バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【ホーチミン】152番のバスでタンソンニャット空港からベンタイン市場まで移動!!

2014.05.03(5日目)
クアラルンプールを朝の7時に出発したエアアジアAK520便は、約2時間後にホーチミンのタンソンニャット空港に着いた。空港の外に出ると思っていたより閑散としていて、ベトナム・ホーチミンの日常はこれから始まろうとしている感じだ。

f:id:TommyBackpacker:20151114210304j:plain


ネットでベトナム旅行記を読んでいると、「空港を出るとタクシーの運転手が沢山声を掛けてきてくる」「料金をふっかけてくる」などの文章を読んでいたのでどんな奴らが声を掛けてくるのか期待をしていたのだが、僕に声を掛けてきたのはたった一人だけ。しかもおとなしそうな人で、やんわり断るとすぐに何処かへ行ってしまった。ベトナムの洗礼を受けようと密かに期待をしていたのだが、肩すかしを喰らった格好だ。

スポンサーリンク
 



f:id:TommyBackpacker:20151114210535j:plain◇安宿街の近くまで行く「べンタイン市場」へのバス乗場は空港を出たら正面右手の152番。 バス料金:5000ドン(約25円)

すでに152番のバスは停車している。先払いのはずの料金を支払おうと思っていたのだが、運転手が「とりあえず席に座って」みたいな事を言っている。乗車する時に5人の白人グループと一緒になった。「まとめて払うのか?僕の分まで?」
どう見ても一緒には見えないとは思うのだが。

f:id:TommyBackpacker:20141120234339j:plain
◇べンタイン市場前のバスターミナル。簡素な作りだが、思ったより綺麗だ


バスは約30分後にべンタイン市場前に着いた。車窓から見る景色はそれは刺激的だった。去年見たタイとは比較にならない数のバイク。けたたましいクラクション。しかし、スピードはゆっくりと。台湾からベトナムへ。「東南アジアに来たんだな」と、これだけで実感できた。僕はタイの幻想を求めていたのだ。台湾では得られなかった高揚感を車中で得たのだ。僕は東南アジアが肌に合うのだろうか。

スポンサーリンク
 

f:id:TommyBackpacker:20141120234506j:plain
◇背景には高層ビル。ホーチミンは栄えていることをこの旅で知る



f:id:TommyBackpacker:20141120234611j:plain
◇風景が台湾とは一変。国が違えば配色も違う

べンタイン市場前でバスを降りた僕は安宿街のあるデタム通りへ歩いた。実はバスを降りる時、お金の払い方がよく分からずそのまま降りてしまった。いわゆる無銭乗車だ。後日分かった事だが、運賃は先払いで間違いないと思う。

f:id:TommyBackpacker:20141120234703j:plain

グエンタイホック通りとファングーラオ通りの交差点に差し掛かると、バインミーのお店が見えた。バインミーとは長さ20cm程のバケットにパテを塗り、野菜、肉、魚醤を挟んだ食べ物だ。これはフランス植民地支配を受けた影響の食べ物で、庶民のファストフードと言っていいだろう。

f:id:TommyBackpacker:20141120234800j:plain

深夜の移動で何も口にしていなかった僕は迷わず購入することに。口にした瞬間魚醤の香りが広がり、胡瓜をはじめとする野菜とバケットの食感、そして玉子の風味が一度に迫ってくる感じだ。感想は「うまい!」の一言。僕には多少サイズが大きいが、空腹を差し引いてもペロリと平らげてしまった。

バインミー:15000ドン

f:id:TommyBackpacker:20151114210802j:plain


僕はバインミー屋の向かいの公園で食していた。すると幾人もの靴磨き屋が寄ってきた。僕はここからベトナムの洗礼を受けることになったのだ。とても楽しみな一日が始まりそうな予感がした。 
地球の歩き方 D21 ベトナム 2015-2016

地球の歩き方 D21 ベトナム 2015-2016

 

 

スポンサーリンク