バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


バンコク発のエアアジアAK881便が遅延!日本に帰れなくなりマレーシアで1泊するハメになった!!

2014.05.10(12日目)

ドンムアン空港へ

f:id:TommyBackpacker:20141221194217j:plain

07時40分
朝日が眩しいタイ最終日。4月29日から始まったアジア周遊も終わりだ。最後の数日は友人S君宅にお世話になった。そのS君が住んでいるラチャテウィー駅前からタクシーに乗ってドンムアン空港へ向かった。インラック首相失脚によるデモ行進で渋滞も予想したが、朝早かったのが功を奏したのかスムーズに空港へ着いた。

・タクシー料金:ラチャテウィー駅→ドンムアン空港 157B(約25分)

 

 

スポンサーリンク
 

 

遅れるAK881便

f:id:TommyBackpacker:20141221194956j:plain

10時00分
僕が搭乗する便は10時発のエアアジア、クアラルンプール行きだ。そこで同じくエアアジアの14時30分発羽田行きに乗り換える。しかし飛行機の到着が遅れている。乗り換えには間に合うのだろうか。結局離陸したのは10時40分だった。それからエアアジアの印刷ボーディングパス問題。ここドンムアン空港ではそのままで搭乗できた。国や飛行場にかかわらず統一してほしいものだ。
 

f:id:TommyBackpacker:20141221195759j:plain

乗れなかった東京行き

13時30分
クアラルンプールに着いたのは13時だった。それから飛行機を降り広い空港内を歩き乗り換えの場所まで来た時には13時30分。出発まではあと1時間ある。しかし通路にいるスタッフは乗り換えの受付を締めきったと話すではないか。

「なんてことだ。冗談じゃない」

ともかくエアアジアのカウンターへ向かうと、あっちへ行ってくれ、こっちへ行ってくれと、3〜4つのカウンターをたらい回しにされ、広い空港内を行ったり来たりと、心身共に疲れて果ててしまった。

結局航空券は明日11日の14時30分発羽田行きに無料で振替えられた。明日は日本で1日ゆっくりしてから仕事に向かおうと思っていたが、遅延で帰れないための保険の日となるとは想像していなかった。まさかのアジア周遊延長戦。マレーシア編が始まった。

 

スポンサーリンク
 

オープンしたばかりのターミナル 

f:id:TommyBackpacker:20141221201146j:plain

15時00分
クアラルンプールは台湾からベトナムへの乗り換えで経験しているのだが、なんか様子がおかしい。雰囲気が違うのだ。あのときは夜中で今回は昼間。いや、そういうことではない。初めて来た感覚だった。あの時はクアラルンプールではなかったのか。どこの国だったんだ?。疲れたせいで頭がおかしくなったと思ったら、そうではなかった。今いるターミナルは、5月2日にオープンしたばかりのLCC専用ターミナルだったのだ。しかもエアアジアは前日の9日に移転したばかり。そんな新ターミナルを見ることができたのは、東京への便に乗れなかったおかげでもある。ただその反面、これからどうすればいいのか分からない不安も芽生えた。マレーシア・クアラルンプールのことは何も分からない。

 

f:id:TommyBackpacker:20141221202537j:plain

空港エリア内には「ASK ME」の看板を持ったお助けマンがたくさんいた。僕はそのお助けマンに、この近くで安いホテルを聞いた。すると前日にオープンしたばかりのエアアジア系列ホテルの「Tune Hotels」があるというので向かってみることにした。

Tune HotelsとKLIAエクスプレス

f:id:TommyBackpacker:20141221203609j:plain

しかしホテルは満室。空港近くでの宿泊は諦めた。これからどこに行ったらいいのだろうか。スマホで調べようとするも、こういう時に限って空港内のFreeWi-Fiが繋がらない。あてもなくフラフラと歩いていると頭上に「KLIAエクスプレス(電車)」という看板が見えた。電車だ。駅のカウンターに行き、この路線で一番大きな街を駅員に訪ねた。すると終点の「KLセントラル駅」と話す。とりあえずKLセントラル駅へ向かってみよう。マレーシアリンギットを持っていないため、切符の支払いはクレジットカードで済ました。

・料金:KLIA→KLセントラル RM35(約30分)

f:id:TommyBackpacker:20141221205059j:plain


考えてみれば空港近くのホテルに缶詰なんてつまらない。縁があってのマレーシアだ。せっかく1泊するなら街に出た方が旅じゃないか。想像もできないKLセントラル駅を目指すと、気分が高揚してきたのであった。

 

 

D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2016~2017 (地球の歩き方 D 19)

D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2016~2017 (地球の歩き方 D 19)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/11/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク