バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【ソウル】梨泰院で焼とり文太郎という日本居酒屋と英国風パブではしご酒

f:id:TommyBackpacker:20150409091930j:plain
2015.01.03(6日目)
夜は多国籍な人々が集まるという梨泰院(イテウォン)に来てみた。そこは想像していたより綺麗な街並みで洗練された雰囲気だ。

f:id:TommyBackpacker:20150409092346j:plain

しかし、一本裏道に入ると昔ながらの雰囲気がある街並みに。特にインド系の人種や店舗が目立つ。そして数人の売春婦がショーウインドウに並ぶとっても怪しい通りもあり、薄暗い街並みが怪しさに輪をかける。

スポンサーリンク
 

 

日本式居酒屋へ

f:id:TommyBackpacker:20150409100344j:plain

そんな梨泰院(イテウォン)での夕食は日本式居酒屋の「文太郎」(ムンタロウ)にした。これには理由がある。なにも日本食が恋しくなったわけではなく、韓国の鶏肉は美味いとの情報を誰からか聞いた覚えがあり、多くの韓国人で賑わっているこの店は焼鳥が美味いとの情報をもとに決めた。韓国で鶏肉といえばコラーゲンたっぷりの参鶏湯(サムゲタン)が有名だと思うが、果たして韓国の焼鳥はどんなものだろうか。


◇日本式居酒屋の「文太郎」の場所

焼鳥

f:id:TommyBackpacker:20150409101216j:plain

頼んだ品は手羽元の部分と、ささみの2種類。味の方は焼き加減共に抜群。情報通りの美味さで、はっきり言って僕が普段行く焼き鳥屋より全然美味かった。

牡蠣フライ

f:id:TommyBackpacker:20150409101635j:plain

牡蠣フライも注文。衣の食感も程よく抜群の味わい。ただ、一人で9個は多すぎる。これが一人旅の難点だ。

韓国のビール

f:id:TommyBackpacker:20150409102030j:plain

ビールは韓国を代表する「ドライ フィニッシュ d」というビールが出てきた。味はその名の通りドライタイプのスッキリとした味わいと言えばそうだが、僕の感覚では水っぽくてコクがなく日本の発泡酒感覚だった。おそらく麦芽の量なんかも全然違うのではないだろうか。首を傾げたくなる味わいだったが、2本も頼んでしまうのは悲しいなんとやら。ちなみに日本のアサヒスーパードライの生ビールもあったが、8,500ウォンと高級ビールと化していた。その一方でドライフィニッシュdは1本2,750ウォンと、安上がりな旅をしている身としてはホッとする価格だ。

会計を済ますと従業員の「アニョハセヨ〜」の掛け声で送り出してくれ、気持ちがいい。店の外で一服していると従業員が出てきた。

「会計を間違えてお金を多く貰いすぎました」

と、余計に払いすぎたお金を受け取った。こういうのはとても印象が良い。韓国ってちゃんとしているじゃないかと。

文太郎(ムンタロウ)
住所:ソウル市 竜山区(ヨンサング) 漢南洞(ハンナムドン) 683-124
アクセス:地下鉄6号線梨泰院駅3番出口を出てそのまま直進。IBK銀行を見ながらさらに直進。右手に赤い提灯が目印。
料金:ビール2本 11,000ウォン、焼鳥2本 7,300ウォン、牡蠣フライ 17,000ウォン


スポンサーリンク
 

 

 

英国風パブへ

f:id:TommyBackpacker:20150409103736j:plain

焼き鳥屋で一杯終えれば、2件目はBarへ。場所は韓国でも僕の飲みのスタイルは日本となんら変わらない。

f:id:TommyBackpacker:20150409103743j:plain

見つけたのは梨泰院駅4番出口すぐ側の角にあるビル2F「GECKO'S」
店内に入ると英国風パブといったところか。

 f:id:TommyBackpacker:20150409104429j:plain
◇なかなか洒落ていますが、日本で飲んでいるのとなんら変わりません

f:id:TommyBackpacker:20150409104402j:plain


僕はウイスキーが好きなのでスコッチウイスキー「グレンリベット」を注文。これは韓国で飲んでも日本で飲んでも変わらないが、異国の地で飲むウイスキーもまた良し。

 

GECKO'S
場所:梨泰院駅4番出口すぐそばにあるビルの2F。グリーンの看板が目印です

料金:グレンリベット:8,000ウォン

 
GECKO'Sではウイスキーを一杯で辞めといた。なんだか洗練されたバーで飲んでいてもつまらなく感じてきたからだ。今回の旅はラオスで完結しているのかもしれない。そう思うと賑わう梨泰院の街を横目に見ながら、今日の宿泊先へと足が勝手に向いていた。 

 

地球の歩き方MOOKハンディ ソウルの歩き方2017-18 (地球の歩き方ムックハンディ 海外 3)

地球の歩き方MOOKハンディ ソウルの歩き方2017-18 (地球の歩き方ムックハンディ 海外 3)

 
Mapple PLUS ソウル (旅行ガイド)

Mapple PLUS ソウル (旅行ガイド)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Soul

Soul

  • 星野源
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク