読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【ルアンパバーン】米オバマ前大統領も見学したワットシェントーンは美しさで見どころ一杯でした

f:id:TommyBackpacker:20170205114732j:plain

ルアンパバーン滞在中には、街の北東に位置するワットシェントーンを見に行った。ワットシェントーンは世界遺産の街、ルアンパバーンを象徴する寺院と言われている。建立は1560年で、ラオスにかつて存在していたラーンサーン王国の16代目の王、セーターティラート王によるもの。その姿はラオスのすべての寺院のなかで、最高の美しさを誇ると言われている。

 

スポンサーリンク
 

特徴的な屋根

f:id:TommyBackpacker:20170205115450j:plain

その美しさの象徴は、何と言っても大胆に湾曲した屋根だろう。このような湾曲した屋根を「ルアンパバーン様式」というスタイルだそうで、東側に向かって3段、西側には1段の屋根が折り重なって構成されている。これ、なぜ東西で段が違うのか気になるところだが、太陽と関係しているのか、それとも繊細なデザインによるものなのかが分からない。

f:id:TommyBackpacker:20170205154226j:plain

黒い壁面

f:id:TommyBackpacker:20170205120421j:plain


本堂の壁面の色は黒で塗られ、そこに金色で描かれた人や動物が描かれていた。きっとラオス伝説上の動物だろうか。金色の輝きと黒の締りが気持ち良い。

f:id:TommyBackpacker:20170205115839j:plain
◇細かく描かれた装飾は見応えがあるんです

モザイク壁画のマイトーン

f:id:TommyBackpacker:20170205151844j:plain

本堂の背面を見ると、モザイク壁画の「マイトーン」が描かれていた。マイトーンとは、黄金の木の意味。1960年代に地元の職人たちの手によって制作されたそうで、これが何とも言えない美しさがある。ワットシェントーンで僕が一番気に入った場所だった。

f:id:TommyBackpacker:20170205152343j:plain

僕は近い将来、自宅の内壁の一部を、モザイク壁画にしたい願望があり、近年の東南アジア各国の寺院のなかで、ワットシェントーンのモザイク壁画が一番参考になった。

f:id:TommyBackpacker:20170205152713j:plain

モザイク壁画がは本堂に隣接する祠の立像堂にもあり、色とりどりのガラス装飾が施されているのは一緒。ほんとに美しいというか、かわいいというか、見ていて飽きない。

f:id:TommyBackpacker:20170205152935j:plain
◇人と人の間を泳ぐカメ。カメは神話に必ず登場する

本堂の内部

f:id:TommyBackpacker:20170205153131j:plain

本堂の内部に入る前に、眩しいくらいのキンキラの入口に思わず目がいってしまう。これはもう宝石箱のようである。

f:id:TommyBackpacker:20170205154031j:plain

そのキンキラの入口を一歩ひいて見ると、奥に仏の姿があり、うまく出来ているなと感心させられる。

f:id:TommyBackpacker:20170205120626j:plain

キンキラの入口を抜けると、内部はシックな雰囲気が漂っている。正面の仏はシュッとした細身の体型。この仏の体型と表情の違いを見るのも、東南アジア各国の寺院巡りの楽しみのひとつである。

f:id:TommyBackpacker:20170205153626j:plain
◇見守ってくださっております。ルアンパバーンにご挨拶しました

f:id:TommyBackpacker:20170205153732j:plain
◇銅鑼の音を聞くことはできませんでした

スポンサーリンク
 

霊柩車庫

f:id:TommyBackpacker:20170205154333j:plain

さて、本堂も良かったが、1960年に行われたシーサワーンウォン王の葬儀で使われた霊柩車が納められている「霊柩車庫」も必見と耳にする。昨年(2016年)アメリカのオバマ前大統領がワットシェントーンに訪れた際、その霊柩車を絶賛されていたそうだ。

f:id:TommyBackpacker:20170205154833j:plain

その霊柩車だが、1960年でしょ?王様でしょ?と頭の中で想像して入ってみたが、ちょっと想像していたよりスケールの大きさに驚いた。おそらく中央に王様の遺体が安置され、その周りを迫力のある龍が囲む造りになっていた。

f:id:TommyBackpacker:20170205155343j:plain
◇大きすぎて全景をカメラに収めるのは無理でした

f:id:TommyBackpacker:20170205155445j:plain
◇ズバリ、格好いいです

f:id:TommyBackpacker:20170205155618j:plain

霊柩車の裏には無数の仏像が並んでいたが、ここの景色も見たかった場所だ。それは、ワットシェントーンへ訪れた米オバマ前大統領の写真がここで撮られ、全世界へ発信された場所だからだ。ふむふむ、間違いない。

f:id:TommyBackpacker:20170205155848j:plain
◇霊柩車庫内で笑顔の米オバマ前大統領(2016年) 画像:ロイターより

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20170205160316j:plain

アジアの寺院巡り。特段寺院に興味はなく、そこに旅慣れの要因が入ると、暇だから行ってみるかという思いになる。仕方のないことだと思う。しかし今回訪れたワットシェントーンは、暇だからというより、ぜひ行ってみなきゃと思わせる部類の寺院だと思う。 それくらい見どころがあり、目と脳と感性を刺激してくれた寺院だった。

ワットシェントーン
時間:7:00〜18:00
入場料:20,000キープ(約275円)

 


◇ワットシェントーンの場所


▼ルアンパバーンで宿泊は「ノックノイレネクシンゲストハウス」詳細は下記から!

Hotels.com|ノックノイレネクシンゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

Agoda.com|ノックノイレネクシンゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

 
ジジ&ババのこれぞ!世界旅の極意―ラオスには何もかもがそろっていますよ

ジジ&ババのこれぞ!世界旅の極意―ラオスには何もかもがそろっていますよ

 

 

スポンサーリンク