バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


アオパイ(シルバーサンド)のビーチで過ごしたサメット島の夜 

f:id:TommyBackpacker:20150615193303j:plain

2015.03某日(8〜9日目)
昼間は静かなウォンドゥアンビーチで過ごし、夜は少し賑やかなアオパイ(シルバーサンド)のビーチへ繰り出すことにした。一緒に同行した友人が話すには、アオパイビーチは島内で一番夜の賑やかさがあるビーチらしい。

 

スポンサーリンク
 

 

 

ウォンドゥアンビーチからアオパイへ



◇ウォンドゥアンビーチとアオパイビーチの位置関係

ウォンドゥアンビーチとアオパイの距離は約2キロある。道中はアップダウンのある山だから、移動は乗り合いタクシーのソンテウが便利だ。ただ、そのソンテウは、ある程度乗客が揃わないと出発はせず、一人で乗車となると運賃は高くつく。

f:id:TommyBackpacker:20150615072408j:plain

今回は僕を含めた3人で乗車したので、割り勘で向かうことができた。こういう時は一人旅よりも、友人との旅が嬉しい。

・ソンテウ料金:ウォンドゥアン→アオパイ 200B(片道)

f:id:TommyBackpacker:20150615072425j:plain
◇ソンテウに乗ること約10分、アオパイのビーチに到着します

アオパイビーチ

f:id:TommyBackpacker:20150615072446j:plain


日の沈んだアオパイビーチ。そこは僕が今までに見たことがなかった景色だった。海を目の前にしてビーチ一面に敷き詰められた座席とテーブル。各々が頼んだ食事を暖かいロウソクの炎が照らしだす。緩やかな波の音がまた心地よい。

「これはたまらない。まさにビーチリゾートだ!」

僕の気持ちは一気に高ぶった。

シーフード料理

f:id:TommyBackpacker:20150615072534j:plain


料理は場所柄シーフードがメイン。僕はシーフード料理が大好きで、とりわけ海老が大好物だ。目の前の食材を見ては、より一層気持ちが高ぶった。

f:id:TommyBackpacker:20150615072503j:plain


注文方法は皿ごとに盛られた素材を注文するだけ。調理された品はテーブルまで運んでくれる。料金は皿ごとに値札が貼られ明朗会計だ。


①海老(750B)

f:id:TommyBackpacker:20150615194313j:plain
◇調理前

 

f:id:TommyBackpacker:20150615194046j:plain
◇調理後


②ホタテ(250B)

f:id:TommyBackpacker:20150615194117j:plain
◇調理前

f:id:TommyBackpacker:20150615194222j:plain
◇調理後


③バーベキュー(180B)

f:id:TommyBackpacker:20150615194417j:plain
◇調理前

f:id:TommyBackpacker:20150615194632j:plain
◇調理後


運ばれてきた食事はいずれも美味しく、文句のつけようがなかった。以前同じ場所で食べたことのあるS君は前より美味いと言っており、鮮度モノだけにその日その日で多少味が違うのかもしれない。

ファイヤーショー 

f:id:TommyBackpacker:20150615194735j:plain


お腹も満たされてきた夜の8時。海に目をやれば静かな波音だけが聞こえてくる。辺りはすでに真っ暗闇だが、突然明るい炎がビーチを照らし出した。

f:id:TommyBackpacker:20150615194842j:plain


それはファイヤーショーの始まりだった。こういった演出もビーチリゾートならではだろう。少なくても日本のビーチでは考えられない。消防法とか児童の深夜労働とか、そんなものはここにはない。

f:id:TommyBackpacker:20150615195033j:plain
体を取り巻く炎はグルグルと…

f:id:TommyBackpacker:20150615195126j:plain
一度に3本? もうなんだか分からない

f:id:TommyBackpacker:20150615195212j:plain
炎のエグザイル状態

f:id:TommyBackpacker:20150615195542j:plain
一番小さい子のテクニックと客への見せ方がウマい!

f:id:TommyBackpacker:20150615195228j:plain
ファイヤーショーも終盤…

f:id:TommyBackpacker:20150615195235j:plain

最後は
ドッカーーーン!!!!
いってまえ〜!!!!

f:id:TommyBackpacker:20150615200538j:plain
◇花火とともに逝く当ブログ筆者(右)

「食べてすぐ横になっちゃダメ!」「寝ながら食べるなんて行儀が悪い!」などと、お母さんや妻、恋人に怒られた経験はないだろうか。ここはそれが許される場所なんです。

酒&音楽を求めてクラブへ

f:id:TommyBackpacker:20150615201018j:plain

食事と酒をたらふく楽しんだあとは、ビーチの脇にある賑やかしい通りへむかった。すると一軒のバーを発見。音楽がガンガンに鳴り響くDJがいるクラブスタイルのミュージックバーだ。東南アジアの入場料がいらないこの手の店はホントに良いと思う。

f:id:TommyBackpacker:20150615201458j:plain

ビーチの脇に設置された椅子に腰を掛けると、タイ名物「バケツ酒」を注文した。カオサン通りでよく見かけるバケツの酒を回し飲みをし、トランスミュージックに「フォーーー!!」などと雄叫びをあげる欧米人。我々は日本人だが、目の前にあるのはまさしくバケツ酒。バケツの中身はウォッカベースのカクテル「ロングアイランドアイスティー」だ。T君がロングアイランドアイスティーを頼むときは酔いたいとき。この先大丈夫だろうか?

f:id:TommyBackpacker:20150615201541j:plain
◇バーテンを囲むカウンター席がいい感じです

f:id:TommyBackpacker:20150615202324j:plain
◇バケツ酒:200B(一杯)

スポンサーリンク
 

 

ボディペイント


f:id:TommyBackpacker:20150615203423j:plain

アルコールが体内に染み渡るころ、ほろ酔い気分でビーチに出てみた。すると、蛍光ボードの前でなにやら人だかりができている。

 

f:id:TommyBackpacker:20150615203315j:plain

それはボディペイントだった。綺麗な欧米女性の腕には「サメット2015 LOVE」の文字が描かれている。僕も負けじと近くのタイ人に書いてもらうよう頼んでみた。

f:id:TommyBackpacker:20150615204004j:plain

すると、なぜか「BEER」の文字を書かれてしまった。僕のビール好きを悟られたのか。あるいは、酔っぱらいを悟られたのか定かではないが、こうなればとことん飲み狂うしかない。

f:id:TommyBackpacker:20150615224452j:plain

バケツの酒を一気に流し込み…

f:id:TommyBackpacker:20150615224737j:plain

サメット島の夜と酒に飲まれていったのであった。


感想

f:id:TommyBackpacker:20150615225638j:plain


「サメット島の夜は、シーフード料理を食べ、ファイヤーショーを観て、音楽と酒で過ごす。これが最高な気分になれるのです」

f:id:TommyBackpacker:20150615225646j:plain


>>>サメット島のホテルは「ウォンドゥアンリゾート」 
Booking.com|ウォンドゥアン リゾート|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

Take Me Home (feat. Bebe Rexha)

Take Me Home (feat. Bebe Rexha)

  • Cash Cash
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク