読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


ジェットスターの夏先取りの国内全路線セールで最安1,990円!1月27日まで開催中!!

格安航空券 | 飛行機 予約 | ジェットスター ジェットスター・ジャパンが、2017年夏期スケジュールの航空券を1月19日(木)より販売を開始し、セールを開催しました。その名も「夏先取りの国内全路線セール」です。そのセール運賃は最安で、なんと1,990円(片道…

ビエンチャンにいったい何があるというんですか?

旅をしている人を大まかに分けると、観光に勤しむタイプとのんびり過ごすタイプに分かれる。僕はどちらかと言うと後者のタイプだが、ちゃんと観光をすることだって珍しくはない。しかし、これがビエンチャンとなると、観光に勤しもうという気持ちの高揚は全…

ラオスとベトナムのコーヒーはなんで植民地支配を受けたフランスの同手法じゃないの?

僕の朝は必ずコーヒーで始まる。起床するとお湯を沸かし、ドリッパーで淹れるコーヒーをすする。これで目が覚めるというものだ。しかし旅先となるとそうはいかず、必然的にカフェへと足を運ぶことになる。今回はビエンチャンで入ったカフェの紹介と共に、ラ…

ラオスの絶品ヌードル!ビエンチャンの朝しか営業しないワンタン麺に納得

東南アジアを旅していると、どこの国でもチャイナタウンがあるような気がする。そんなチャイナタウンで中華料理を食べれば、味の当たり外れが少なく間違いないような気がしている。僕が今回訪れたラオスのビエンチャンには、取り立ててチャイナタウンのよう…

ビエンチャンの部屋が広いおすすめホテル「ハヨソケゲストハウス」でゆったり滞在

ビエンチャンでの宿泊は、多くのホテルが集まるナンプ広場から近い、ルーヘングバウン通りにある「ハヨソケゲストハウス(Haysoke Guest House) 」にした。数あるホテルの中からこのゲストハウスに決めたのは、日本語が話せるブンタさんというスタッフがいる…

【ラオス】ビエンチャンで外貨両替とラオ携帯「unitel」のプリペイドデータSIMの購入

他国へ入国したら外貨両替とSIMの購入に走る。入国したら一番最初にやることのような気がする。それが空路なら大抵は空港で事が済むが、僕は今回ラオスへの入国は陸路で入った。タイのノーンカーイからメコン川を渡ってビエンチャンのタラートサオに着くと、…

タイからラオスへ630km!タイ人に人気の国際夜行バスで陸路国境越え!!

2016年12月下旬、僕はタイのバンコクからラオスのビエンチャンまで約630kmの距離を、国際夜行バスを利用して陸路で国境越えをしました。島国日本に住んでいるせいか、陸路の国境越えは感慨深いものがあり、とてもワクワクする出来事で、国境越えに特化する旅…

タイ国営トランスポート社の国際長距離バスを日本でオンライン予約購入してみました

僕は今回ラオスのビエンチャンへ向かいましたが、その移動方法はタイ・バンコクからバスで行くことにしました。そのバスの多くは北バスターミナルのモーチット2から出ていますが、僕はタイ人に評判の良い国営バスのトランスポート社のバスに、なんとしても…

購入はノックエアーでも子会社のノックスクートで台北からバンコクへ!XW181便の搭乗と予約方法

2016年12月下旬、僕は台北/桃園空港からタイのバンコク/ドンムアン空港へ移動をしました。その際に利用したのがタイLCCのノックエアーでした。航空券の予約は渡航前に日本でインターネットにて予約&購入をしてから旅立ちました。今回はそんなノックエアーの…

台北桃園空港第1ターミナルにあるプラザプレミアムラウンジを利用してみました

桃園空港第1ターミナルに2016年春にオープンした「プラザプレミアムラウンジ」。オーダー式の出来たて料理や、ビールなどの飲料も飲み放題ということで、プライオリティパスを片手に早速利用してみました。

台湾の空港で並ばず入国できる常客証とオンライン入国カードの申請方法

台湾の空港における出入国審査を優先レーンを使用してほぼ並ばずに通過ができる「常客証」というのを知っていますか? 僕は今回成田空港から台北/桃園空港へ足を運んだ際、常客証を使って初めて優先レーンを体験しました。どの時間帯も混雑することの多い桃…

バニラエアの航空券予約で名前の入力ミス!その変更修正料に驚きました!!

2016年12月下旬、僕は台北へ向かう便でバニラエアを利用しましたが、初めて大きな間違いをしてしまいました。それは搭乗者名の入力ミスでした。つまり自分の名前を間違えてしまったのです。名前はローマ字で入力しますが、姓で1ヶ所、名で1ヶ所の計2ヶ所です…

旅とブログと2016

2016年、今年も世の中は様々な出来事がありましたが、皆さんはどんな一年を過ごしましたか。僕はアジアの旅と、その旅の記録『バックパッカーに憧れて(以下当ブログ)』で、旅行記並びに情報を発信し続けることが出来ました。これも読んでいただいた皆さん…

オレ流!茨城空港から行く神戸男の一人旅はコレだ!!

2016年12月、僕は茨城空港から兵庫県神戸市へ1泊2日の旅へ出かけました。初めて利用した茨城空港は、東京駅から500円で行くことができ、とても安価な旅をすることができました。そして、綺麗な神戸の港町を横目に、ディープな新開地の大衆酒場で一杯やって、…

日本最古泉の有馬温泉|おすすめ日帰りコースはコレだ!

2016年12月中旬、僕は初めて兵庫県神戸市にある「有馬温泉」へ足を運んだ。有馬温泉は日本三古湯のひとつで、愛媛県の道後温泉、和歌山県の白浜温泉、そして今回の有馬温泉が日本三古湯と言われている。そんな有馬温泉の湯は空気に触れると着色する含鉄塩化…

神戸新開地のカプセルホテル「Asahi カプセル&サウナ」は予約必須の人気店だった!

神戸での宿泊は新開地にある「Asahi カプセル&サウナ」というカプセルホテルを選んだ。カプセルホテルというと、どこか酔っ払って終電を逃したオヤジの寝床を想像していたが、泊まってみると案外快適なことが分かった。地下にある新開地駅のすぐ真上にある…

神戸新開地の大衆酒場でせんべろディープはしご酒

僕は東京に住んでいるから神戸というと、どこか横浜と紐付けるようなところがある。海からの風を感じながら港町を歩けば街のシンボルタワーと赤レンガの建物があり、高台を歩けば洋館が点在する。そして元町・中華街。僕が知っている横浜の街と神戸は共通点…

茨城と神戸を結ぶスカイマークに搭乗したら木内酒造とのコラボ企画や神戸スイーツの土産で楽しいフライトでした!

今回茨城空港と神戸空港を結ぶ空の旅は、スカイマークのSKY183便とSKY186便を利用した。スカイマークといえば、昔沖縄へ頻繁に行っていた頃よく利用していたが、最後に乗ったのは約4年前で、久しぶりのスカイマークの搭乗となった。そのスカイマーク機内に入…

僕が初めて利用して分かった茨城空港7つの魅力

2016年12月中旬、僕は初めて茨城空港を利用した。東京に住んでいる身にとって茨城空港と言われてもピンと来ない面があったが、利用してみると利用者にとって良い側面が色々あることが分かった。今回はそんな茨城空港の利用体験記をお届けしたい。

東京駅と茨城空港を結ぶワンコインバスの所要時間は1時間40分というのは本当か?

2016年12月中旬、僕はスカイマークを利用して兵庫県神戸市へ向かうため、初めて茨城空港を利用した。東京に住んでいる身にとって、羽田でもなく、成田でもなく、茨城空港かと、少し気が遠くなりそうになったが、それを覆す魅力がワンコイン、いわゆる500円で…

KLIA2のプラザプレミアムラウンジ「Wellness Spa」はプライオリティパスで快適に過ごす!

トランジット……。聞こえはいいが、その乗り継ぎに多くの時間を要すると、退屈な思いをすることは少なくない。その退屈な時間を今回ゆっくりと過ごすことができ、尚且つ食事もでき、シャワーまで浴びて過ごすことができた。それは「プライオリティパス」を利…

プミポン国王崩御|シャツの色を気にするタイ旅行の歴史

2016年10月13日の夜、テレビのチャンネルをNHKに合わせると、ちょうど19時のニュースが始まる頃だった。ネットで見たタイのプミポン国王(ラーマ9世)崩御の記事の詳細が知りたく、普段あまりつけることの無いテレビの電源を入れた。するとその日のトップニュ…

【バンコク】ラチャテウィーの青空レストランと軽トラ酒場でローカルはしご酒

僕のバンコク拠点の街「ラチャテウィー」には、安くて美味しいローカルな飲食店が多く揃っている。しかしタイ好きな旅人の間でも、なぜかラチャテウィーは認知度が低く、話題の共通点にはなりにくい。今回は少しでも知ってもらうためにも、ローカル飲食店の…

【バンコク】ラチャテウィーのカプセルドミトリー「MOVY LODGE」がお洒落すぎてたったの千円

近年バンコクのラチャテウィーはゲストハウスラッシュが続いている。そのゲストハウスの造りがどこもお洒落で見とれてしまうが、今回泊まった「MOVY LODGE(モウィーロッジ ホステル)」もその例外ではなかった。部屋は相部屋のドミトリーながら1泊の料金は千…

【バンコク】ラチャテウィー住宅街の「チェックインマイホステル」は蚊も入らない重厚な造りのゲストハウスだった!

2016年11月に訪れたバンコクでの宿泊は、ラチャテウィーのゲストハウスに宿泊をした。その名は「チェックインマイホステル」だ。元々住宅街のラチャテウィーだが、MBKやお洒落なファッションエリア、サイアムやエアポートリンクのパヤタイ駅から近く、今バン…

男のひとり旅!鳥のさえずりで始まり夕日で終わるサメット島での過ごし方

2016年11月、僕は本土から6.4km沖合のタイランド湾に浮かぶ島、「サメット島」に2泊3日滞在した。サメット島の滞在は2度目だったが、初めて拠点にしたサイケオビーチを中心とした様子を今回ご紹介したい。

サメット島の格安ホテル「ミスホンハウス」はビーチから近くて1人旅にもおすすめです!

サメット島でホテルを探すとき、少し迷うことがある。それは島内にあるどのビーチを拠点にするかということと、ホテルの質と料金のバランスだ。というのも、一応ビーチリゾートだけに、バンコクの安宿のような料金設定とはいかないからだ。高ければ高いほど…

あの寝台特急が馬喰町に蘇る!トレインホステル北斗星の寝台ドミトリーで列車の旅気分!!

寝台列車で旅をする。僕の細やかな夢だった。なぜなら僕は生まれてこの方寝台列車に乗ったことがなかった。だから北斗星もトワイライトエクスプレスも乗ったことがない。いずれと思って月日が経ち、昨年(2015年)「日本初の豪華寝台特急」といわれた北斗星が1…

バンペー港とサメット島のナダン港を結ぶピンクの船は片道50バーツです

サメット島の玄関口、バンペー港からは片道50バーツの船で島へ渡った。チケットは予め往復で購入できるため、支払いは100バーツ。ビーチリゾートへの交通費とは思えない有り難い料金である。

【バンコク】エカマイとサメット島の玄関口バンペー港を結ぶ移動方法は大型バスとロットゥーのどっちがいいの?

2016年11月上旬、僕はタイのサメット島へ訪れた。出発地はバンコク。移動手段はのエカマイの東バスターミナルからバスを選択した。しかし、バスの種類は大型バスと乗り合いのミニバス、いわゆるロットゥーの2択ある。それまで戦勝記念塔にあったタイ各地と結…

実録!エアアジアの羽田深夜便で行くクアラルンプール経由のバンコク行きはコレだ!! 〜裏技紹介付〜

11月上旬、僕はタイのバンコクへ向かった。利用した航空会社はエアアジアだ。そのエアアジアで東京からバンコクへ向かう便は、成田なら午前9時台と午後20時台の1日2便で、どちらも直行便となる。一方、羽田発は23時台の1便しかないが、経由地のクアラルンプ…

中年の男が1人でビーチへ行くことを日本は許してくれない空気がある

僕は海が好きだ。なのに、ここ数年海の水に浸かっていない気がする。日本の海の話しだ。僕は東京に住んでいるから、近郊の海といえば湘南だった。どこまでを湘南と呼ぶのか詳しくは分からないが、僕の場合、片瀬江ノ島、茅ヶ崎、稲村ヶ崎、鎌倉の海を指して…

熱海で観光をしないゆるりとした滞在のおすすめ

10月下旬、僕は熱海にいた。熱海を訪れたのは10年、いや15年振りかもしれない。記憶が正しければ、友人たちとランチの海鮮料理を堪能し、熱海城や秘宝館を巡ったあとに、日帰り入浴を楽しんだと思う。そしてその時見た熱海の印象は賑わいを失い、錆びれた温…

クラブの雰囲気が漂う熱海の「CAFE RoCA」は野菜たっぷりゆるベジカフェだった

歴史を感じる熱海銀座商店街のなかで、ここは渋谷か?はたまた恵比寿か?と思わせる佇まいのカフェがあった。店の名は「カフェ ロカ」。ブルーの外観が特徴的だった。僕は宿泊したゲストハウスで知り合った方と3人で訪れてみた。今回はそのカフェロカの訪問…

【熱海】ホテルの昼食付温泉と公衆浴場の日帰り入浴を入り比べてみました

熱海を訪れて温泉に入らない人はいるのだろうか。そのくらい温泉のイメージが強い熱海だが、昔あった安価な公衆浴場は今では激減し、数えるほどしか残っていない。となると、ホテルや旅館の日帰り入浴となるが、その料金は一般的には千円前後のイメージで、…

熱海の来宮神社で樹齢2千年以上の大クスからパワーとご利益を貰えたかな!?

アジアを旅していると神社・仏閣巡りの旅になる時間があるが、日本を旅していてもその時間は同じ時がある。そしてその時間が過ぎると、あぁやっぱり日本の神社・仏閣っていいなと、余韻に浸るものだった。今回僕は熱海を訪れたが、そんな神社が来宮にもあっ…

創業1929年!熱海「餃子の濱よし」で懐かしの中華そばとコクうま餃子でほっこり!!

熱海で食べてみたい中華そばと餃子があった。店の名は「餃子の濱よし」だ。インターネットで調べてみると、創業は1929年で日本では昭和4年と老舗中の老舗店が存在していることが分かった。これは食べてみたい。熱海の街に降り立ち、気がつけば店の扉を開けて…

【熱海】ギター片手に「男の料理 居酒屋 錦」で満面の笑みと涙がホロリ

熱海でどうしても行ってみたい居酒屋があった。店の名は「男の料理 居酒屋 錦」だ。ネットの口コミを見ると、こぞってマスターの人柄がよいという文字が液晶画面を踊る。店名の「男の……」から想像すると、厳格で目に見えない暗黙のルールが細かくあり、初め…

【静岡】熱海のドミトリーでちょっと旅気分!ゲストハウスマルヤはまた泊まりたくなる宿だった

熱海に泊まってみたいゲストハウスがあった。いや、正確に言えば泊まってみたいゲストハウスが熱海にあった。東京近郊で洒落たゲストハウスはないかと宿泊予約サイトを覗いていると、静岡県熱海市に求めていた通りのゲストハウスを見つけてしまった。名前は…

バニラエアは食事の持込みOK?台北から東京/成田へJW108便搭乗記'16

台湾からのフライトは、台北/桃園空港から東京/成田空港へ、バニラエアのJW108便を利用した。桃園の出発時間は17時30分。台湾最終日の半日を観光に使え、成田には電車やバスが動いている時間に到着するこの便のレポートをお送りしたい。

【台中】宮原眼科で購入した日出グループのパイナップルケーキを食べて幸せまん丸

台中といえば「宮原眼科」を思い出す人も少なくない。歴史ある赤レンガの建物で宮原武熊医師が宮原眼科を開院したのが1927年。その後宮原医師は日本へ帰国し、医院は国民党政府に管理され、「台中市衛生院」として再利用された。しかし後に閉鎖され、数十年…

【台中】綺麗なカプセルホテルタイプのドミトリー「キウイエクスプレスホテルタイチュンII」宿泊記'16

僕は台中で気になる宿があった。それは台鉄台中駅にほど近い「キウイエクスプレスホテルタイチュンII」だ。駅から近くて安いドミトリータイプのホテルといえば、「キウイエクスプレスホテルタイチュンII」と、何度か宿泊している「チャンスホテル」だと思っ…

【台湾】泥湯でデトックス効果!関子嶺大旅社で明治ノスタルジックな宿泊

台湾で泊まってみたい宿があった。それは古い旅館で、台湾で言うところの旅社だった。数年前、初めて台湾へ渡航するとなったとき、てっきり旅社に泊まるもんだと思いこんでいた。しかしインターネットで調べてみると、お洒落で綺麗なゲストハウスが数多く点…

【台中】東南アジアの風を感じる美食街で豆花・バインミー・インドネシア料理・肉燥飯で食い倒れ

台湾の中部、台中には東南アジア人が集まる「美食街」なるものがある。通りを歩けば台湾なのにその人種の多さから、どこか東南アジアにいる感覚で散策ができる。そして多くの飲食店は東南アジアの食事処が立ち並び、異国にいながら更なる異国の雰囲気を味わ…

【台湾】amazonで台湾大哥大のSIM購入を済ませ、ZenFone2 Laserで設定してみたよ!

台湾・桃園空港に着いたら、SIMの購入に走る人は少なくないでしょう。僕もそのうちの1人です。しかし日本を夜遅くに発った便となると台湾着は深夜になり、24時で閉まる通信会社のカウンターを見ては、がっかりと肩を落とすしかなかったのです。僕は今回も深…

【台北】桃園空港と台中を結ぶバスの國光客運と統聯客運を利用したレポート

2016年10月、僕は台北桃園空港と台中の往復にバスを利用した。新幹線よりも安価で目的地の目の前で降車できるバスの方が魅力的だった。今回はそんなバスの乗車記録と感想を伝えたい。 桃園空港第1ターミナルから台中へ 國光客運に乗車してみました 台中から…

東京/成田から深夜便で台北へ!バニラエアJW107便搭乗記'16

10月の上旬、僕は東京・成田から台湾の台北へ向かった。利用した航空会社はLCCのバニラエアだ。この航空会社で香港へ向かったのは先月(9月)のことだが、台湾へ向かうのは初めてのような気がする。一体どんな空の旅を味わえるのだろうか。成田を22時に発つ夜…

香港経由のミャンマー10日間の旅にかかった主な費用を振り返る

9月下旬に渡航した初めてのミャンマー旅は10日間。そのうちアタマとオシリの2日間は、経由地の香港 に1泊ずつしたので、実質8日間のミャンマー滞在だったが、空路で日本からの直行となると運賃はとても高く、どこかを経由するルートになる。そこで多くの旅人…

香港から深夜便で東京/羽田へ!香港エクスプレスUO624便の搭乗と感想'16

香港から東京への便は、香港エクスプレスを利用した。東京へは成田と羽田の2パターン選べるが、深夜便で帰国したかったのと、渡航日に成田より若干安かったため、羽田を選択した。

旅の9日目はヤンゴンから香港へ!九龍公園・佐敦・旺角街歩き

9月26日:旅の9日目はヤンゴンから香港へ 旅の9日目は1週間滞在したミャンマーを離れ、香港へ移動する。楽しかったミャンマー滞在のうえ、せっかくビザを取得したならば、期限ギリギリまでいたいものだが、終わりのあるフラッシュパッカー。僕は所詮バックパ…