読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


日本国

東アジアに位置する日本列島及び、南西諸島・小笠原諸島などの諸島嶼から成る島国。首都は東京。通貨は円、人口は1億2,686万人。

コールドプレイ初の東京ドーム公演|セトリと感想をYouTubeで振り返る!

画像:コールドプレイオフィシャルサイトより 2017年4月19日、Coldplayが『A HEAD FULL OF DREAMS TOUR』の一貫として、日本にやってきました。場所は東京ドーム。日本公演は1日限りの貴重なライブとなりました。そしてColdplayが来日するのは3年振りのこと…

阿佐ヶ谷で昭和な香りが漂う老舗の焼肉屋「清香苑」で過ごす夜

東京都杉並区阿佐ヶ谷。駅前に広がる阿佐ヶ谷特有の細い路地の片隅に、老舗の焼肉屋があった。名前は「清香苑(せいこうえん)」。タイ在住の友人が年に一度の里帰りをすると、必ず集まる焼肉屋でもあった。今回はそんな美味くてリーズナブルな焼肉屋を紹介し…

プライオリティパスで利用できる成田空港第1ターミナルのラウンジを利用しました

先日成田空港第1ターミナルを利用した際に、プライオリティパスを使ってラウンジを利用してみました。僕自身、成田空港第1ターミナルのラウンジ利用は初めてでしたが、ゆっくりと滞在をし、存分に楽しんで参りました。今回はその模様をたっぷりとご紹介し…

成田とソウル仁川国際空港の往復で韓国LCCのジンエアーに搭乗してみました

僕は先日韓国へ渡航しました。その時利用したのが韓国LCCの「ジンエアー(Jin Air)」でした。ジンエアーは2007年、大韓航空の子会社「エアコリア」として設立されました。その後、2008年に社名を「ジンエアー」に変更して、今に至っております。僕がジンエア…

東京近郊で源泉かけ流しが楽しめる「宮前平源泉湯けむりの庄」でのんびり滞在

東京近郊に源泉かけ流しの湯はないかとネットで探したところ、神奈川県川崎市宮前区に探していた温泉「宮前平源泉湯けむりの庄」がありました。先日、早速友人を誘って行ってきたので、今回はそのレポートです。

本格火鍋と絶品小籠包!新宿区役所通りの金燕酒家で昼から宴会!!

先日、日曜日の昼下がりに、学生時代の友人7人が東京都新宿区の新宿駅に集まりました。中には数十年振りに会う友人もいたりして、懐かしい話しに会話が弾んだものでした。そんな楽しい時間に華を添えたのは、美味しい本格中華料理の「金燕酒家(キンエンシュ…

ASUS Zen Tour年末年始大感謝祭!東京会場のイベントに行ってきました

ASUS JAPANが昨年末から今月にかけて開催した「ASUS Zen Tour年末年始大感謝祭!」というファン向けのブロガーイベントの参加者を募集しており、応募したところ見事当選をし、2017年1月20日の東京開催に足を運んできました。今回はその模様をお届けいたしま…

バニラエアの航空券予約で名前の入力ミス!その変更修正料に驚きました!!

2016年12月下旬、僕は台北へ向かう便でバニラエアを利用しましたが、初めて大きな間違いをしてしまいました。それは搭乗者名の入力ミスでした。つまり自分の名前を間違えてしまったのです。名前はローマ字で入力しますが、姓で1ヶ所、名で1ヶ所の計2ヶ所です…

オレ流!茨城空港から行く神戸男の一人旅はコレだ!!

2016年12月、僕は茨城空港から兵庫県神戸市へ1泊2日の旅へ出かけました。初めて利用した茨城空港は、東京駅から500円で行くことができ、とても安価な旅をすることができました。そして、綺麗な神戸の港町を横目に、ディープな新開地の大衆酒場で一杯やって、…

日本最古泉の有馬温泉|おすすめ日帰りコースはコレだ!

2016年12月中旬、僕は初めて兵庫県神戸市にある「有馬温泉」へ足を運んだ。有馬温泉は日本三古湯のひとつで、愛媛県の道後温泉、和歌山県の白浜温泉、そして今回の有馬温泉が日本三古湯と言われている。そんな有馬温泉の湯は空気に触れると着色する含鉄塩化…

神戸新開地のカプセルホテル「Asahi カプセル&サウナ」は予約必須の人気店だった!

神戸での宿泊は新開地にある「Asahi カプセル&サウナ」というカプセルホテルを選んだ。カプセルホテルというと、どこか酔っ払って終電を逃したオヤジの寝床を想像していたが、泊まってみると案外快適なことが分かった。地下にある新開地駅のすぐ真上にある…

神戸新開地の大衆酒場でせんべろディープはしご酒

僕は東京に住んでいるから神戸というと、どこか横浜と紐付けるようなところがある。海からの風を感じながら港町を歩けば街のシンボルタワーと赤レンガの建物があり、高台を歩けば洋館が点在する。そして元町・中華街。僕が知っている横浜の街と神戸は共通点…

茨城と神戸を結ぶスカイマークに搭乗したら木内酒造とのコラボ企画や神戸スイーツの土産で楽しいフライトでした!

今回茨城空港と神戸空港を結ぶ空の旅は、スカイマークのSKY183便とSKY186便を利用した。スカイマークといえば、昔沖縄へ頻繁に行っていた頃よく利用していたが、最後に乗ったのは約4年前で、久しぶりのスカイマークの搭乗となった。そのスカイマーク機内に入…

僕が初めて利用して分かった茨城空港7つの魅力

2016年12月中旬、僕は初めて茨城空港を利用した。東京に住んでいる身にとって茨城空港と言われてもピンと来ない面があったが、利用してみると利用者にとって良い側面が色々あることが分かった。今回はそんな茨城空港の利用体験記をお届けしたい。

東京駅と茨城空港を結ぶワンコインバスの所要時間は1時間40分というのは本当か?

2016年12月中旬、僕はスカイマークを利用して兵庫県神戸市へ向かうため、初めて茨城空港を利用した。東京に住んでいる身にとって、羽田でもなく、成田でもなく、茨城空港かと、少し気が遠くなりそうになったが、それを覆す魅力がワンコイン、いわゆる500円で…

あの寝台特急が馬喰町に蘇る!トレインホステル北斗星の寝台ドミトリーで列車の旅気分!!

寝台列車で旅をする。僕の細やかな夢だった。なぜなら僕は生まれてこの方寝台列車に乗ったことがなかった。だから北斗星もトワイライトエクスプレスも乗ったことがない。いずれと思って月日が経ち、昨年(2015年)「日本初の豪華寝台特急」といわれた北斗星が1…

実録!エアアジアの羽田深夜便で行くクアラルンプール経由のバンコク行きはコレだ!! 〜裏技紹介付〜

11月上旬、僕はタイのバンコクへ向かった。利用した航空会社はエアアジアだ。そのエアアジアで東京からバンコクへ向かう便は、成田なら午前9時台と午後20時台の1日2便で、どちらも直行便となる。一方、羽田発は23時台の1便しかないが、経由地のクアラルンプ…

熱海で観光をしないゆるりとした滞在のおすすめ

10月下旬、僕は熱海にいた。熱海を訪れたのは10年、いや15年振りかもしれない。記憶が正しければ、友人たちとランチの海鮮料理を堪能し、熱海城や秘宝館を巡ったあとに、日帰り入浴を楽しんだと思う。そしてその時見た熱海の印象は賑わいを失い、錆びれた温…

クラブの雰囲気が漂う熱海の「CAFE RoCA」は野菜たっぷりゆるベジカフェだった

歴史を感じる熱海銀座商店街のなかで、ここは渋谷か?はたまた恵比寿か?と思わせる佇まいのカフェがあった。店の名は「カフェ ロカ」。ブルーの外観が特徴的だった。僕は宿泊したゲストハウスで知り合った方と3人で訪れてみた。今回はそのカフェロカの訪問…

【熱海】ホテルの昼食付温泉と公衆浴場の日帰り入浴を入り比べてみました

熱海を訪れて温泉に入らない人はいるのだろうか。そのくらい温泉のイメージが強い熱海だが、昔あった安価な公衆浴場は今では激減し、数えるほどしか残っていない。となると、ホテルや旅館の日帰り入浴となるが、その料金は一般的には千円前後のイメージで、…

熱海の来宮神社で樹齢2千年以上の大クスからパワーとご利益を貰えたかな!?

アジアを旅していると神社・仏閣巡りの旅になる時間があるが、日本を旅していてもその時間は同じ時がある。そしてその時間が過ぎると、あぁやっぱり日本の神社・仏閣っていいなと、余韻に浸るものだった。今回僕は熱海を訪れたが、そんな神社が来宮にもあっ…

創業1929年!熱海「餃子の濱よし」で懐かしの中華そばとコクうま餃子でほっこり!!

熱海で食べてみたい中華そばと餃子があった。店の名は「餃子の濱よし」だ。インターネットで調べてみると、創業は1929年で日本では昭和4年と老舗中の老舗店が存在していることが分かった。これは食べてみたい。熱海の街に降り立ち、気がつけば店の扉を開けて…

【熱海】ギター片手に「男の料理 居酒屋 錦」で満面の笑みと涙がホロリ

熱海でどうしても行ってみたい居酒屋があった。店の名は「男の料理 居酒屋 錦」だ。ネットの口コミを見ると、こぞってマスターの人柄がよいという文字が液晶画面を踊る。店名の「男の……」から想像すると、厳格で目に見えない暗黙のルールが細かくあり、初め…

【静岡】熱海のドミトリーでちょっと旅気分!ゲストハウスマルヤはまた泊まりたくなる宿だった

熱海に泊まってみたいゲストハウスがあった。いや、正確に言えば泊まってみたいゲストハウスが熱海にあった。東京近郊で洒落たゲストハウスはないかと宿泊予約サイトを覗いていると、静岡県熱海市に求めていた通りのゲストハウスを見つけてしまった。名前は…

バニラエアは食事の持込みOK?台北から東京/成田へJW108便搭乗記'16

台湾からのフライトは、台北/桃園空港から東京/成田空港へ、バニラエアのJW108便を利用した。桃園の出発時間は17時30分。台湾最終日の半日を観光に使え、成田には電車やバスが動いている時間に到着するこの便のレポートをお送りしたい。

東京/成田から深夜便で台北へ!バニラエアJW107便搭乗記'16

10月の上旬、僕は東京・成田から台湾の台北へ向かった。利用した航空会社はLCCのバニラエアだ。この航空会社で香港へ向かったのは先月(9月)のことだが、台湾へ向かうのは初めてのような気がする。一体どんな空の旅を味わえるのだろうか。成田を22時に発つ夜…

香港から深夜便で東京/羽田へ!香港エクスプレスUO624便の搭乗と感想'16

香港から東京への便は、香港エクスプレスを利用した。東京へは成田と羽田の2パターン選べるが、深夜便で帰国したかったのと、渡航日に成田より若干安かったため、羽田を選択した。

パクチー好きにはたまらん!下北沢で出会った悪魔的に旨い香菜サラダは天使のサラダだった!!

最近ふらりと入った飲食店がある。それは、肉汁がたっぷり詰まった餃子の店「ダンダダン酒場」だ。チェーン店らしいが僕が訪れた店は、小田急線と京王井の頭線が交差する下北沢駅の南口から徒歩1分。1階の通りに面した店舗で、開放感のある造りだ。

東京・成田から香港へ!バニラエアJW303便搭乗記'16

今回の旅は東南アジアのインドシナ半島西部に位置するミャンマーだ。しかしその前に香港の地を踏まなければならない。それは格安な航空券、LCCを駆使した結果だった。その香港への航空会社はバニラエアを選んだ。成田空港第3ターミナルから香港までのフライ…

インターバンクの宅配外貨購入で円からUSドルへ替えてみました!!

東南アジアでベトナム、カンボジア、ミャンマーへ渡航する際に、その流通具合からUSドルを持参する旅人は多いだろう。僕もそのうちの1人。今回ミャンマーへ旅することになり、USドルを用意することになった。そのUSドルの外貨両替だが、一般的には銀行、郵便…

横須賀どぶ板通りではしご酒!アメリカ人街の酔いどれコースはコレだ!!

2016.08アメリカ海軍横須賀基地があることから、米兵で賑わう横須賀どぶ板通り。今回横須賀を訪れたのは、どぶ板通りで酒を飲むことが目的だった。同行したisLogの筆者ishikawaさんは、「横須賀どぶ板通りでのはしご酒企画」と称していたが、まさかここまで…

【横須賀】山ガールには負けない!汐入谷戸地区山登りを音楽で振り返る

2016.08京急汐入駅近くにあるヴェルニー公園周辺の散策を終え、再び汐入駅へ。駅の近くにある大衆食堂の一福で昼食を済ますと、汐入駅の裏手にある山の住宅街「谷戸地区」へ向けて歩き出したishikawaさんとやかんと僕の3人。その模様を脳裏に流れてきた音楽…

【横須賀】汐入の昭和が香る大衆食堂「一福」でサンマーメンと伝説の中華丼

2016.08京急汐入駅の南に、見てそれと分かる大衆食堂があった。店の名は一福。僕が初めて訪れたのは今年の冬だった。友人と訪れた酒場散策の途中で、ご飯でも食べようかと、偶然通りかかった味のある食堂に目を惹かれ、引き戸を開けたのが最初だった。今回は…

夏の横須賀汐入散策!ヴェルニー公園周辺を音楽で振り返る

2016.08 立秋が過ぎた8月中旬、僕は数ヶ月振りにお気に入りの街、横須賀市汐入にいた。春先までは毎月通うことを決めていたが、6月に沖縄の米兵による飲酒絡みの不祥事が度重なり、ここ横須賀でも米兵への禁酒令が発令した。その結果、アメリカ人街のどぶ板…

ブログと酒場と横須賀と 〜互いのブログを通じて出会いました〜

4月中旬の日曜日。その日は早朝まで残った雨に加えて、激しい風が吹き荒れる日だった。そんな天候のなか、僕は神奈川県の横須賀にいた。思えば先月、先々月も横須賀へ訪れており、なんだか恒例となってしまった横須賀酒場探訪だ。 スポンサーリンク // しか…

高速バスターミナル「バスタ新宿」がオープンしたのでちょっと見てきました!

2016年4月4日に開業した高速バスターミナルを集結させた交通拠点「バスタ新宿」がオープンした。工事の起工は2006年だから10年間工事をしていたことになる。長期に渡る工事期間の理由はJRの線路上に広がる人工地盤を築くためと言われており、バスタ新宿には1…

招き猫で有名?豪徳寺はニャンとも仰天な寺だった!!

2016.03某日 2両電車が可愛らしい東急世田谷線の宮の坂駅に来た。宮の坂駅は田園都市線の三軒茶屋駅と京王線の下高井戸駅を結ぶ全路線距離5キロの下高井戸駅寄りに位置する。その宮の坂駅から徒歩5分、「豪徳寺」がある。その豪徳寺は一説によると招き猫発祥…

旅人と外国人に出会う街!やっぱり楽しい横須賀の酒場を今日も歩く!!

2016.03某日 先月の横須賀探訪から幾日も経っていないが、再び横須賀市汐入へ来た。どうやら僕はこの街が気に入ってしまったようだ。今日の目的は酒場の一点。訪れた酒場は、客のほとんどが外国人の立ち飲み酒屋「ヒデヨシ商店」 だ。日が沈み暗くなった通り…

高円寺にオープンした東京初のアートホテルって何?

アーティストが手がけた部屋に泊まれる東京初のアートホテル「BnA hotel Koenji」が、東京都杉並区高円寺にオープンしました。宿泊客の受け入れは3月7日からでしたが、前々日と前日の5、6日にオープンイベントが開催されたのでちょっと覗いてみました。 高円…

基地の街!横須賀アメリカ人街「どぶ板通り」で酒場観光してみました

2016.02某日品川駅から京急の特快に乗り横須賀中央駅に来た。横須賀へ訪れるのは確か5年振りだった気がする。秋が深まる10月下旬に開催される「横須賀みこしパレード」に合わせたアメリカ軍の横須賀基地開放日だった。横須賀みこしパレードとは、横須賀中央…

客の9割がYOU?横須賀市汐入の立ち飲み屋「ヒデヨシ商店」でちょっと一杯異国の旅

2016.02某日 品川駅から京急の快特に乗ること約1時間。神奈川県横須賀市汐入に来た。街の形状は山と海に囲まれ、古くからの商店街で構成されている。そして横須賀にはアメリカ軍の横須賀基地があり、いわゆる「基地の街」としての顔もある。そんな横須賀市汐…

LCCで気軽に沖縄滞在のススメ 〜旅のあとがき〜

沖縄滞在:2015.11.27〜30 4日間に渡った、ちょっと気軽に一杯沖縄の旅が終わった。ふざけたタイトルにも思える内容だが、これを可能にさせてくれたのは格安航空券のLCCの存在だ。現在沖縄と本土を結ぶ国内線のLCCは、スカイマーク、バニラエア、ジェットス…

アメリカを近くに感じられる場所が沖縄だった

沖縄滞在:2015.11.27〜30僕は幼少期に埼玉県に住んでいたことがあった。正月になると両親が運転する車に乗って、神奈川県にある親戚の家に行くことが恒例行事だった。その道中、昼食を摂るために必ず立ち寄った場所が、東京都福生市にある横田基地のドライ…

【那覇】千円で昼飲み!せんべろ酒場で賑わう公設市場と栄町市場とは!?

沖縄滞在:2015.11.27〜30 那覇の街の様子はここ数年で激変していた。通りを歩く人々は多くの中国人に加え、台湾人、韓国人の姿が目立ち、那覇のメインストリート、国際通りの店舗に「免税」の文字が目立つ。そして激変の様子は牧志第一公設市場周辺でも起こ…

昼顔、夜顔、桜坂!そして石畳のやちむん通りを歩く!!

沖縄滞在:2015.11.27〜30 賑やかな国際通りから一歩路地を入れば、ローカル色が強く静かな街に出会える。僕がよく滞在する牧志周辺も静かな街並が特徴的。そのなかでも特にお気に入りの場所が桜坂だ。桜坂はバー、スナック、キャバレーなどが多数あり沖縄屈…

【那覇】旅人の懐に優しい老舗の飲食店はコレだ!!

沖縄滞在:2015.11.27〜30今回は僕が那覇に滞在すると、どうしても食べてしまう懐に優しい飲食店を3店舗紹介したい。僕が紹介するからには美味しさにプラスして安いというのが条件になる。まさに旅人の懐に優しい沖縄の食事はコレだ!! スポンサーリンク /…

【小豆島】絶景の寒霞渓や虫送りは、映画「八日目の蝉」のロケ地! 〜小豆島上陸のんびり編〜

先日第88回選抜高校野球大会(2016年3月20日開幕、甲子園)の21世紀枠の各地区候補9校のうち、四国の公立・小豆島高校(香川)が選ばれたニュースを目にし、僕は3年前に訪れた小豆島を思い出した。そして「東京から小豆島への、ちょっと変わった行き方」…

コザ暴動から45年!基地の街ゲート通り!!ディープな夜のアメリカ人街とは? 〜沖縄で働く日本人とアメリカ人〜

沖縄では那覇に滞在したが、1日だけコザで過ごした夜があった。コザと聞いてピンとこない人もいるだろう。それもそのはずで、コザ市という名は今はなく沖縄市のことを指す。今から54年前、1956年米軍の市政施行により誕生したのがコザ市だった。その後1972…

選抜高校野球21世紀枠有力候補の香川県小豆島へのちょっと変わった行き方とは? 〜東京→神戸→小豆島編〜

昨日のスポーツ新聞各紙にこんな記事が踊った。それは第88回選抜高校野球大会(2016年3月20日開幕、甲子園)の21世紀枠の各地区候補9校のうち、四国の公立・小豆島高校(香川)が選ばれたニュースだ。小豆島の人口は約3万人。瀬戸大橋と淡路島の間の瀬戸…

那覇で沖縄そばを食べるなら農連市場の「田舎」と「丸安そば」で間違いない!?

沖縄滞在:2015.11.27〜30 僕は沖縄そばが好きだ。その味わいある優しいスープを口に含むと、「あぁ沖縄に来たんだな」と感じることができた。しかし、これを今まで東京で食べようとはあまり思わなかった。そこには料金と気軽さという問題があった。沖縄そば…