バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


タイエアアジアX|XJ606便でバンコクから成田へ!ドンムアンで搭乗の変更点と機内食などの楽しみ方

f:id:TommyBackpacker:20170215090053j:plain

タイ・バンコクから東京への帰国便は、タイエアアジアXに搭乗した。僕がタイから帰国する際に、よく選択する航空会社だ。飛行場はスワンナプームではなく、LCC専用のドンムアン空港で、バンコクの中心部からタクシーで30分ほどの位置にあり、便利で好きな空港のひとつである。そして搭乗した便は10時45分発のXJ606便。これも僕が最も利用する便だったが、ちょっと変わった点があったので、今回はその様子をお届けしたい。

 

スポンサーリンク
 

エアアジアチェックインカウンター

f:id:TommyBackpacker:20170215070434j:plain

エアアジアのチェックインカウンターは4番。プミポン国王が逝去された際は、液晶モニターがすべて白黒だったのが印象的だったが、あれから1ヶ月以上が経った今、元の光景に戻っていた。これもまた印象的な光景となった。

印刷した搭乗券

f:id:TommyBackpacker:20170215071904j:plain

バンコク・ドンムアン空港からの出国は、WEBでチェックインをすれば、印刷した搭乗券で手荷物検査からイミグレーション、搭乗とすべての工程を進めることができるのが、ドンムアン空港のいいところだ(スワンナプーム空港で体験したことはない)。

f:id:TommyBackpacker:20170215073303j:plain
◇手荷物預けが無ければ、さっさと出国できます

パスポートと搭乗券のチェックが減った

f:id:TommyBackpacker:20170215073433j:plain

XJ606便の搭乗ゲートは15番。今回はちょっと変わった点があった。それは通路から階段を降りると、パスポートと搭乗券のチェックがあり、搭乗まで待機することになる。ここまでは過去と同じだったが、搭乗時にもう1回あったパスポートと搭乗券のチェックが無くなっていたのだ。それに伴い、席番号で別けた搭乗方法も無くなっていた。これには動線が綺麗に確保されて、スムーズな搭乗になったなと感じた。だが、席番号で分けていないため、これはこれで機内の通路が渋滞する結果に見えた。

f:id:TommyBackpacker:20170215075726j:plain
◇タイエアアジアX 「XJ606便」

機内の様子

f:id:TommyBackpacker:20170215074354j:plain

機材はエアバスA330、中短距離路線の大型旅客機だ。よって搭乗開始時刻は出発の1時間前で、9時45分の搭乗開始となる。

f:id:TommyBackpacker:20170215074636j:plain

シートは一部を覗いて、3−3−3の配列。シートの座り心地やシート間の広さは相変わらずだが、このシートの良いところが一点ある。

調整できるヘッドレスト

f:id:TommyBackpacker:20170215075310j:plain

それはヘッドレストだ。ヘッドレストは自分の頭の位置に合うように高さを調整できるうえ、左右を内側に曲げることができる。これによって頭と首を包み込むようにフィットすることができ、楽な姿勢を保つことができる。飛行時間は約6時間。このヘッドレストの存在を知らない人が多いような気がする。

スポンサーリンク
 

機内食と新メニュー

f:id:TommyBackpacker:20170215080105j:plain

今回はWEBで予約購入していなかった機内食を、現金で購入した。支払いはタイバーツだが、日本円で支払うとお釣りはタイバーツになる。さて、注文したのは「チキンジンジャーライス」で、甘い照り焼きソースが特徴的で美味しく頂けた一品だった。

・チキンジンジャーライス:210バーツ

 

f:id:TommyBackpacker:20170215083318j:plain

機内食は新メニューがあった。グリルチキンにブラウンオニオンソースがかかった料理(左)と、魚のフライに四川風ソースがかかった中国南西部の料理(右)だ。いずれもドリンクがセットで250バーツとなっていた。

機内の楽しみ方

f:id:TommyBackpacker:20170215080834j:plain

さて、LCCにはエンターテイメントの要素は一切なく、液晶モニターで映画などを楽しむ事はできない。バンコクから東京までの飛行時間は約6時間。ただ寝るだけの時間は勿体無いうえ退屈だ。そこで僕が選んでいるのは、スマートフォンで動画を楽しむことだ。amazonプライムでダウンロードした動画はオフラインで視聴が可能。僕は往路と復路で、必ず2本の動画を渡航前にダウンロードしている。これでエンターテイメント性がないLCCでもへっちゃら。とっても便利なのでおすすめしたい。

 

成田空港へ定刻に到着

f:id:TommyBackpacker:20170215082447j:plain

窓から見えた景色が綺麗だった。僕は旅先で見る夕景が好きだが、機内から見る夕景もまた格別だ。

f:id:TommyBackpacker:20170215082637j:plain

XJ606便は定刻通りに約6時間後に成田空港に着陸した。バンコクで見た景色は朝だったが、成田は19時。1日がかりの移動だった。また、エアアジアはLCCだが、LCC専用ターミナルの「第3」ではなく、「第2」になる。

最後に筆者から

f:id:TommyBackpacker:20170215083858j:plain

最後にタイエアアジアXのエアバスA330に幾度か搭乗した経験として注意したい点がひとつある。それは、シートによってリクライニングが倒せないシートがあるのだ。それは、33番の左右のゾーンと、51番の真ん中のゾーンだ。理由は簡単で後ろに壁がある為で、僕はWEBで購入する際、最初からシート指定はせず、チェックイン時にこれを注意しながら、気に入らなければ追加料金を支払ってシート変更をしている。

また、本来追加料金を支払わないと座ることができない前方のクワイエットゾーンが最初から指定されていることもあり、これにはラッキーと思うが、よく分からないこともあるのがエアアジアである。

航空会社:タイエアアジアX
購入時期:
2016年8月
搭乗時期:2017年1月
路線:バンコク/ドンムアン→東京/成田 片道
購入金額:19,225円 諸税込み
 

▼バンコクの素敵なゲストハウスは「モウイーロッジホステル」

Hotels.com|モウィーロッジ ホステル|宿泊予約・レビュー・空室確認

Booking.com|モウィーロッジ ホステル|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

 

スポンサーリンク