読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


世界遺産のフエ阮朝王宮を歩いてみました

フエ滞在:2016.05.01〜03

宿泊をしている新市街からフエの中心部に流れるフォーン川を渡ると旧市街へ出る。その旧市街にあるのが世界遺産の「フエ王宮」だ。ベトナム最後の王朝である阮(グエン)朝が1802年にフエ政権を樹立。フエは中国文化を培っていたが、途中フランスの占領下にあったことから、建築物の中にはフランス様式のものもあるらしい。一体、フエ王宮とはどんなところなのか。僕は新市街から徒歩で向かってみた。

 

 

スポンサーリンク
 

 

王宮の周辺

f:id:TommyBackpacker:20160612073537j:plain
◇最初のお堀を渡ると門が見える。なんとなくカンボジアのアンコールトムを思い出す

f:id:TommyBackpacker:20160612073742j:plain
◇門をくぐると多くの戦闘機が並んでいた。ベトナム戦争で使用されたものだろうか

f:id:TommyBackpacker:20160612073931j:plain
◇2個目のお堀が出てきた。内堀と城壁。フエ王宮は二重のお堀に囲まれている

f:id:TommyBackpacker:20160612074108j:plain
◇入場料は 150,000ドン(約720円)。年々値上がりしているみたいです

f:id:TommyBackpacker:20160612074316j:plain
◇入口にはひまわりが出迎えてくれます

おそらく阮朝王宮の王宮門は、その内部よりも一番の観光の目玉と言ってもいいかもしれない。なかなか存在感のある王宮門だが、2014年末まで大規模な修復工事をしていた模様。

f:id:TommyBackpacker:20160612074410j:plain
◇入口の向かいにはフラッグタワー。設営を見ると何かイベントがあったのでしょうか

このフラッグタワーは、建築当初は木製だったそうだ。しかし、嵐や戦争によって破壊され、現在の鉄筋コンクリート製になったとか。まあ、そうだろう。

王宮の内部へ

f:id:TommyBackpacker:20160612074752j:plain
◇中へ進むと……静かだ。ここが阮朝王宮フエを象徴する一大観光スポットなのか

お堀を渡って内部に入ったと思ったら、また水辺がある。なんかおかしいなと思いきや、王宮内には4つの川が流れているそうだ。

f:id:TommyBackpacker:20160612075015j:plain
◇この手の中国文化の建造物は屋根を見ると楽しいところがある

太和殿内部には大きな椅子があった。おそらく皇帝が座る椅子だろう。
(写真撮影不可)

f:id:TommyBackpacker:20160612075525j:plain
◇さらに内部へ進みます

f:id:TommyBackpacker:20160612075558j:plain

右廡、左廡といわれる右廡に来た。元々は武官の詰所だったそうで、現在は記念撮影所のようである。

f:id:TommyBackpacker:20160612075643j:plain
◇有料で皇帝の衣装を着て撮影ができるみたいです

f:id:TommyBackpacker:20160612075833j:plain

王宮の内部は想像していたより広大だ。そしてベトナム戦争によりその大半が大破されており、跡地のような風景が広がっている。

f:id:TommyBackpacker:20160612080234j:plain

f:id:TommyBackpacker:20160612080400j:plain

f:id:TommyBackpacker:20160612080404j:plain

約15年前に訪れた友人に聞くと、当時はただ広い王宮内といった具合だったらしいが、壁に展示物などを飾り、今は「魅せよう」としている努力が伺える。

f:id:TommyBackpacker:20160612080702j:plain
◇ネットや本でよく見かける龍が鎮座しております

f:id:TommyBackpacker:20160612080912j:plain
◇その龍が見ている先には、フラッグタワーという具合なんです 


f:id:TommyBackpacker:20160612111204j:plain
◇門をくぐると……

f:id:TommyBackpacker:20160612111224j:plain
◇柳に日本橋のような風景

f:id:TommyBackpacker:20160612111430j:plain
◇王宮内には川も流れます

スポンサーリンク
 

 

閲是堂

f:id:TommyBackpacker:20160612111615j:plain
◇閲是堂

かつて皇族だけが楽しんだといわれる劇場を復元した建物。劇場でなにを楽しんだかというと、宮廷舞踊だそうだ。そうか、宮廷舞踊の衣装や楽器はあれだったなと想い出すと、壁面に飾られた想像通りの衣装らを見ることができる。

f:id:TommyBackpacker:20160612112820j:plain
◇王宮の衣装のイメージはこれ

f:id:TommyBackpacker:20160612112825j:plain
◇楽器のイメージもこれ

f:id:TommyBackpacker:20160612112827j:plain
◇ん?これはイメージにないぞ。近くで子どもがスパイダーマンと言っているではないか

顕臨閣 

f:id:TommyBackpacker:20160612114515j:plain
◇顕臨閣(けんりんかく)入口

f:id:TommyBackpacker:20160612114629j:plain

顕臨閣に向かって中央の鼎はザーロン帝のもので、偉大さを表しているとのこと。その他左右にそれぞれの皇帝のイメージである「美徳」「輝き」「著名」「不変」「純潔」「洞察力」「富裕」「神秘性」を表す鼎が並んでいる。

また、顕臨閣の内部には歴代皇帝の廟があり、それぞれの皇帝を偲ぶ写真などが飾られていた。(写真撮影不可)

 

大砲 

f:id:TommyBackpacker:20160612115242j:plain

王宮の外へ出ると、フラッグタワーの横にある大砲の前へ来た。この大砲は4つあり、それぞれに春、夏、秋、冬の四季を表しているそうだ。

f:id:TommyBackpacker:20160612115645j:plain
◇お堀越しに見るフラッグタワーが好きだ

最後に筆者から

僕はこの手のものは嫌いではないので、約2時間半ほどかけてじっくり見学した。しかし、そこには広大な敷地ということも理由にあったが、見たいものがひとつあり探しまわったことだ。それはベトナム伝統のモザイク装飾に使用した、TOKYOの文字が入った日本の古いビール瓶だ。日本を経つ前にテレビの世界遺産番組でフエ王宮を取り上げており、そこで見た日本ビール瓶が見たくて王宮に来たようなものだったが、結局探しだすことは出来なかった。悔しい1日が過ぎた。

また、王宮そのものはベトナム戦争で破壊されたため、そのほとんどが修復されたものだ。綺麗な建築物には多少の違和感を覚えるが、城壁などに当時の面影を感じることができたのは良かったと感じた。しかし、最後にひとつ言わせてもらうと……なんだか、パッとしないというか、また来たいかと問われると首を傾げたくなるような場所だった。

フエ阮朝王宮
場所:フォーン川の北側旧市街
入場料:150,000ドン
世界遺産登録:1993年



◇フエ阮朝王宮の場所

 

▼フエの宿泊なら日本人宿のサニーAホテル(ビンジュオンホテル)

Booking.com|サニーAホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認

Agoda.com|サニーAホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

▼海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポンは「じゃらん海外」
じゃらん海外|海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポン取得

 

 

 

 

スポンサーリンク