「パリピ」という言葉がある。パリピとはParty people(パーティーピープル)を略した言葉で、一般的にはパーティーやクラブ、イベントで飲んで騒ぐ人たちを指す言葉だと認識をしている。だからイメージとしては、酒を飲んで、チャラチャラして、ノリ…

ハングルが踊る街!韓国マネーで潤う2年振りのバンビエン街歩き

ラオスを旅する旅行者は、首都ビエンチャンと世界遺産の街、ルアンパバーンを陸路で移動する人が多い。その両方の街の途中にあるのがバンビエンという街だ。そのバンビエンはかつて欧米人の溜まり場となっていた話しを旅の熟練者から聞いたことがあった。街…

スカイマークが3日間限定のお得なキャンペーン運賃「SKYセール」を開催!1月26日午前7時より販売開始

スカイマーク SKYMARK丨航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線 スカイマークよりプレスリリースがありました。その内容は1月26日(木)午前7時より、3日間限定のセールを開催するそうです。そのセール名は、 「Active SKY☆SEASON3」 いわゆるスカイマークお…

ASUS Zen Tour年末年始大感謝祭!東京会場のイベントに行ってきました

ASUS JAPANが昨年末から今月にかけて開催した「ASUS Zen Tour年末年始大感謝祭!」というファン向けのブロガーイベントの参加者を募集しており、応募したところ見事当選をし、2017年1月20日の東京開催に足を運んできました。今回はその模様をお届けいたしま…

アジアで豆腐は鉄板食材!バンビエンの豆腐が入ったぶっかけ飯で連日満足!!

バンビエンで連日通ったレストランがあった。料理はなんてことのないぶっかけ飯だったが、その味に僕の舌がピタっとハマってしまい、ひどい日は1日2回、昼も夜も同じ料理を食べた日もあった。僕は日本に居ても、気に入った食事処は続けて通うところがある…

バンビエンの山が見えるホテル「マウンテンリバービューゲストハウス」で絶景滞在

ラオスのバンビエンで一度泊まってみたいホテルがあった。それは部屋からバンビエンの力強い山々が見えるホテルだった。しかし、バンビエンで街が見える部屋と山が見える部屋の料金は大きく異なり、圧倒的に山が見える部屋の料金が高くなるのは常識だった。…

ジェットスターの夏先取りの国内全路線セールで最安1,990円!1月27日まで開催中!!

格安航空券 | 飛行機 予約 | ジェットスター ジェットスター・ジャパンが、2017年夏期スケジュールの航空券を1月19日(木)より販売を開始し、セールを開催しました。その名も「夏先取りの国内全路線セール」です。そのセール運賃は最安で、なんと1,990円(片道…

ビエンチャンにいったい何があるというんですか?

旅をしている人を大まかに分けると、観光に勤しむタイプとのんびり過ごすタイプに分かれる。僕はどちらかと言うと後者のタイプだが、ちゃんと観光をすることだって珍しくはない。しかし、これがビエンチャンとなると、観光に勤しもうという気持ちの高揚は全…

ラオスとベトナムのコーヒーはなんで植民地支配を受けたフランスの同手法じゃないの?

僕の朝は必ずコーヒーで始まる。起床するとお湯を沸かし、ドリッパーで淹れるコーヒーをすする。これで目が覚めるというものだ。しかし旅先となるとそうはいかず、必然的にカフェへと足を運ぶことになる。今回はビエンチャンで入ったカフェの紹介と共に、ラ…

ラオスの絶品ヌードル!ビエンチャンの朝しか営業しないワンタン麺に納得

東南アジアを旅していると、どこの国でもチャイナタウンがあるような気がする。そんなチャイナタウンで中華料理を食べれば、味の当たり外れが少なく間違いないような気がしている。僕が今回訪れたラオスのビエンチャンには、取り立ててチャイナタウンのよう…

ビエンチャンの部屋が広いおすすめホテル「ハヨソケゲストハウス」でゆったり滞在

ビエンチャンでの宿泊は、多くのホテルが集まるナンプ広場から近い、ルーヘングバウン通りにある「ハヨソケゲストハウス(Haysoke Guest House) 」にした。数あるホテルの中からこのゲストハウスに決めたのは、日本語が話せるブンタさんというスタッフがいる…

【ラオス】ビエンチャンで外貨両替とラオ携帯「unitel」のプリペイドデータSIMの購入

他国へ入国したら外貨両替とSIMの購入に走る。入国したら一番最初にやることのような気がする。それが空路なら大抵は空港で事が済むが、僕は今回ラオスへの入国は陸路で入った。タイのノーンカーイからメコン川を渡ってビエンチャンのタラートサオに着くと、…

タイからラオスへ630km!タイ人に人気の国際夜行バスで陸路国境越え!!

2016年12月下旬、僕はタイのバンコクからラオスのビエンチャンまで約630kmの距離を、国際夜行バスを利用して陸路で国境越えをしました。島国日本に住んでいるせいか、陸路の国境越えは感慨深いものがあり、とてもワクワクする出来事で、国境越えに特化する旅…

タイ国営トランスポート社の国際長距離バスを日本でオンライン予約購入してみました

僕は今回ラオスのビエンチャンへ向かいましたが、その移動方法はタイ・バンコクからバスで行くことにしました。そのバスの多くは北バスターミナルのモーチット2から出ていますが、僕はタイ人に評判の良い国営バスのトランスポート社のバスに、なんとしても…

購入はノックエアーでも子会社のノックスクートで台北からバンコクへ!XW181便の搭乗と予約方法

2016年12月下旬、僕は台北/桃園空港からタイのバンコク/ドンムアン空港へ移動をしました。その際に利用したのがタイLCCのノックエアーでした。航空券の予約は渡航前に日本でインターネットにて予約&購入をしてから旅立ちました。今回はそんなノックエアーの…

台北桃園空港第1ターミナルにあるプラザプレミアムラウンジを利用してみました

桃園空港第1ターミナルに2016年春にオープンした「プラザプレミアムラウンジ」。オーダー式の出来たて料理や、ビールなどの飲料も飲み放題ということで、プライオリティパスを片手に早速利用してみました。

台湾の空港で並ばず入国できる常客証とオンライン入国カードの申請方法

台湾の空港における出入国審査を優先レーンを使用してほぼ並ばずに通過ができる「常客証」というのを知っていますか? 僕は今回成田空港から台北/桃園空港へ足を運んだ際、常客証を使って初めて優先レーンを体験しました。どの時間帯も混雑することの多い桃…

バニラエアの航空券予約で名前の入力ミス!その変更修正料に驚きました!!

2016年12月下旬、僕は台北へ向かう便でバニラエアを利用しましたが、初めて大きな間違いをしてしまいました。それは搭乗者名の入力ミスでした。つまり自分の名前を間違えてしまったのです。名前はローマ字で入力しますが、姓で1ヶ所、名で1ヶ所の計2ヶ所です…

旅とブログと2016

2016年、今年も世の中は様々な出来事がありましたが、皆さんはどんな一年を過ごしましたか。僕はアジアの旅と、その旅の記録『バックパッカーに憧れて(以下当ブログ)』で、旅行記並びに情報を発信し続けることが出来ました。これも読んでいただいた皆さん…

オレ流!茨城空港から行く神戸男の一人旅はコレだ!!

2016年12月、僕は茨城空港から兵庫県神戸市へ1泊2日の旅へ出かけました。初めて利用した茨城空港は、東京駅から500円で行くことができ、とても安価な旅をすることができました。そして、綺麗な神戸の港町を横目に、ディープな新開地の大衆酒場で一杯やって、…

日本最古泉の有馬温泉|おすすめ日帰りコースはコレだ!

2016年12月中旬、僕は初めて兵庫県神戸市にある「有馬温泉」へ足を運んだ。有馬温泉は日本三古湯のひとつで、愛媛県の道後温泉、和歌山県の白浜温泉、そして今回の有馬温泉が日本三古湯と言われている。そんな有馬温泉の湯は空気に触れると着色する含鉄塩化…

神戸新開地のカプセルホテル「Asahi カプセル&サウナ」は予約必須の人気店だった!

神戸での宿泊は新開地にある「Asahi カプセル&サウナ」というカプセルホテルを選んだ。カプセルホテルというと、どこか酔っ払って終電を逃したオヤジの寝床を想像していたが、泊まってみると案外快適なことが分かった。地下にある新開地駅のすぐ真上にある…

神戸新開地の大衆酒場でせんべろディープはしご酒

僕は東京に住んでいるから神戸というと、どこか横浜と紐付けるようなところがある。海からの風を感じながら港町を歩けば街のシンボルタワーと赤レンガの建物があり、高台を歩けば洋館が点在する。そして元町・中華街。僕が知っている横浜の街と神戸は共通点…

茨城と神戸を結ぶスカイマークに搭乗したら木内酒造とのコラボ企画や神戸スイーツの土産で楽しいフライトでした!

今回茨城空港と神戸空港を結ぶ空の旅は、スカイマークのSKY183便とSKY186便を利用した。スカイマークといえば、昔沖縄へ頻繁に行っていた頃よく利用していたが、最後に乗ったのは約4年前で、久しぶりのスカイマークの搭乗となった。そのスカイマーク機内に入…

僕が初めて利用して分かった茨城空港7つの魅力

2016年12月中旬、僕は初めて茨城空港を利用した。東京に住んでいる身にとって茨城空港と言われてもピンと来ない面があったが、利用してみると利用者にとって良い側面が色々あることが分かった。今回はそんな茨城空港の利用体験記をお届けしたい。

東京駅と茨城空港を結ぶワンコインバスの所要時間は1時間40分というのは本当か?

2016年12月中旬、僕はスカイマークを利用して兵庫県神戸市へ向かうため、初めて茨城空港を利用した。東京に住んでいる身にとって、羽田でもなく、成田でもなく、茨城空港かと、少し気が遠くなりそうになったが、それを覆す魅力がワンコイン、いわゆる500円で…

KLIA2のプラザプレミアムラウンジ「Wellness Spa」はプライオリティパスで快適に過ごす!

トランジット……。聞こえはいいが、その乗り継ぎに多くの時間を要すると、退屈な思いをすることは少なくない。その退屈な時間を今回ゆっくりと過ごすことができ、尚且つ食事もでき、シャワーまで浴びて過ごすことができた。それは「プライオリティパス」を利…

プミポン国王崩御|シャツの色を気にするタイ旅行の歴史

2016年10月13日の夜、テレビのチャンネルをNHKに合わせると、ちょうど19時のニュースが始まる頃だった。ネットで見たタイのプミポン国王(ラーマ9世)崩御の記事の詳細が知りたく、普段あまりつけることの無いテレビの電源を入れた。するとその日のトップニュ…

【バンコク】ラチャテウィーの青空レストランと軽トラ酒場でローカルはしご酒

僕のバンコク拠点の街「ラチャテウィー」には、安くて美味しいローカルな飲食店が多く揃っている。しかしタイ好きな旅人の間でも、なぜかラチャテウィーは認知度が低く、話題の共通点にはなりにくい。今回は少しでも知ってもらうためにも、ローカル飲食店の…