バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


危険?メーターが付いていないタクシーに乗ってみた!〜バンコクのタクシー事情〜

2015.03某日(7日目)
バンコクで車の移動と言えばもっぱらメータータクシーに限る。誰でも知っているトゥクトゥクはと言うと、その料金の高さから敬遠してしまうのだ。もっとも初めてバンコクを訪れたときには、憧れのトゥクトゥクを前にし、慣れない英語で自ら料金交渉をして乗り込んだ。派手な装飾をしたトゥクトゥクが走り出すとけたたましいマフラー音が耳につき、バンコクの風を体に感じて旅の高揚感を味わったものだった。しかし幾度となくバンコクへ訪れる度にタクシー事情というものが分かってきた。

f:id:TommyBackpacker:20150604164839j:plain
◇バンコクのタクシー。よく見かける黄色と緑のツートンカラー。他にはピンク、オレンジ、赤、水色などがある

憧れのトゥクトゥクはそのほとんどが観光料金。幾ら交渉で料金を安くしたところで、メータータクシーにはかなわない。地元タイ人向けの料金があるはずだが、その料金に向けて交渉を長引かすのは正直しんどい。一方メータータクシーはというとその名の通りメーター通りの料金を払うだけで楽なのだが、なかにはメーターが異常な回転をする不正タクシーがあるらしいので困ったものだ。

f:id:TommyBackpacker:20150607101047j:plain

さてバンランプー市場近くの「RMゲストハウス」をあとにした僕は、そこから程近いプラスメン通りからBTSスクンビット線のラチャテウィー駅までメータータクシーで行くことにした。ラチャテウィーとはスワンナプーム国際空港のエアポートリンクの終着駅「パヤタイ」とバンコク屈指のファッショナブルな街「サイアム」との中間にあり、近年綺麗でお洒落なゲストハウスが立ち並ぶなど今最も注目されているエリアと僕は見ている。

スポンサーリンク
 


カオサン通り近辺からラチャテウィー駅までは以前にもメータータクシーを利用しており、その時は60Bだった。タイのタクシーは2014年12月に一斉値上げしたので、当然それよりは高くなっているだろうとの感覚だ。 僕は他の乗り物の料金が知りたくてトゥクトゥクのドライバーに聞いてみると、なんと「200B」と言ってきた。毎度お馴染みのふっかけ観光料金だ。それでも交渉は「120B」までしか下がらず、メータータクシーの料金に及ばない。今度はバイクタクシーのドライバーに聞いてみると「150B」を提示された。交渉すればおそらく80Bくらいまではなるのではと思うのだが、もう最初の提示された料金で面倒くさくなってしまった。タクシーと同等の料金なら断然タクシーを選ぶからだ。

f:id:TommyBackpacker:20150607101139j:plain
◇バンコクを走るバイクタクシー。ドライバーが着るオレンジ色のビブスが目印

僕は最初の予定通りメーター タクシーをつかまえようとプラスメン通りを歩きだした。すると今度は空車のタクシーがなかなかつかまらない。「乗ろうとするとつかまらないのは日本と一緒か」なんて考えながら歩いていると、チャオプラヤー川から枝分かれして流れている小さな川を渡る橋まで来てしまった。

f:id:TommyBackpacker:20150607101609j:plain


ここで数台の乗車中のメータータクシーを見過ごすと、やっと空車のタクシーをつかまえることが出来た。後部座席の扉が開き行き先のラチャテウィー駅を告げようと思ったその時だった。

「メーターが付いていない!」
タイのタクシーにはメーターが不正に回転するタクシーもあれば、メーターそのものが付いていないタクシーもあるのだ。日本の感覚からしてみればほんとにふざけた話なのだが、ここはラチャテウィー駅までの相場を知っているため、思い切って交渉することにした。「BTSのラチャテウィー駅までは幾ら?アジアホテルのとこだよ」するとドライバーは「100B」を提示。思ったよりは安い提示額だったが、相場を知る僕は値上げ前の料金「60B」を提示した。するとドライバーは「70B」を提示してきたので乗車を決めた。

f:id:TommyBackpacker:20150607101717j:plain
◇メーターの無いタクシー車内。ドライバーは奇抜なヘアスタイルにサングラス。ファンキーなドライバーだった

スポンサーリンク
 



このように例えメーターが付いていなくても相場を知っていれば乗車できることが分かり、尚且つトゥクトゥクより断然安く乗れるのである。しかし各ガイドブックなどにはメーターが付いていないタクシーには乗車しないように表記されており、目的地に着いてから多額な料金を請求されたり、どこか人目のつかない場所に連れていかれ身包み剥がされることもあるので注意が必要だろう。

 
そんな評判の悪い一面もあるタイのタクシー業界だが、2015年5月から「絶対に乗車拒否をしない」というタクシー会社「オールタイタクシー株式会社」が誕生した。バンコクに500台を配備し、車種はなんとハイブリッド車の「プリウス」で、車内に設置したシステムにより乗客との会話や走行スピードを常時監視。その他「スマートフォン配車サービス」「24時間対応電話受付配車サービス」「女性客用の女性ドライバーサービス」など、そのすべてが日本並みとなっている。

料金は初乗り35Bで支払いは現金またはクレジットカード・デビットカードが使用できる。また領収書の発行にも応じるとのこと。(迎車料+20B)
今度バンコクへ訪れた際には、ぜひ乗車してみたいものだ。

f:id:TommyBackpacker:20150607113950j:plain
◇BTSラチャテウィー駅前
メーターの無いタクシー料金:70B  
カオサン通り近くのワットボウォニウェート近辺→ラチャテウィー駅(所要時間:15〜20分)

 

TAXI (with ラッツ & スター)

TAXI (with ラッツ & スター)

  • 鈴木 聖美 with Rats & Star
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク