読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


チェンライからバスで国境の街メーサイへ!さらにミャンマーのタチレクへビザなし日帰り入国をしてみた!!

タイ

2015.09.23(7日目)

今日はチェンライからバスを利用してミャンマーとの国境の街、メーサイへ行ってみることに。さらに隣国ミャンマーへ入国。通常ミャンマーへの入国はビザが必要だが、500バーツか10ドルを支払えば、ビザなし日帰り入国ができるらしい。僕は実際に試してみたくメーサイへ向かった。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20151103175234j:plain
◇チェンライのバスターミナルからメーサイまでは約1時間30分。バスはひたすら北上する

f:id:TommyBackpacker:20151103174354j:plain
◇まずはチェンライのバスターミナルから始動

f:id:TommyBackpacker:20151103174442j:plain
◇THEローカルバス!「これはたまらない」 正面の窓には「MAE SAI」の文字。近くの人に聞けば優しく教えてくれる。地方の人は優しい

f:id:TommyBackpacker:20151103174626j:plain
◇乗り心地は決して良くない

f:id:TommyBackpacker:20151103180613j:plain
◇バスが発車すると車掌が料金を徴収。チェンライ→メーサイ 39B(約130円)車内にはタイ人の他、僕のようなメーサイ観光客の姿もある

f:id:TommyBackpacker:20151103180936j:plain
◇バスがメーサイに近づくころ、IDチェックの検問がある

このIDチェックの検問はだいぶ前から行われているみたいだが、2015年8月に起きたバンコクでの爆発テロの影響で強化されている情報も目にした。人によっては道中2回の検問にあった話しもある。

しかし僕が訪れた日の検問は1回のみ。パスポートの提示も表紙を見ただけで、中身は見ない緩い検問だった。これもジャパンパスポートの恩恵なのか。

 

f:id:TommyBackpacker:20151103181802j:plain
◇約1時間30分後、メーサイのバスターミナルに到着

f:id:TommyBackpacker:20151103181754j:plain
◇ここからソンテウに乗り国境ゲートまで行く。メーサイバスターミナル→国境 15B(約50円)

スポンサーリンク
 


それにしても毎度思うのだが、タイに限らず東南アジアの交通ビジネスというのはしたたかに思う。街から少し離れた場所にバスターミナルを作り、街との移動手段をタクシーやトゥクトゥク、ソンテウなどに任せるという分担が出来上がっている。利用者からしたら不便極まりない。例えば成田空港から東京駅へ向かうのに京橋あたりで降ろされて、そこからタクシーで移動するようなものだ。

f:id:TommyBackpacker:20151103183002j:plain
◇乗車時間は約10分。国境ゲートが見える。「おぉ!これが国境の街か!」

f:id:TommyBackpacker:20151103183335j:plain

f:id:TommyBackpacker:20151103183338j:plain
◇街にはおみやげ屋が並び、単なる国境の街だけではなく観光の街という側面ももっている

f:id:TommyBackpacker:20151103183341j:plain
◇なぜか甘栗屋が目立つ。これが結構美味しいらしい

f:id:TommyBackpacker:20151103183606j:plain
◇タイ側のイミグレーション。これから出国。陸路国境というのは昨日通れたからといって今日通れるという保証がない。それが国境というものらしい

f:id:TommyBackpacker:20151103183908j:plain
◇出国は無事に済んだが、香港からタイへ入国した際に記入した出国カードがパスポートから無くなっていた。それも当然か。日本へ帰る前にタイを出国してしまったんだから

f:id:TommyBackpacker:20151103184151j:plain
◇メーサイ川を挟んで左がタイ。右がミャンマー。島国ニッポンには不思議な光景

 

f:id:TommyBackpacker:20151103184917j:plain
◇ミャンマー側のゲート。このあと右手にあるミャンマーのイミグレーション事務所内に入る

事前のミャンマータチレクビザなし日帰り入国情報

  1. 料金は500Bまたは10$
  2. 事務所内で顔写真撮影とエントリーパーミットの発行
  3. パーミットと引き換えにパスポートを預ける


【2015年9月23日】実際に体験したミャンマータチレクビザなし日帰り入国

  1. 料金は10$支払いで大丈夫だった(バーツは分からない)
  2. 事務所内で顔写真撮影とエントリーパーミットの発行があった
  3. パスポートは預けなかった(出国時にパーミットの返却あり)

 

 しかし、エントリーパーミットをよく見ると……

f:id:TommyBackpacker:20151103191005j:plain

「あれっ?滞在が9月23日から10月6日となっているではないか」
これでは日帰りではなく2週間の滞在が許可されていることになる。この時僕は気づいていなかったが、どうやら日帰りは5$または250Bで良いらしい。そして2週間の滞在には10$または500Bの支払いが必要みたいだ。

どうやら多くの旅人が余分な料金を支払って、ミャンマーへの日帰り入国をしているのか。それともこれが日々変わる国境の情勢というものなのだろうか。よく分からないが余計な支払いをしてしまったのは事実みたいだ。こうして旅人としての成長をきっと歩んでいくんだよね? というわけでメーサイからタチレクへの出入国は無事に済ませて、初めて感じるミャンマーの街を楽しんでみることにした。

f:id:TommyBackpacker:20151103195026j:plain
◇パスポートに捺印されたミャンマーのスタンプ。日帰りでもミャンマー初入国の記念となった

【2015年9月】ミャンマータチレクビザなし日帰り入国のまとめ
・日帰りは5$または250B(行動範囲はおそらく5キロ以内)
・2週間滞在は10$または500B(行動範囲はおそらくタチレク、モンラー、チェントンなどに限る)
・事務所内で顔写真撮影とエントリーパーミットの発行がある
・日帰り料金だとパスポートの預けがあるかは不明(出国時にパーミットの返却またはパスポートと交換あり)
・タイ側イミグレーションの時間:8:00〜17:00
・タイとミャンマーには時差があり、タイの方が30分早いので帰りの時間に注意

なお、これらは実際に体験した事実と帰国後に調べた情報であり、日々情勢が変わる国境のことなので、実際に足を運ぶ際には上記のこととは限らないことをご承知ください。

  

スポンサーリンク
 
D24 地球の歩き方 ミャンマー 2016~2017

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2016~2017

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る