バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【ホーチミン】ベトナム土産はコープマートでこの2品を買えば間違いない?

ホーチミン滞在:2016.05.06〜09

旅の終盤になると、土産を購入する人も少なくない。僕は旅に出て土産を購入することはほとんどないが、今回は友人はもちろんのこと、勤め先に旅がバレてしまっていることから土産の購入へと走った。そんな土産の購入は観光客が集う市場より、地元のスーパーの方が安くて、交渉のいらない肩の荷が下りた買い物ができる。僕が目指した店は9月23日公園の西にある、ホーチミン最初の大型スーパー「コープマート」だ。

 

スポンサーリンク
 

コープマート

f:id:TommyBackpacker:20160802215151j:plain
◇コープマート外観

まず店内に入ると入口近くのカウンターへ出向く。理由は手荷物を無料で預けられるからだ。これでゆっくりと買い物を楽しむことができる。また、かばんなどを持っていると、万引きと間違えられることもあるそうで、多くの人が手荷物を預けていた。意外としっかりしているベトナムローカルスーパーのようだ。

定番!ベトナムコーヒーはチュングエンがおすすめ

f:id:TommyBackpacker:20160802215830j:plain

真っ先に向かったのは、ベトナム土産のど定番、コーヒー売り場だ。定番モノは嫌だなというひねくれ者でも、黙って購入するしかないクオリティの高さ。それがベトナムコーヒーだと思っている。そのベトナムコーヒーだが、大型スーパーだけあって種類が豊富ななか、人気のTRUNG NGUYEN(チュングエン)を選んだ。チュングエンはNo.1からNo.5までのランクがあり、No.5が一番値段も品質も高い。

僕はNo.1とNo.3を購入したが、正直どちらも美味しく、味に変わりは感じなかった。もっとも粗雑な舌をしている僕の味覚なのでアテにはしてもらいたくないが、封を開けたときと、カップに注いだときのチョコレートの様な甘い香りは格別。そして濃厚なコーヒーには病みつきになり、購入してきたコーヒーが空になると、ネットで購入をしてしまった。一体、今まで飲んできたコーヒーはなんだったのだろう。それくらい格別だった。こんなことなら大量に購入してくればよかった。後悔先に立たず。というのも、コープマートの1袋の価格は約250円。それが日本で購入すると、約1,500円もするのだ。これには思わず目眩を覚えた。

・TRUNG NGUYEN No.1  1袋54,200ドン(約250円)
 

 

即席麺ならエースコックでしょ?

f:id:TommyBackpacker:20160802221939j:plain

もう一品は、即席麺だ。その平均価格は1袋3,000ドン。日本円で約14円程度だから、多方面に配るのに適している。だが、コーヒー同様その種類は豊富で、何を選んでいいか迷ってしまう。

f:id:TommyBackpacker:20160802224608j:plain

そこで僕が選んだのは、日本でお馴染みエースコック社の品だ。ベトナムに来て日本企業と思うかもしれないが、エースコックは1995年からベトナムで即席麺の生産と販売を開始し、年間30億食近い販売実績をもつ、ベトナム国内即席麺シェアNo.1企業なのだ。だから、エースコックといえどもベトナムでしか買えない即席麺が多くあり、そのなかでもベトナムならやはりフォーがいいかと思う。

また、ベトナムの即席麺のいいところは、鍋で調理をすることなく、丼にお湯を注いで食べることができる即席麺が多いところだ。日本ではチキンラーメンと同じ調理方法だろう。これには調理する面倒も省けて、まさに配るのに向いている品といえる。自分で食べた感想は、さすがに本場のフォーを味わったばかりでそれには劣るが、スープはライムが効いていて美味しく味わえた。

・即席麺の平均価格 1袋3,000ドン(約14円)

f:id:TommyBackpacker:20160802230158j:plain
◇袋に書かれた調理方法。お湯を注いで3分なのか?

 

f:id:TommyBackpacker:20160802225104j:plain
◇ベトナム特有のスパイシーな味わいが楽しめました

 

エースコック Pho・ccori気分 鶏だしフォー(袋) 50g×10個

エースコック Pho・ccori気分 鶏だしフォー(袋) 50g×10個

 

 

スポンサーリンク
 

万能薬!タイガーバームは喜ばれるか?

f:id:TommyBackpacker:20160803000225j:plain


上記で挙げた2品を中心にしたベトナム土産だったが、番外編でタイガーバームはアリなんじゃないかと思っている。タイガーバームを知らない人のためにおさらいをしておきたい。タイガーバームとはシンガポールで製造・販売されている軟膏剤で、蚊や虫などに刺された痒みや肩こりに効く薬だ。そのタイガーバームの恩恵を受けたのが、今回のベトナム旅だった。それはとある宿に宿泊したときだった。薄暗い部屋のベッドが原因だったと思うが、両足をダニにくわれてしまったのだ。その足には赤い点々がつき、痒みの症状が出た。そんなときに購入したのがタイガーバームだった。

そのタイガーバームを足に塗ると痒みは軽減。赤みも塗り始めてから3日後には消えた。痒みが抑えられたのは、成分のメントールやミント油が効いていたと思われる。蓋を開けたときの鼻につく匂いが不快だったが、慣れるとミントのスースーとした匂いに落ち着くようになったのを覚えている。

そんなタイガーバームだが、日本では医薬品メーカーの龍角散が輸入・販売代理店となっていたが、2015年に他社へ販売が継承されてしまったのだ。しかし継承されたものの販売は未だされておらず、日本では現在入手困難な状態だ。

f:id:TommyBackpacker:20160803000511j:plain
◇タイガーバームの赤。白もあるみたいです


ということは、タイガーバームを土産に贈れば、喜ばれるんじゃないかと思うがどうだろうか。日本で買えば1,200円から2,000円近くする薬だが、僕が買った街角の商店では1個80,000ドン、約360円で購入ができた。また、ベトナムではタイガーバームの販売がお盛んで、行商の女性までもお土産用として販売しているのを見かけた。そんな行商から、宿で知り合った日本人はなぜか10個も購入していた。いや、あれは買わされたというのか……。

・タイガーバームの赤 街角の商店で80,000ドン(約360円)

なにはともあれ、僕流のベトナム土産は、本命・チュングエンのコーヒー。対抗・エースコックの即席麺。穴でタイガーバームといった具合である。ん〜、興味のある人だけ、そっと参考にして欲しい。

 

コープマート
住所:54, 189A Cống Quỳnh, Nguyễn Cư Trinh, Hồ Chí Minh, ベトナム 
営業時間:不明。おそらく8:00くらいから22:00まで



◇コープマートの場所

▼ホーチミンの宿泊なら人気のホステル「エコ バックパッカーズ ホステル」

Booking.com|エコ バックパッカーズ ホステル|宿泊予約・レビュー・空室確認


▼海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポンは「じゃらん海外」
じゃらん海外|海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポン取得

 

 

 

 

  

スポンサーリンク