読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


マレーシアの湿気と熱気でやられたから、積み荷のない船でさらにやられてみた!!

旅と音楽 マレーシア

2014.05.03(5日目)

僕の乗ったエアアジアD7 377便は、約4時間40分後にマレーシアはクアラルンプールに着いた。日付は翌3日に変わっていた。飛行機のタラップを降り地上を歩き、空港内に入る。そしてすぐ左の部屋に入ればホーチミン行きに乗り換え手続きだ。
 
f:id:TommyBackpacker:20141113132145j:plain
 
しかし、何も分からない僕は皆と同じく目の前の階段を上がり入国審査を受け、空港の外に出てしまったのだ。入国カードの有無も分からず、ドキドキしてしまった。マレーシアでは出入国カードはいらない。機械で指紋の読み取りをする。これらすべての事は後日分かったことだ。僕はマレーシアの事は何も分からない。単なる乗り換えと思っていたのだ。まるで総武線から山手線に乗り換える新宿駅のように。

スポンサーリンク
 
 

f:id:TommyBackpacker:20141113132045j:plain
 
空港の外に出ると物凄い湿気と熱気を感じた。そして甘ったるい匂い。「これがマレーシアなのか?」さらに夜中だというのに人の数も凄く、色んな人種がいる。睡眠不足も相まって訳のわからない感覚になり、面白くなってきた。この時の感覚は一生忘れることの出来ない感覚となるだろう。まずは気を落ち着かせるために一服から始めた。
 

f:id:TommyBackpacker:20151114204048j:plain


耳にイヤフォンを付け曲を聴く。井上陽水の「積み荷のない船」だ。この曲は沢木耕太郎氏の作品「深夜特急」を映像化したときの主題歌だ。旅のクライマックスや主人公が悶々とした気持ちの時に挿入される曲。今の僕の気持ちは当然旅のクライマックスではないので、後者よりな気持ちだ。寝不足な夜中の移動。そして湿気と熱気と多人種に気持ちが負けそうになっていた。喉が渇き、腹も減るが、マレーシアリンギットもUSドルもない。そこにきて井上陽水の曲が追い討ちをかける。僕はときに自己演出に気持ちが入りすぎることがある。よく考えれば金なら日本円を少額両替するか、クレジットカードを使えば良いだけだ。それを気づいたのは後日だった。慣れない海外一人旅は始まったばかりだ。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20141113201536j:plain
◇気持ちを切り替え再びマレーシア出国だ。難なくイミグレーションを通過し、搭乗ゲートへと足を運んだ。ベトナムへの乗り継ぎチケットは台湾で発行されている

 

f:id:TommyBackpacker:20141113201851j:plain◇液晶画面には7時05分発、ベトナム・ホーチミン行きの文字が見える。体力に自信の無い人は夜中〜朝の移動は辞めた方がよいだろう

 

f:id:TommyBackpacker:20141113202817j:plain
◇朝の6時台の風景とは思えぬほどの混雑ぶり。ここはマレーシア。イスラム女子が多く見られる

 

マレーシア32

マレーシア32

  • サカナクション
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク