読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


年末年始のラオス旅行記はじめます! 〜東京⇄ソウル⇄ヴィエンチャンのルート〜


PhoTones Works #1801 / PhoTones_TAKUMA

マレーシア行きの航空券を購入して間も無い残暑が厳しい8月下旬。ふとカレンダーを見ていたら、年末年始の暦が例年と違うことに気づいた。

 
2014年12月27日の土曜日から2015年1月4日の日曜日まで最大で9連休とのこと。そして僕の休みは8連休あることに気づいてしまった。これは「旅に行ってこい!」と言っているようなもの。なんという巡り合わせの良いことなのだろう。

スポンサーリンク
 
 
では、どこに行くか? 
行きたいところは数え切れないほどあるのだが、駆け足な旅や、陸路で長距離を移動をする旅はマレーシアでやるので辞めようと思った。年末年始はのんびりしたいなと。そこで、前から気になっていたラオスに決めた。ラオスは世界遺産の街「ルアンパバーン」が有名だ。ラオス北部のルアンパバーンは旧王宮や寺院など数多くの歴史的建造物が残されており、古都としての落ち着いた雰囲気を漂わせた街らしい。そして1995年に世界遺産登録された街なのだ。しかし、首都ヴィエンチャンから入り陸路で向かうと途中の街「バンビエン」も寄りたい。バンビエンはナムソン川と緑豊かな山々に囲まれた静かな佇まいを持つ街で、欧米人バックパッカーの溜まり場なイメージ。

そこで考えた!
古都ルアンパバーンを訪れるなら5〜7日間は滞在したい。今回はルアンパバーンを諦めて、緑豊かな街バンビエンでゆっくり過ごそうと。それから首都ヴィエンチャンでは、メコン川に沈む夕陽を見ようと。実はメコン川に沈む夕陽を見るならラオスで!と決めていたのでこれは楽しみだ。


_DSC3725.jpg / snotch

 

旅慣れた方ならご存知だと思うが、日本とラオスを結ぶ直行便は無い。どこかを経由しなければならないのだが、おそらくタイ経由やベトナム経由が一番メジャーな行き方なんだろう。しかし、どうせなら行ったことがない所を予算内で経由したいなと。
 
ネットで調べに調べまくっていると、韓国とラオスの間に直行便があるではないか!
その航空会社は「ジンエアー Jin Air」http://www.jinair.com/Language/JPN/


仁川国際空港 / yisris
 
「ん?聞いたことないぞ。大丈夫か!?」と思ってさらに調べてみると、2007年に大韓航空が設立したLCCとのこと。そしてソウル⇄ヴィエンチャン線は2012年3月に就航を開始している。気になる料金は韓国・ソウル⇄ラオス・ヴィエンチャン 往復:545$(約65,000円) 安い!しかも年末年始!
 
ところで、このジンエアー。東の人には馴染みがないと思うが、西の人には認知度があるみたいだ。というのも、大阪、沖縄、長崎、福岡とソウル間を就航しており、北は札幌とソウル間を就航している。そして、ソウルからは、ヴィエンチャンをはじめ、バンコク、香港、マカオ、コタキナバル、グアムなどに行ける。今回のラオス旅行で知ったジンエアー。これから活用させてもらう機会が増えそうだ。
 
スポンサーリンク
 
さて、後は東京⇄韓国の往復チケットをどうするかだが、これはもう頭にインプットされている航空会社を数社調べると、最安はLCCの「バニラエア」で決まり! 片道4,000円の便もゲット!

【公式】バニラエア (Vanilla Air) - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約

 

ということで、
①バニラエアで東京⇄ソウルの往復航空券を購入
②ジンエアーでソウル⇄ヴィエンチャンの往復航空券を購入
と、往復チケットを二カ国間で購入する初めての体験だ。
(共にインターネットで航空会社直接購入)

僕は未だかつて旅行代理店を利用したことはない。代理店を利用すれば営業さんが頑張ってもっと安い航空券を提示してくれるのだろうか?

 
いずれにせよ航空券を手に入れた僕は「マレー半島を北上せよ!」の旅からほとぼりが冷めないうちに、再び旅へ出ました。

というわけで、、、
年末年始のラオス旅行記はじめます。

今回もお付き合いください! 

 

ラオス人民民主共和国

ラオス人民民主共和国

  • 海上自衛隊東京音楽隊
  • ワールド
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク