読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


オイスターヌードルは絶品!ペナン島で食べたおすすめ料理はコレだ!!

マレーシア アジアの食事

2014.11.25〜数日(5〜7日目)
ジョージタウン滞在で通ったフードコートは「ニューワールドパーク フードコート」だ。ペナン島にはフードコートで最大規模の「ガーニードライブ」があるが、遠くて足を運ばなかった。ここ「ニューワールドパーク フードコート」は僕が宿泊しているペナン通り近辺から近く、同楽旅社の目の前にある。

 
同楽旅社の記事はこちら!!

 

スポンサーリンク
 

 



f:id:TommyBackpacker:20150211132000j:plain
「ニューワールドパーク フードコート」外観

f:id:TommyBackpacker:20150211124704j:plain

中に入るとなんてことはないフードコートだ。好きな店舗で注文をして、好きな席に座っていれば注文をした商品を運んできてくれる仕組みだ。

f:id:TommyBackpacker:20150211131917j:plain

特に気に入ったのがこちらの店舗。ヌードルメインの店舗だ。


オイスターヌードル

f:id:TommyBackpacker:20150211132048j:plain

「コレ、強烈に美味いです」
麺は中太で柔らかめ。オイスターのエキスたっぷり汁が麺とよく絡まり口の中でオイスター風味が濃厚に広がる。麺の上にかかった揚げた小エビの香りもまた良く、口の中が海そのもの。付け合せの辛いタレも抜群だった。

オイスターヌードル スモールサイズ:RM6.00

 

 

福建炒(ホッケンチャー)

f:id:TommyBackpacker:20150211132124j:plain

同じ店舗で食べた別メニュー「福建炒」
ガイドブックなどで見るのは「福建麺」だが、おそらく一緒だと思われる。クアラルンプールでは焼きそばで、ペナン島では海老の汁そばとして供される。見た目は日本のソース焼きそばそのものだが、おそらくオイスターソースと中国醤油を使用しているのではないかと思う。

福建炒 スモールサイズ:RM5.50




僕が宿泊したペナン通りとチュリア通りの近くには「レッドガーデン」というフードコートもあったが、コート内にあるステージで下手くそな生歌唱を大音量で聞かせられるので敬遠してしまった。

f:id:TommyBackpacker:20150211132312j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150211132323j:plain
◇レッドガーデンの内観。奥にステージが見える

スポンサーリンク
 

 

海老を載せたインドカレー

f:id:TommyBackpacker:20150211132817j:plain

マレーシアでの食事はインド料理に大ハマリ。ペナン通りとチュリア通りが調度交わる場所にインド料理「LINE CLEAR」がある。

f:id:TommyBackpacker:20150211132900j:plain

大抵のインド料理店はバケットに入った料理の中から自分の食べたい料理を選ぶスタイルだ。

f:id:TommyBackpacker:20150211132910j:plain

僕は海老が大好きだ。どこに行っても美味しいマレーのインドカレーに大きな海老を載せれば幸せだ。付け合わせに大きなオクラを二本載せてみたが、このオクラも「美味い!」のひとこと。どうやら大きな海老を載せると料金は高くなる模様。

インドカレー 海老+オクラ+野菜:RM17.80


マレー名物ナシゴレン

f:id:TommyBackpacker:20150211132958j:plain

レッドガーデン駐車場側、ペナン通り沿いにあるレストランでマレー名物ナシゴレンを食べた。

f:id:TommyBackpacker:20150211133104j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150211133117j:plain

ナシゴレンはマレー版チャーハンといったところで、サテーや野菜などさまざまな具が一緒に盛り付けられることが多いと聞いていたが、出てきたのは玉ねぎとピーマンの入ったなんてことはないケチャップのような味のチャーハンだった。料金は安い。

ナシゴレン:RM3.50

 

 ここペナン島に限らず、マレーでの食事はインド料理は別格。殿堂入りだ。他にまたぜひ食べたい食事はオイスターヌードルだ。あの味は忘れられない。他にも食べていないマレー系、中国系、インド系の食事は山ほどあるが、一人旅の欠点は多くの種類を食べられないことだ。さらに僕は一度の食事は小食なので余計に食べれない。その点は残念なところだった。

 

Oyster (私は牡蠣になりたい)

Oyster (私は牡蠣になりたい)

  • 電気グルーヴ
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク