読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


「極度乾燥しなさい」って言われてどうすればいいの?

マレーシア

f:id:TommyBackpacker:20150125174455j:plain
2014.11.22(2日目)
美しいペトロナスツインタワーを存分に楽しんだあとは、アンパン通り沿いにあるショッピングモール「AVENUE K」に行ってみた。一階のロビーでは約一ヶ月後のクリスマスに向けて綺麗なセットが組まれていた。どうやら自動車の販売企画みたいだ。
「AVENUE K」以外にも季節柄街のいたる所でクリスマスの飾り付けが見られる。今までの人生、日本の冬しか知らなかった僕にはTシャツ短パンで過ごすクリスマスの風景がとても新鮮だった。

スポンサーリンク
 

 


f:id:TommyBackpacker:20150125182614j:plain
◇こちらはブキッビンタン通りの「パビリオン クアラルンプール」のクリスマスイルミネーション

 

f:id:TommyBackpacker:20150125175925j:plain

僕が行ったタイでも日本企業のショップ進出が激しいと感じたが、ここマレーシアでも数多くの日本企業のショップが見られた。少しだけ覗いて見たが日本と変わらぬ商品が並んでおり、日本人には安心して買い物ができるが、僕みたいな旅行者にはつまらなく感じた。もっともマレーシア、特にクアラルンプールには数多くの日本人が住んでいるみたいなので、生活には便利なのだろう。


そして日本企業では無いがスウェーデンのアパレルメーカー「H&M」。ファストファッションの先駆けと言ってもよいショップだが、街のどこに行ってもある印象だ。赤が際立った大きなネオンのロゴが目にドカーンと入ってくるので、特に印象に残るのか。

 

f:id:TommyBackpacker:20150125180132j:plain
◇ブキッビンタン駅前の「Lot10ショッピングセンター」にあるH&M

f:id:TommyBackpacker:20150125180159j:plain

僕はファストファッションも好きなのでたまにH&Mに足を運ぶ。もっとも日本の東京のH&Mだが。一応クアラルンプールでも少し覗いてみようと入店してみた。季節柄冬のコート、セーター、ニット、マフラーから手袋までレイアウトされており価格も含めて日本と変わらなかった。

スポンサーリンク
 



ひと通り見た僕は気づいたことがあった。それは「一年中暑いマレーシアでこれらの商品を買う人がいるの?」ということだ。冬が寒いという観念は冬に寒い土地に住んでいる人の観念だ。夏が寒い国もあれば、一年中暑い国、はたまた一年中寒い(涼しい)国もあるはずだ。

冬が寒い国に住んでいる旅行者やビジネスマンが購入するなら分かる。また、寒い国に旅行やビジネスで訪れるマレー人が購入するのも分かる。
しかし現地に住んでいる人々のための夏服が非常に少ないのである。と、ここまで書いて「夏服」という表現も僕の観念だということに気づき、よく分からなくなってしまったが、今度マレーシアやタイなど一年中暑い国のH&Mで直接聞いてみようと思う。

そして気になった看板が下の画像だ。

f:id:TommyBackpacker:20150125175638j:plain
ショッピングモール「AVENUE K」内にあった「極度乾燥(しなさい)」の看板

極度乾燥(しなさい)
「なんじゃこりゃ?」Superdryを直訳すると極度乾燥になるのか。すると日本で飲んでいるビール「スーパードライ」は極度乾燥を飲んでいることになるではないか。そして、「しなさい」と少々命令形なところがあつかましい。気になって調べてみると、なんとイギリスのファッションブランドではないか。なんでもイギリス人の発案者が日本へ訪れたときに、アサヒスーパードライにインスパイアを受けて名付けたそうだ。

僕は思った。
「ビールを想像した僕とイギリス人の発案者は近いインスパイアを受けたか!?」

 

さて、どんな商品があるのかというと、、、
ホームページのリンクを貼らせてもらったので、ぜひ見ていただきたい。
http://www.superdry.com

なんだか、あのベッカムやハリーポッターのダニエル君も着ているらしいが、
「僕は着ません買いません。」

どうも外国人は漢字そのものの意味はどうでもよくて、デザインとして見ているのだろう。そういえば襟足の首部分や腕に漢字のタトゥーを入れている外国人を見たことがある。例えば「米」と一文字入れている人を見たが、漫画・キン肉マンの「テリーマンか!?」とツッコミたくなったが、テリーマンはアメリカ人なのでその人がアメリカ人ならあながち間違っていないなと、心のなかで笑ったことがあった。

どうせデザイン感覚なら少しは意味も取り入れたらいいのではないか。
そこで僕は考えた。

 

■好機到来
意味もバランスも完璧だと思うんだが。

■無我夢中
夢(ドリーム)という漢字も入ってバランスも良い感じ。しかし、直訳するとおそらく「エクスタシー」どう捉えるかによってはなんだか微妙。

■現状打破
打破の文字がカッコ良い!とインスパイアを受けないか? なんだか栄養ドリンクみたい。

 

すべて四文字熟語になってしまったが、当然「極度乾燥」などという四文字熟語は無い。
待てよ。「今の僕にピッタリの四文字熟語があった!」

 

それは、、、
■諸国漫遊(しょこくまんゆう)
意味:色々な国を気の向くままに訪ね周ったり旅行するなどの意味の表現

ピッタリなのは気分だけで、実際は気の向くままに訪ね周ることができない、リーマンパッカーな僕だった。

乾燥 (甘露版)

乾燥 (甘露版)

  • 林一峰
  • 広東ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク