読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


エアアジアAK510便でクアラルンプールからホーチミンへ!機内音楽はアヴィーチーがお出迎え!!

旅と音楽 マレーシア ベトナム 飛行機

f:id:TommyBackpacker:20141113204730j:plain

2014.05.03(5日目)
いざ搭乗。チケットの半券を切られ建物の外に出ようとした時、スタッフに止められた。「今はハノイ行き。ホーチミンは次だよ」ハノイ行きとホーチミン行きはゲートが同じで時間が書いていない。スタッフが大声で喋り沢山の客が並び始めたので、僕も並んでしまったのだ。ハノイ行きの行列がなくなると、ようやくホーチミン行きの搭乗が始まった。チケットの半券を切り建物の外にでる。台湾と違いバーコードや機械のゲートなど無く、とても簡素だ。そしてここマレーシアではほとんどの人が印刷済みのboardingpassで入場している。

スポンサーリンク
 

 


f:id:TommyBackpacker:20141113204822j:plain


長くて薄暗い通路を進んでいくと、偶然ホーチミン行きに出会った。通路に案内などは無く、本当に偶然だった。非常に分かりにくい搭乗ゲートだ。壁には小さく便名と行き先が書いてある。見落しに注意だ。表示はSAIGON(サイゴン)となっている。ホーチミンの旧名で今も使われている。これを知らないと行き先を探し回ることになるので注意だ。「日本でいう東京が江戸のようなものか?」しばらく並んでいると、ようやく飛行機に乗ってよい指示が出た。タラップを昇るのもなかなか良いものだ。

スポンサーリンク
 

 

f:id:TommyBackpacker:20141113204901j:plain◇ホーチミン行きのエアアジアは少し小さめの機体「AK520便」


f:id:TommyBackpacker:20141113205001j:plain


「超ーーー寒い!」

飛行機の中に入るとまるでスモークをたいているのかと勘違いするほどの白い冷気が出ていた。冷凍庫より寒く感じる。そして何より機内に音楽がガンガン流れているではないか。こんなイケイケな飛行機は初めてだ。曲はAviciiの「Hey Brother」だ。僕は台湾を出る時にColdplayとAviciiのコラボ曲を聞いていた。そしてマレーシアを出る時にまたしてもAviciiに出会った。もう今回の旅のテーマ曲は「Hey Brother」で決まりだ。とても徹夜の移動とは思えぬほど眠気は吹っ飛び、燦々と太陽が照りつけるベトナムを眼下に「気分は上々」となっていた。

Hey Brother

Hey Brother

  • アヴィーチー
  • Dance
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク