読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


カオサン通りのプール付ホテル「ランブトリ ヴィレッジ プラザ」宿泊記 '15〜'16

カオサン通り ゲストハウス アジアの夕日 タイ

バンコク滞在:2015.12.28〜2016.01.02

バンコクでの宿泊はカオサン通りからすぐ近くのランブトリ通り、通称寺裏にある「ランブトリヴィレッジプラザ」にした。以前当ブログの記事で「行く意味がない!?カオサン通りに見る日本人のバンコク宿事情」という記事を書いたことがあるので矛盾しているように思えるが、連日滞在したことがなかった過去を反省し、カオサン通りにじっくり腰を下ろすことにした。

スポンサーリンク
 


行く意味がない!?カオサン通りに見る日本人のバンコク宿事情の記事はこちら!!

blog.tommy-bp.com

 

f:id:TommyBackpacker:20160114181054j:plain

ランブトリ ヴィレッジ プラザはその名の通りランブトリ通りに位置し、チャクラポン通りとの交差点から目と鼻の先だ。僕はネット予約をしていたが、受付でパスポートを見せるだけで予約表などの提示は求められなかった。宿泊費は前払いで、プラス千バーツのデポジットを支払わなければならない。千バーツは少々高く思えるが、何もなければ当然返金されるので問題はない。支払いを済ますとチェックアウト時に必要となるデポジットの用紙とカードキー、Wi-Fiのパスワード用紙を預かり部屋へ向かった。

f:id:TommyBackpacker:20160114181847j:plain

僕の部屋は最上階の5階、512の部屋だった。結果、これが大正解。その理由は後ほど述べたい。

f:id:TommyBackpacker:20160114182004j:plain

チェックインの時間は14時。まず部屋に入ると西向きの窓から燦々と太陽が照りそそいでいる。そこは安心のエアコン完備で問題はない。その他、部屋にはテレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫が完備されている。ちなみにこの部屋より安い部屋だと冷蔵庫は付いていない。さらに鏡台とドライヤーもあり、ティッシュとミネラルウォーターが1本サービスであった。コンセントの数は1個と物足りないので、必要な人はタコ足を持参する必要がある。

f:id:TommyBackpacker:20160115191942j:plain

冷蔵庫の下にはデジタル式セーフティーボックスがある。個室にセーフティーボックスがある所に泊まるのは初めてかもしれない。これは僕がいつも泊まるゲストハウスではなくホテルだ。



f:id:TommyBackpacker:20160114183711j:plain

部屋の窓からはワットチャナソンクラームが見え、まさに寺裏に泊まっていることが体験できる。

f:id:TommyBackpacker:20160114183217j:plain

ベッドはダブルタイプで固めの寝心地だった。なお、希望すればベッドメイクは毎日やってくれる。

f:id:TommyBackpacker:20160114183345j:plain

トイレとシャワーは室内完備。トイレットペーパーも付いている。シャワーはホットだが、5階のせいか水圧が弱い。この点はマイナス点だろう。

f:id:TommyBackpacker:20160114183521j:plain

シャンプー、ボディシャンプーも完備。その他石鹸、綿棒、シャワーキャップもあった。なお、洗面所の水圧は問題なかった。

f:id:TommyBackpacker:20160114183933j:plain

屋上にはプールがある。このプール、何も問題はないのだが、webで見た夜景の画像がとても良いのに、オープン時間が8時から18時までで夜は開放されていない。きっと過去に酔った欧米人が馬鹿騒ぎでもしたのだろう。蒸し暑い夜にプールでも入ろうと思っていたのに、この点は残念なところだった。

スポンサーリンク
 

f:id:TommyBackpacker:20160114184357j:plain

朝食は朝の6時から10時30分まで1階で摂ることができる。料理はアメリカンスタイルのビュッフェで種類も豊富。食費は宿泊者は無料で、外からの客には大人250B、子ども125Bの料金がかかるので食べなければ損かもしれない。

f:id:TommyBackpacker:20160114185122j:plain
◇とある日の朝食はライス編。お世辞はぬきで全部美味い

f:id:TommyBackpacker:20160114185341j:plain
◇とある日の朝食はパン編。ほんとにお世辞ぬきで美味い

アジア旅を始めてから朝食付きのホテルに泊まるのは初めての経験だ。(友人と宿泊したホテルを除き)今回のバンコク滞在では夜型の生活になってしまったので、朝食を摂るのがいつも10時頃になってしまった。そこにきてビュッフェとくると必要以上に食べてしまい、夕方まで腹が減らないのだ。せっかく来たタイで地元の料理を堪能したいのに、日々アメリカンな食事で満たされるとは思ってもいなかった。そこにきて、満腹感に満たされると再びベッドに潜るという生活は、ちょっといい生活の沈没者を味わえる。

f:id:TommyBackpacker:20160114191108j:plain
◇部屋の窓から見えるバンコクの夕日。何もしなくても1日は終わる。旅というよりは休暇。そんな旅があってもいい

f:id:TommyBackpacker:20160115192738j:plain

さて、上記で記した僕が宿泊した西向きの512の部屋が大正解だった件だが、反対の東側にモスクがあり、webで早朝に流れるコーランで目が覚めてしまうとのレビューを見ていた。実際に流れていたのか分からないが、西向きの部屋が幸いしたのか、滞在中一度も気にならなかった。僕は過去にマレーシアのマラッカでモスクの目の前のゲストハウスに宿泊をし、同様の経験をしたことがあるので気になっていた。同じく気になる人がいたら、西側の部屋をリクエストしてみるのもいいかもしれない。そして、夕日が好きな人も。

f:id:TommyBackpacker:20160115205550j:plain
◇夜のランブトリ ヴィレッジ プラザ外観

ランブトリ ヴィレッジ プラザ(Rambuttri Village Plaza)
住所:95 Soi Ram Buttri, Chakkra Phong Road, Phra Nakorn, 10200 バンコク, タイ
料金:デラックスルーム、朝食付 4,200B(4泊)1泊あたり1,050B(約3,400円)前払い、デポジット1,000B
設備:FreeWi-Fi、ホットシャワー&トイレ室内、カードキー、エアコン、冷蔵庫、セーフティーボックス、ドライヤー、テレビ、DVDプレーヤー、ミネラルウォーター、タオル、その他アメニティー、ベッドメイク毎日可  

Booking.com|ランブトリ ヴィレッジ プラザ|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

 


◇ランブトリ ヴィレッジ プラザの場所

 

In the Navy

In the Navy

  • ヴィレッジ・ピープル
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

D18 地球の歩き方 バンコク 2016~2017

D18 地球の歩き方 バンコク 2016~2017

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
歩くバンコク2015-2016(歩くシリーズ)

歩くバンコク2015-2016(歩くシリーズ)

  • 作者: メディアポルタ,下川裕治
  • 出版社/メーカー: キョーハンブックス
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

スポンサーリンク