読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


南大門から入ってアンコールトムへ行ったら、温かい眼差しの四面仏に出会った!

カンボジア

f:id:TommyBackpacker:20150507150558j:plain
2015.03某日(4日目)
アンコールトムにある数々の門は破損が激しく、往時の姿を残すのはアンコールワットの北1500メートルの位置に建つ南大門のみだ。

アンコール・トムとは?
アンコール遺跡のひとつで、アンコールワット寺院の北に位置する城砦都市遺跡。12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世により建設されたといわれている。周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されている。
そして、アンコールトムの中央にあの有名な「バイヨン」があるのだ。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20150507150634j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507151859j:plain
◇アンコールトムの入口は改修工事の最中

f:id:TommyBackpacker:20150507152404j:plain
◇繊細な造りな造りが見られる第一回廊の壁画

アンコールワットの浮き彫りは宗教・政治色が強いが、アンコールトムは日常的な庶民生活や貴族の暮らしが盛り込まれている。

f:id:TommyBackpacker:20150507151713j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507152417j:plain
◇雨風をしのぎ12世紀末のレリーフが、21世紀のいま見学できるのは大変幸せなことだ

 

f:id:TommyBackpacker:20150507151716j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507152933j:plain
◇第二回廊はあの四面仏とご対面。期待が高まる

アンコールワットとアンコールトムは、1860年にフランス人博物学者アンリ・ムオーが再発見するまで密林の中に埋もれていた。世界の人々はその存在を知らなかったか、もしくは既に廃墟となってしまったと考えていたのであろう。
 
したがって、バイヨンの四面仏は一体どんな宗教の神なのかということは伝わっていないため長年議論の対象となった。バイヨンを建設したジャヤヴァルマン7世が敬虔な仏教徒だったことから、観世音菩薩とするのが定説となっているが、破壊を司るシヴァ神説、知恵の神ブラフマー神説、ジャヤヴァルマン7世神格化説などがあるようだ。

ちなみに「観世音菩薩=観音」である。世の人々の音声を観じて、その苦悩から救済する菩薩。人々の姿に応じて大慈悲を行ずるところから千変万化の相となるといい、その姿は六観音・三十三観音などに表される。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20150507151724j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507153936j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507151811j:plain
◇とても端正な顔立ちの四面仏

f:id:TommyBackpacker:20150507151733j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507151821j:plain
◇第二回廊では小さな塔に窓のような開口部がある。覗いてみると、その先には四面仏の姿があり、窓が額縁の役割を果たしている


四面仏はどことなく温かい眼差しを感じ、どの像も微笑んでいる。その笑顔たるものはとても神秘的。この空間に腰をおろし四面仏のようにそっと瞼を閉じれば、過去のことを思い出したり、未来のことを描いてみたり。カンボジアの風を感じながら時が流れたのであった。


◇アンコールトムの場所

 

f:id:TommyBackpacker:20150507151738j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507151741j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150507151750j:plain

  

ENCORE

ENCORE

  • 清水 翔太
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク