バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


カオサン通りから歩いてすぐ!RMゲストハウスの挽きたてコーヒーが美味い!

2015.03某日(7日目)
僕はコーヒーが好きだ。コーヒーの豆にはこだわりがないものの、砂糖もミルクも入れないブラックに限る。朝は必ず飲むので日本にいようとタイにいようと365日必ず一杯のコーヒーから一日が始まる。

「でも、タイのコーヒーは甘いでしょ!?」
と言われるが、それはコンビニなどで売っているペットボトルや缶コーヒーだ。屋台からカフェに至るまで甘くないいわゆるブラックコーヒーは飲める。それが挽きたてとなると、豆にこだわりがない僕でも思わず唸る美味さと感じる。

スポンサーリンク
 


そんな挽きたてコーヒーを求めてカオサン通りからあるいてすぐ、バンランプー市場近くにある「RMゲストハウス」のカフェに行ってみた。

f:id:TommyBackpacker:20150604063645j:plain

f:id:TommyBackpacker:20150604064610j:plain

RMゲストハウスに来るのは2014年5月以来のこと。その時の目当てはコーヒーではなく宿泊を求めて来たのだが、あいにく満室だったため1階のカフェでコーヒーを注文。すると思いがけない美味さに出会ったというわけだ。

f:id:TommyBackpacker:20150604063648j:plain
◇店頭の様子

f:id:TommyBackpacker:20150604063754j:plain
◇店頭に並ぶコーヒー豆の色が購買欲をそそる

f:id:TommyBackpacker:20150604063704j:plain
◇ウッドの内装が温かみのあるコーヒー屋さんとしてのイメージ

 

f:id:TommyBackpacker:20150604064607j:plain

メニューは一般的なカフェと一緒だ。エスプレッソをはじめカプチーノ、アメリカーノなどHOTは11種類。ICEは12種類。日本で普通のブラックを頼むときはブレンドを注文するが、タイで言うブレンドはアメリカーノだ。アメリカーノというと薄いコーヒーを想像してしまいがちだがそこは大丈夫。料金は45Bから50BでICEになると50Bから60Bが主流。これを屋台で飲むと30Bが主流なので、挽きたてのカフェは少々値が張る。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20150604064612j:plain

テーブルに運ばれてきたコーヒーは香りよくちょっと濃いめのブラックコーヒー。前回飲んだときと同じ味わいでホッとする瞬間だ。何よりカオサン通りの喧騒から離れ、木の温もりに囲まれ飲むコーヒーは美味さをより引き立ててくれる。

f:id:TommyBackpacker:20150604064616j:plain

そんなひと時を楽しんでいるとお茶が入ったポットとクラッカーが運ばれてきた。どうやらサービスみたいで前回はなかったサービスなので嬉しい限り。「もう、この店好きになっちゃうな」

f:id:TommyBackpacker:20150604064618j:plain

ポットから注がれるお茶は香り高いジャスミン系。これが驚くほどの美味さでポット全部を飲み干してしまった。結局飲んだ量としてはコーヒーよりお茶の方が多く、乾いた喉は十分すぎるほど潤い、買ったばかりのペットボトルの水を店に忘れて出てしてしまった。

 

RM ゲストハウス (RM GUEST HOUSE) 
場所:Soi Kraisi カオサン通りから歩いて約5分「バンランプー市場」とプミポン国王が修行をした寺「ワットボウォニウェート」の間。グリーンの看板と路面に面したウッドの内装が目印。

アメリカーノ HOT:50B(約180円)

上階はゲストハウス。一泊350Bより。


◇RMゲストハウスの場所

 

コーヒー

コーヒー

  • スガ シカオ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

  

スポンサーリンク