読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


KLIA2からバスでKLセントラルへ!そしてチャイナタウンへ移動した!!

マレーシア
2014.11.21(初日)

「甘い香りが心地よい」
マレーシアに着いた空気の印象だ。南国マレーシアの独特な香りが僕は好きだ。日本から着てきたインナーのヒートテックを脱ぐと、カサカサな肌は数時間後に消えた。やはり南が肌にあうのか。
 
スポンサーリンク
 
 
空港に着いたらまずは両替。マレーシアの通貨はRM(マレーシアリンギット)RM1は日本円で約33円。

f:id:TommyBackpacker:20150114144543j:plain
◇空港内にあるバスチケットカウンター

KLIA2からはKLセントラルまでの移動はバスだ。バス乗り場は一階。出国したらひたすら真っ直ぐ歩けば良い。バス会社は僕が調べたところ、

①SkyBus
②AeroBus

の2社で料金は共にRM10とのこと。SkyBusのカウンターが真っ先に見えたので僕は乗車を決意。片道の乗車券でいいので「one way」で通じる。
 
f:id:TommyBackpacker:20150114144546j:plain
◇KLIA2→KLセントラル RM10 (約325円)

乗車時間は1時間15分らしいが、夕方の渋滞にはまり17時出発で到着が19時25分と2時間25分もかかってしまった。時間に余裕の無い人は鉄道「KLIAエクスプレス」が良いだろう。KLIA2駅とKLセントラル駅間を33分で結び、料金はバスの3.5倍RM35だ。
 
f:id:TommyBackpacker:20150114144549j:plain

バスはKLセントラル駅に着いた。というより皆降りたので「着いた」と認識したのだ。てっきり駅前に着くものと思っていたが、どうやらKLセントラル駅の下に着いたのを、バスを降りた目の前の階段を上がったことで気付いた。
 
f:id:TommyBackpacker:20150114144553j:plain
 
スポンサーリンク
 


今夜の目的地は「チャイナタウン」だ。KLセントラル駅からクラナジャヤ線に乗りパサールセニ駅で降りればチャイナタウンはすぐ近くだ。そこで今夜の宿探しをまずは始めることとなる。

f:id:TommyBackpacker:20150114193309j:plain
◇チャイナタウン

パサールセニ駅を降りチェンロック通りを右に行けばチャイナタウンだ。提灯の演出が中華街といった雰囲気を出している。バンコクのカオサン通りやホーチミンのデタム通りと違い落ち着いた通りだ。この「マレー半島を北上せよ!」の旅では会う人々にほとんど中国人に間違われたのだが、ここの露店の商売人には通りを歩いているだけで日本語でからかわれた。やはり商売人の目は鋭い。

時間は20時を回っている。早く宿を決めたいところだ。しかし日本でリサーチした目当ての宿が見つからない。そこでブロガーの宿情報で「汚目の人が多い」というSultan通りにある「Red Dragon Hostel」に向かってみることにした。

f:id:TommyBackpacker:20150114195100j:plain
◇右手に見えるのが「Red Dragon Hostel」すでに外観が年季の入ったビル。違う意味で期待ができそうだ

f:id:TommyBackpacker:20160204131633j:plain
◇チャイナタウンの位置関係

D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2016~2017 (地球の歩き方 D 19)

D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2016~2017 (地球の歩き方 D 19)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/11/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

  

スポンサーリンク