バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


旅人必見!僕が海外で思わず聞きたくなる洋楽5曲!!

「旅に出てまで音楽を聞きたいのか?」
と言われる人もなかにはいるが、一人旅の道中では音楽が旅の演出を盛り上げる。例えば移動の列車やバスの中。これはもう最高の気分だ。移りゆく景色を見ながら聞く音楽は時に心を和らげる。

宿の部屋で一杯やりながら聞く音楽もまた良し。リラックスできるのはもちろんなこと、テンションのあがる音楽を聞いて街に繰り出すこともある。

今回はそんな旅先で僕が思わず聞きたくなる洋楽5曲を紹介します!!

スポンサーリンク
 


①Life in Technicolor Ⅱ / Coldplay
1997年にロンドンで結成された4人組のバンド。2000年のデビュー・アルバム「パラシューツ」とシングル「Yellow」の大ヒットにより世界的な成功を得る。日本では2008年にリリースした「Vila La Vida」が有名だが、旅先では「Life in Technicolor Ⅱ」が列車やバスの移動時によく似合う。ボーカル、クリス・マーティンのファルセットボイスが旅先での切なさを演出する。 

Life in Technicolor ii

Life in Technicolor ii

  • コールドプレイ
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

②Africa / Toto
1977年に結成されたアメリカのロックバンド。1982年発売のアルバム「TOTO Ⅳ
」の収録曲「Africa」が世界的に大ヒット。当時ビルボードのホット100で1位を記録した。2008年7月に解散するものの、2010年に期間限定ツアーを行い、その後事実上の恒久的な活動を再開している。なお、バンドメンバーはめまぐるしいメンバーチェンジを繰り返しており、もはや誰が誰だか分からない。そんなTOTOの「Africa」は壮大な曲のイメージとPVに出てくる地球儀とパスポートが旅の印象を植えつける。たとえアフリカにいなくても旅先で聞きたい一曲だ。

Africa

Africa

  • Toto
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 
③Englishman In New York / Sting
1970年代から80年にかけて活躍したイギリスのロックバンド、ポリスのベーシスト兼ボーカル。ポリスは1984年に活動休止をするものの、その後ソロで活躍。1987年発売のアルバム「Noting Like the Sun」は200万枚の売上を越え、スティングのベストセラーアルバムとなっている。そのアルバム収録曲「Englishman In New York」はニューヨークに暮らすイギリス人の心を描いた作品。スティングは「イギリスもアメリカも英語圏で一見同じに見えるが、やはり何かが違う」と語る。そんなイギリス人の自分は異邦人だと。まさに旅に欠かせない一曲だ。

Englishman In New York

Englishman In New York

  • スティング
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

④Heaven / Bryan Adams
1978年から活動するカナダ出身のミュージシャン。1984年に発売された「Reckless」からシングルカットされた曲「Heven」が自身初のビルボードシングルチャート1位を記録した。曲の内容は「僕と君の愛が強くなった」というのが基本的な和訳だが、若くて自由だった昔を思い出す内容の歌詞もあり、単純に旅先で昔を思い出したり、アジアの旅を最近また始めた人などにはもってこいの曲だ。そして、ブライアン・アダムスのハスキーボイスが旅先での夜に一杯やりながらぴったりなのだ。

Heaven

Heaven

  • ブライアン・アダムス
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

⑤Hey Brother / Avicii
アヴィーチーはスウェーデン出身のDJ、音楽プロデューサー。2013年6月17日に発売したデビューアルバム「True」は瞬く間に全英で1位を獲得した。そのアルバムからシングルカットされた曲「Hey Brother」は、アメリカブルーグラスシンガーのダン・ティミンスキーを客演した曲で、全英シングルチャートでトップ5に入った。僕は実際この曲をクアラルンプールからホーチミンに向かうエアアジアの機内曲で聞いてからお気に入り。国から国への飛行機移動はテンションがあがるものだが、この曲を聞き、さらにテンションがあがる次第だ。

Hey Brother

Hey Brother

  • アヴィーチー
  • ダンス
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 以上、「僕が海外で思わず聞きたくなる洋楽5曲!!」をご紹介しました。いかがでしたか。少しでも参考になれば嬉しいかぎりです。皆さんもお気に入りの曲とともに海外の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク