読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【Vエア】購入したフライトが日付と時刻を勝手に変更された場合の対応の仕方

f:id:TommyBackpacker:20160107092422j:plain

V-Air - V Air

今回台湾・台北からタイ・バンコクへのフライトは、桃園国際空港を拠点とする親会社がトランスアジア航空の台湾LCC「Vエア」を選んだ。航空券の取得は半年前の6月だった。しかし、8月に入りVエアから一通のメールが僕の元に届いた。内容はこうだった。

スポンサーリンク
 

タイドンムアン空港台湾桃園国際空港(TPE)(DMK)からフライトZV007の出発時刻が変更されます。下記の更新情報を参照してください。当社は、ご不便を申し訳ありません、とご理解をお願いいたします。
 
更新フライト情報
フライト番号:ZV007
フライト日:2015年12月31日
出発時間:午後9時50分現地時間
到着時間:00:35現地時間


f:id:TommyBackpacker:20160105184354j:plain
◇Vエアから届いたメール

当初、僕が購入したフライトは、桃園国際空港を12月28日20時10分に出発をし、ドンムアン国際空港には現地時間の23時15分到着予定の便だった。それが、時間どころか日付まで勝手に変更されているではないか。これには困った。1日くらいのズレなら許容範囲だが、1月2日にはタイを出国する航空券を取得しているため、12月31日に移動をしている場合ではない。これでは台湾がメインで、ちょっとタイに行くようなもんだ。

僕は早速Vエアのwebサイトで確認した。すると12月28日のフライトは時間こそ変更されているものの、存在しているではないか。それは桃園国際空港を早朝の6時40分に出発をし、ドンムアン国際空港に現地時間の9時20分に到着する便だった。

1日台北観光の予定は崩れるが、この日付、この便でいいのだ。するとVエアから再びメールがきた。

Vエア方針によると、このフライトキャンセルのためにあなたはどちらか選択することができます。

A.私たちのスケジュールされたサービスの他に早期に実施すべきその上にスペースが、追加料金や、必要に応じて使用可能です。ご予約の有効期限を延長します。または6ヶ月間のあなたのチケットの有効期間を延長します。あなたが予約したり、転送する権利があります。

B.かつて同じルートで同じクラスのチケットは無料。この無料担当の再予約がキャンセルされ、元の6ヶ月以内に使用しなければなりません


C. (運送約款に従い、全額返金を受け取れません。キャンセルや変更が制御不能に起因するものである場合に該当します。)あなたの確認を受信すると、返信メールとI'LL作用により、あなたのオプションをご確認ください。ご不便をかけて申し訳ありません。ご理解をお願いいたします。

 


つまり他の便への変更が可能。または、6ヶ月以内のフライトへも変更可能とのことだ。そこでVエアに連絡をしてみることにした。Vエアのwebサイトにはお問い合わせの項目がある。手段はメールか電話だ。英語も中国もできない僕は、迷わずメールを選択することにした。

スポンサーリンク
 


Vエアとのやりとりは次の通りだ。トップページの「ヘルプ」から、お問い合わせのページにとぶ。するとこのような画面に移動する。

f:id:TommyBackpacker:20160107085119p:plain

語学に自信のある人は迷わず電話でいいが、僕は「メールを送信」のボタンをクリック。変更の連絡を伝えたことにお礼をし、僕が希望する便を書き込みメールを送信した。伝えた内容は以下の通りだ。

  1. 当初の予約番号、フライトナンバー、日付、出発時刻と到着時刻
  2. 変更されたフライトナンバー、日付、出発時刻と到着時刻
  3. 希望するフライトナンバー、日付、出発時刻と到着時刻

最後に住所、メールアドレス、名前を記入して送信。すると、しっかり変更されたメールが届き確認できた。当然追加料金なども発生しない。それはVエアのwebサイトからログインをし、予約記録を見れば確認ができる。

f:id:TommyBackpacker:20160107091314j:plain
◇下から変更になった便、当初の便、自ら変更した便


Vエアは2015年に名古屋ー台北線の就航が始まり、日本で注目されている台湾LCCだ。さらに2016年1月からは大阪、福岡ー台北線、3月からは茨城、羽田ー台北線も就航予定で、日本だけではなく、日本を訪れる台湾人にも注目されている。東京近郊の人にとっては、羽田を就航している同じLCCのピーチとの比較にもなり、選択肢が広がるのは大歓迎だ。ただ、自ら航空券を取得するということは、このような対応も自らしなければならなく、今後Vエアを利用する人に参考になればとの思いで書き記した次第だ。

 台湾LCCのVエアについての記事はこちら!!

blog.tommy-bp.com

V

V

  • Louis Cole
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク