バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


海外旅行で役立つ?ZenFone2 Laserを今さら買った話し

iPhoneからAndroidへ

長年使用してきたiPhone4Sのバッテリー劣化が目立ってきました。そこで新しいスマートフォンの購入を検討した結果、今さらですが台湾メーカーASUSの「ZenFone2Laser」(ZE500KL)をこの度購入しました。iPhoneの操作に慣れた者からすると初のAndroidの操作に不安を覚えましたが、高価なiPhoneは日常のスマートフォン使用歴を考えると必要はなく、安価なAndroidに気持ちが傾きました。これで「 脱iPhone」の身です。

 

ZenFone2Laserを選んだ理由

数多くあるAndroidスマートフォンのなかで「ZenFone2Laser」を選んだ理由はSIMカードスロットが2つある点なんです。僕は海外旅行が趣味なので、年間40日前後は海外にいます。日本から持参したスマートフォンにSIMの入れ替えをしないで、そのまま差し込めばすぐ使用できる機能は魅力的でした。さらに日本では格安SIMのMVNOを利用しているためSIMフリーの機種は必須でした。それでも最近発売された5.5インチの「ZenFone Selfie」と比較すると、どちらにするか悩みました。

スポンサーリンク
 


ZenFone2 LaserとZenFone Selfie スペック比較

f:id:TommyBackpacker:20160110150105p:plain

僕の比較対象は……

  1. SIMスロットの数
  2. バッテリー
  3. カメラ画素
  4. ディスプレイと解像度

の4点でした。1のSIMスロットの数については同等です。3についてはフロントカメラの画素がZenFone2Laserで800万画素劣っています。しかし、自撮りはしないのでここは比較の対象から却下。2のバッテリーの容量は、600mAhの差があります。これは気になるところです。4のディスプレイと解像度に関しては実機を見てなんら遜色ありませんでした。総合的に考え、出した結論は、ZenFone Selfieより安価な「ZenFone2Laser」の購入でした。サイズも5インチは片手持ちのギリギリの範囲だと感じました。

 

f:id:TommyBackpacker:20160110175327j:plain

iPhone4Sからの買い替えなので、画面の綺麗さとディスプレイの大きさに感激してしまいます。重さもZenFone Selfieの170gに比べて25g軽い145gで、とても軽く感じます。

f:id:TommyBackpacker:20160110180611j:plain

カラーはブラック、シルバー、ゴールドなど豊富にあるなか、レッドを選びました。ケースを装着する予定なのでどのカラーでも関係はなくなるのですが、iPhoneでは見かけないカラーにしようとレッドを選びました。

f:id:TommyBackpacker:20160110181342j:plain

横から見ると片手使いに最適な薄さだと思います。そして滑らかな形状が手にフィットして心地いいです。しかし、これもケースを装着してしまうと味わえなくなります。

スポンサーリンク
 



SIMスロットは裏蓋を開けると中にあります。この裏蓋が開けにくいなどのレビューを見かけましたが、案外簡単に開きました。爪に不安がある人は、薄いカードを差し込みラインに沿って動かすと簡単に開きます。

f:id:TommyBackpacker:20160110182013j:plain

裏蓋を開けるとカメラレンズ、ボリュームボタンを挟んで、SIMスロットが2つあります。右がSIM1。左がSIM2となります。SIM1には日本で普段使用するMVNO。SIM2には渡航先のSIMを使用したいと思います。これだけで早く海外に行きたい気分になります。

日本で使用するSIMはこちら!!



f:id:TommyBackpacker:20160110182515j:plain

ROMが16GBということで、64GBのマイクロSDカードを装着しました。装着場所はSIM1の上に重なるように装着します。なんだか変わっているように思えますが、これがAndroidの常識なんでしょうか。初めての体験が続きました。

 
マイクロSDカードはこちら!!

 

f:id:TommyBackpacker:20160110183357j:plain

手帳型のケースを装着してみました。背面はカメラレンズやボリュームボタン、スピーカーなどを隠すことなく、お洒落な雰囲気も出ています。しかし、背面の滑らかな形状はケースを装着することによって当然失われてしまいました。

f:id:TommyBackpacker:20160110184639j:plain

ケースを正面から開くと、カードが2枚装着できる使用になっております。さらに折りたたんだ紙幣などが入れられる場所もあります。近所に買い物などは、財布いらずになりそうです。

ZenFone2 Laserの手帳型ケースはこちら!! 

ZenFone2 Laser ケース 手帳型 ZE500KL asus zenfone 2 Laser カバー レザーケース zenfone2 ケース

価格:1,080円
(2016/1/10 18:44時点)
感想(506件)

使用した感想

5インチという大きさは片手持ちや視覚的にも丁度良かったです。気になったバッテリーは、ゲーム、動画の視聴に使用しないので、何ら問題はありませんでした。もっともバッテリー劣化のiPhone4Sからの買い替えなので、劇的にその差に感動をしています。

重さはケースを装着した分だけ少々重くなりましたが、それでも許容範囲の重量です。操作はiPhoneと変わらず直感的な操作ができて、満足しています。

カメラは少々薄暗い印象がありますが、日常的な使い方をする人には問題ないでしょう。僕はコンデジ「NIKON COOLPIX P310」との併用です。

音楽に関してはAndroidアプリの「iSyncr」を使用してitunesとの同期をしています。ただ、これがうまく同期しないこともあり唯一不便を感じています。

さて、僕の場合は海外の渡航先で、ZenFone2 Laserの本領発揮具合を見たいところです。そのレポートは追って当ブログで紹介したいと思います。


ASUS公式オンラインショップ

 
海外でZenFone2 Laserを使用した記事はこちら!!

blog.tommy-bp.com

 

 

スポンサーリンク