読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


ラオスのバンビエンで年越し|夜遊びはクラブでパリピなハッピーニューイヤー

突然だが「パリピ」という言葉がある。パリピとはParty people(パーティーピープル)を略した言葉で、一般的にはパーティーやクラブ、イベントで飲んで騒ぐ人たちを指す言葉だと認識をしている。だからイメージとしては、酒を飲んで、チャラチャラして、ノリ…

【横須賀】山ガールには負けない!汐入谷戸地区山登りを音楽で振り返る

2016.08京急汐入駅近くにあるヴェルニー公園周辺の散策を終え、再び汐入駅へ。駅の近くにある大衆食堂の一福で昼食を済ますと、汐入駅の裏手にある山の住宅街「谷戸地区」へ向けて歩き出したishikawaさんとやかんと僕の3人。その模様を脳裏に流れてきた音楽…

夏の横須賀汐入散策!ヴェルニー公園周辺を音楽で振り返る

2016.08 立秋が過ぎた8月中旬、僕は数ヶ月振りにお気に入りの街、横須賀市汐入にいた。春先までは毎月通うことを決めていたが、6月に沖縄の米兵による飲酒絡みの不祥事が度重なり、ここ横須賀でも米兵への禁酒令が発令した。その結果、アメリカ人街のどぶ板…

コザ暴動から45年!基地の街ゲート通り!!ディープな夜のアメリカ人街とは? 〜沖縄で働く日本人とアメリカ人〜

物悲しいコザの歴史 沖縄では那覇に滞在したが、1日だけコザで過ごした夜があった。コザと聞いてピンとこない人もいるだろう。それもそのはずで、コザ市という名は今はなく沖縄市のことを指す。今から54年前、1956年米軍の市政施行により誕生したのがコザ市…

旅人必見!僕が海外で思わず聞きたくなる洋楽5曲!!

「旅に出てまで音楽を聞きたいのか?」と言われる人もなかにはいるが、一人旅の道中では音楽が旅の演出を盛り上げる。例えば移動の列車やバスの中。これはもう最高の気分だ。移りゆく景色を見ながら聞く音楽は時に心を和らげる。宿の部屋で一杯やりながら聞…

シェムリアップ随一の繁華街!パブストリートへ行ってみた!!

2015.03某日(4日目)今日の一日は長い。朝の4時過ぎに起床し、アンコールワットの日の出を見ると宿に戻り仮眠。昼からはアンコールトムを観光。再び宿に戻ると夜の締めくくりはシェムリアップ随一の繁華街「パブストリート」だ。連日の猛暑のなか、ここま…

【ラオスの年末年始】バンビエンの年越しを体験しました!!

2014.12.31〜2015.01.01(3〜4日目)大晦日の夜は21時からの無料ウィスキーを求めて、チャンタラゲストハウスの宿泊客と一緒に「SAKURA BAR」へ。2014年もあと3時間で終わり。日本より2時間遅れているので、日本ではあと1時間後に2015年だ。海外で年を…

初めてのJIN AIR(ジンエアー)で韓国・ソウルからラオス・ビエンチャンへ

2014.12.29(初日)風邪をひいているせいもあり、ソウル市内へ出なかった僕は、空港地下1階にあるSPA施設で仮眠をとった。このSPA施設は夜中や早朝発着の人々で混むらしいのだが、日中は空いており横になれるソファーを独り占めできた。・SPA施設:1,500ウォ…

マラッカで美空ひばりの「愛燦燦」を聴くとは思わなかった

2014.11.23(3日目)降りしきる雨のなか軒先の屋根などを伝い、チャイナタウンのジョンカーストリートまできた。チャイナタウンは各国どこに行ってもあり、日本でも横浜中華街をはじめ、各地にチャイナタウンが存在するため、身近な街といってもいいだろう…

エアアジアAK510便でクアラルンプールからホーチミンへ!機内音楽はアヴィーチーがお出迎え!!

2014.05.03(5日目)いざ搭乗。チケットの半券を切られ建物の外に出ようとした時、スタッフに止められた。「今はハノイ行き。ホーチミンは次だよ」ハノイ行きとホーチミン行きはゲートが同じで時間が書いていない。スタッフが大声で喋り沢山の客が並び始め…

マレーシアの湿気と熱気でやられたから、積み荷のない船でさらにやられてみた!!

2014.05.03(5日目) 僕の乗ったエアアジアD7 377便は、約4時間40分後にマレーシアはクアラルンプールに着いた。日付は翌3日に変わっていた。飛行機のタラップを降り地上を歩き、空港内に入る。そしてすぐ左の部屋に入ればホーチミン行きに乗り換え手続き…

台湾観光の定番!九份の喧騒に寂しさが心を通り抜けたのか?

2014.05.02(4日目)今日は台湾最終日。あっという間の4日間だったが、大した所には行っていない。509mの高さを誇るビル「101」や、夕陽が綺麗な名所「淡水」、床全面が透明なキャビンで有名な「猫空ロープウェイ」、翡翠の白菜で有名な「故宮博物館」など…

タイの車窓から

2013.09.22(4日目)窓口で切符を購入した我々は早速ホームへ。列車とホームの高さが合っていないところを見ると、まさに海外に来たのだと実感する事ができる。 バンコク→アユタヤ:15B 列車はほぼ定刻通りに発車した。これから約1時間30分、列車の旅が始ま…