読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


絶対見たい!幻想的なサンライズアンコールワットに感動した!!

カンボジア

2015.03某日(4日目)

昨日はアンコールワットで夕陽を見たが、今日は日の出を見る。この「サンライズ アンコールワット」はとても人気で朝早い時間にもかかわらず凄い人出だという。僕は綺麗な日の出を撮影したく、良い撮影スポット確保のため午前4時に起床した。これがとても辛かった。というのも昨日夕陽を見たあと宿に戻ると、宿主催のバーベキューが開催されており、他の宿泊客と宴を楽しんだあと就寝したのが午前を回ってしまったからだ。睡眠時間は3時間くらいだろう。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20150507072450j:plain


アンコールワットまでの移動手段は再び自転車。しかし道中は照明がなく真っ暗闇で少々怖く、1m先もよく見えないなかペダルを漕がなくてはいけない。慣れない人は前日からトゥクトゥクをチャーターすることをお薦めする。

f:id:TommyBackpacker:20150507083331j:plain
◇チケットがある場合は✕印の道を行く。チケットが無ければ○印の方へ進み、チケット売り場へ向かいましょう

f:id:TommyBackpacker:20150507072457j:plain

朝早い時間にもかかわらず数多くのトゥクトゥクのライトが、アンコールワット入口に向けて走る。噂通りに人気の「サンライズ アンコールワット」がこの時点で分かる。

f:id:TommyBackpacker:20150507074348j:plain

アンコールワットに入場すると池の前に陣取った。この池の前が人気の撮影スポットであることは事前の情報で分かっていた。池に映るアンコールワットの姿がとても綺麗なのだ。

f:id:TommyBackpacker:20150507074548j:plain

時は進み空がうっすらと明るくなってきた。それと共にアンコールワットの外観が姿を現す。もうこの時点で幻想的である。

f:id:TommyBackpacker:20150507074858j:plain

本来、雲が多い方が綺麗な写真は撮れるが、これもまた良し。

「いや〜、早起きして良かった」

f:id:TommyBackpacker:20150507075056j:plain

横を見れば物凄い人の数。後ろの方に陣取れば人の頭が映り込むので、早めに出向き良い撮影スポット確保に務めること必死だ。

f:id:TommyBackpacker:20150507075445j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507075449j:plain

時間の経過と共に雲は流れ色々な姿を見せてくれる。この時ほどカメラ撮影に夢中になることはないだろう。

f:id:TommyBackpacker:20150507080234j:plain

空が明るくなり、一旦休憩。その場を離れる。

f:id:TommyBackpacker:20150507080325j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507080350j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507080419j:plain

スポンサーリンク
 



すると、、、
アンコールワットの向こうに太陽の姿が!!!!

f:id:TommyBackpacker:20150507080526j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507080604j:plain

それにしても、人はなぜ太陽に導かれるのだろうか?

f:id:TommyBackpacker:20150507084230j:plain

太陽の年齢は約46億年と言われている。太陽は物を育て、浄化し、希望へと導くポジティブなパワーがある。そんなところから人々は太陽に導かれるのか。アンコールワットにいる彼らは単なる綺麗な景色を収めたいだけではないと思うのは僕だけだろうか。

f:id:TommyBackpacker:20150507083040j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507083241j:plain

sunrise

sunrise

  • SPECIAL OTHERS
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク