読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


フエからホイアンへ!フーロック湾に魅せられバス移動の旅

フエ滞在:2016.05.01〜03

2泊3日のフエ滞在を終え、今日は南へ約120kmの場所に位置するホイアンへ移動する。ホイアンは街並みが世界遺産に登録されており、世界中の旅行者から人気のある街と聞く。一体どんな街なのだろうか、とても楽しみだ。

 

 

スポンサーリンク
 

 

移動手段はバス


移動手段はバスを選んだ。チケットの購入場所は、宿泊をしているサニーAホテルで手配をしてもらった。料金は6US$。乗り降り自由のオープンチケットから比べると高いのは否めないが、確実にホイアンへ運んでくれるのなら良しとした。バスの出発時間は午前と午後の2種類しかなく、僕は午前を選んだ。フエ滞在を共にした友人に見送られホテルを出発。まずはピックアップワゴン車で移動をした。

f:id:TommyBackpacker:20160618143755j:plain
◇午前8時。ピックアップのワゴン車に乗り込む

車内はほぼ満席。その殆どが欧米人だが、若い日本人の夫婦と思われる人がいる。彼らも僕と同じルートを辿るのであろうか。

f:id:TommyBackpacker:20160618145436j:plain

ワゴン車は途中とあるホテルで客をピックアップすると、15分ほどで大型バスの前に到着した。しかし、目の前のバスを見て愕然とした。てっきりスリーピングバスで移動するものだと思っていたら、普通の観光バスではないか。しかも車体はボロボロで、窓ガラスに貼られたキムトラベルという名から、韓国資本のツーリストオフィスだろう。

f:id:TommyBackpacker:20160618152039j:plain

車内のシートも古臭くてなんだか昭和の匂いがする。ホイアンまでの所要時間は約3時間。長距離ではないのが唯一の救いだ。


◇フエとホイアンの位置関係

ホテルにピックアップワゴン車が迎えに来たのが8時。その後路上に停められた大型バスに到着したのが8時19分。バスに乗車したらすぐ出発するものだと思っていたら、複数のピックアップワゴン車を待ち、出発したのは結局9時だった。バスはフエの街をあとにすると、順調に走り続ける。

 

フーロック湾で休憩

f:id:TommyBackpacker:20160618152923j:plain

10時20分。とある小さな食堂で休憩となる。食事はホイアンに着いてからと思い、ここはトイレだけを済ますことにした。さて、ここはどこなのかと思い、スマートフォンのアプリを開くとどうやらフーロックという湾のすぐ側ということが分かった。


◇バスの休憩ポイント。フーロック湾の景色が素晴らしいんです

 

f:id:TommyBackpacker:20160618154549j:plain

僕はフーロックのことを何一つ知らなかったが、近年大型リゾート開発が進んでおり、ベトナムでは初めてと言われる「アクアバンガロー」が人気らしい。湖上のホテルといったところか。それにしてもこの湾は、波が一切なく静かで穏やかな景色だ。今回のベトナム旅で一番美しい景色と言っても過言ではない。「琴の海」と呼ばれる長崎県の大村湾と似ているところもある。ホイアン行きをキャンセルし、ここに数泊滞在できたなら。終わりが決まっている旅ではそうはいかない。本来旅はもっと自由な方がいい。

スポンサーリンク
 

 

バスはホイアンへ

f:id:TommyBackpacker:20160618155431j:plain
◇バスは再び走りだす。車窓から見える海がとても綺麗なんです

f:id:TommyBackpacker:20160618155530j:plain

11時38分、バスはホイアンの前にダナンに到着した。ダナンはベトナム屈指のリゾート地。日本とダナンを結ぶ直行便も近年就航しており人気の街だ。

f:id:TommyBackpacker:20160618155742j:plain

バスは再び走りだし、ダナンの街をあとにする。車窓からはハン川に架かるロン橋、通称ドラゴンブリッジが見える。長さ666mのドラゴンの口からは、毎週末炎と水を吐き出すイベントが人気らしい。

 

ホイアンに到着

f:id:TommyBackpacker:20160618160752j:plain

12時30分、バスはホイアンへ到着した。そこはバスターミナルではなく広い更地。ツーリストバスの駐車場のようだ。バスを降りると数人のバイクタクシーが待ち構える。毎度お馴染みの光景だ。ホイアンでの宿泊先はインターネットで予約済み。ここから近いことはスマートフォンのアプリを開いて分かった。

f:id:TommyBackpacker:20160618161150j:plain
◇ホイアンの第一印象は静か。とにかく静かなんです

f:id:TommyBackpacker:20160618161322j:plain
◇バスの到着ポイントから徒歩6分。ハイバーチュン通りへ入る

 

宿泊はホップイェンホテル


ホイアンでの宿泊先は、日本人に人気があると言われている「ホップイェンホテル」にした。ここで3泊4日ののんびりとしたホイアン滞在を決め込む次第だ。

f:id:TommyBackpacker:20160618161531j:plain
◇ホップイェンホテル外観。なぜ日本人に人気なのだろうか。まだ分からない

フエからホイアンへバス移動
料金:6US$(134,000ドン)
チケット手配:サニーAホテル
バス会社:キムトラベル

 

▼ホイアンの宿泊なら日本人に人気のホテル「ホップ イェン ホテル」
Agoda.com|ホップ イェン ホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認

Hotels.com|ホップ イェン ホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

▼海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポンは「じゃらん海外」
じゃらん海外|海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポン取得

 

旅するホイアン・ダナン案内+さくっとホーチミン

旅するホイアン・ダナン案内+さくっとホーチミン

 
D21 地球の歩き方 ベトナム 2016~2017 (地球の歩き方D21)

D21 地球の歩き方 ベトナム 2016~2017 (地球の歩き方D21)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/07/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク