バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


トゥクトゥクに乗ってカオサン通りへ

2013.09.19(初日)
Phaya Thai駅を降りると目に入る景色は新鮮そのものだった。カラフルなボディの車両の列。数々の飲食店は店先の歩道で販売し、その横を行きかう仕事や学校帰りと思われるタイ人。彼らは生活している。僕は旅人だが身軽な格好が会社帰りのような気分になり、まるで生活している気がして心地よい。

 

15分くらい歩くとRatcathewi駅に着いた。Ratcathewiは僕の友人が住んでいる街だ。その友人と会うのがタイに来た目的のひとつでもある。友人が住んでいる街の駅に偶然出会ったのだ。喜びは格別だ。

スポンサーリンク
 

 

友人とは明日会う約束をしている。今日の目的地はカオサン通りだ。移動手段はトゥクトゥク。日本を旅立つ前に描いていたことがある。飛行場を出て電車に乗り、どこかの街でトゥクトゥクを拾いカオサン通りに乗り付ける。僕の物語を実現しなければ。


目の前に一台のトゥクトゥクが止まり早速料金交渉が始まった。運転手の提示額は150B。僕は思いきって50Bを提示したが、運転手は冗談だろ?みたいな表情だ。すると130Bを提示。僕は100Bを提示。交渉を続けた結果120Bで成立した。いや、成立というより完璧に僕が負けている。

f:id:TommyBackpacker:20140606202638j:plain


走りだしたトゥクトゥクは、けたたましい音をあげカオサン通りへ向けて快調に進んでいると思われる。屋根は付いているものの、開放感のある車内で物語に酔いしれる自分がいた。後日Ratcathewi駅とカオサン通りの区間をタクシーで移動したのだが、なんと60Bで行けたのだ。最初の50B提示はあながち間違っていなかったようだ。僕の交渉術の無さというか粘り弱さの代償は、自分への演出代として気持よく支払ったと納得した。

 トゥクトゥク料金:ラチャテウィー→カオサン通り 120B 

つづく

トゥクトゥク祭

トゥクトゥク祭

  • Oncenth Trio & さがゆき
  • ジャズ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

  

スポンサーリンク