読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【熱海】ギター片手に「男の料理 居酒屋 錦」で満面の笑みと涙がホロリ

f:id:TommyBackpacker:20161122190032j:plain


熱海でどうしても行ってみたい居酒屋があった。店の名は「男の料理 居酒屋 錦」だ。ネットの口コミを見ると、こぞってマスターの人柄がよいという文字が液晶画面を踊る。店名の「男の……」から想像すると、厳格で目に見えない暗黙のルールが細かくあり、初めて足を踏み入れるには、くぐる暖簾が少々重たい気がした。しかし一度決めた心は揺るがない。勇気を出して暖簾をくぐると……。笑顔と思わず涙が溢れた夜となってしまった。

 

スポンサーリンク
 

場所

f:id:TommyBackpacker:20161122185346j:plain

「錦」の場所は、熱海駅から徒歩15分。宿泊したゲストハウスマルヤからは、徒歩3分の場所にあった。この地域は元々遊郭の一帯で、熱海のなかで一番賑わいを見せる繁華街だ。

ビールとお通し

f:id:TommyBackpacker:20161122195809j:plain

訪れた時間帯は土曜の21時過ぎだった。実は20時頃店内を覗くとカウンターは満席。座敷は空いていたものの、一見には敷居が高く、他で食事を済ますと再び訪れた。すると前客は帰ったらしく、空いてるカウンターの席に座ることができたのだった。食後で腹は満たされていたものの、冷たい生ビールで喉を潤す。お通しはなめ茸が乗った冷奴が出てきた。なめ茸の塩分が冷えたビールのアテにちょうどいい。

料理

料理は「まぐろのぬた」を頼んだ。食後に訪れたお腹には、このくらいがちょうど良かった。そして僕はぬたが好きだった。ネギぬたや貝のぬたなどは、居酒屋に入ると必ずと言っていいほど注文する料理だった。それが熱海となると、やはり海鮮どころのまぐろがしっくりときた。

f:id:TommyBackpacker:20161122201536j:plain
◇ビールのアテにピッタシなまぐろのぬた。ハイ、おいしいです


他にもメニューを見てみる。すると、お腹が空いていればな……と思わすメニューが並ぶ。それは、価格帯にあった。店の触れ込みにもあったが、ほとんどのメニューが500円のワンコイン内で食べられることだった。男の料理錦は、財布に優しい居酒屋だった。

色んな客層

f:id:TommyBackpacker:20161122202734j:plain

僕が食後に訪れ、料理をほとんど注文しなかった理由もあるが、この店は料理よりも客層に目がいってしまった。観光客、地元の人、息子に紹介されてきたお母さん、昨日初めて来た客の再訪など、色んな客が絶えない。そしてどの客に対してもブレないマスターの接客。それは男の……から想像する厳格なイメージとは真逆の、笑顔で冗談が絶えない距離感の近い接客だった。

スポンサーリンク
 

マスターのギターで歌う夜

f:id:TommyBackpacker:20161122203454j:plain

酒がすすむと、カウンターの上に置かれた1枚の紙に目がいった。

「マスター、この歌詞みたいのなんですか?」
「じゃあ、やってみる?」

そう話すと、マスターは得意のギターを片手に歌いだした。

錦集う友の歌に疲れ忘れて宴に酔えば
笑いころげて涙はらはら
夢のなる木に花が咲く


ミディアムテンポの心が和む曲は、常連さんが作った詞に、マスターが曲をつけた作品で、店のテーマ曲だった。

「イェーイ!!!!」

良かった。ほんとに良かった。僕は錦に入れたこともそうだが、ネットの情報で仕入れた得意と言われるマスターのギターと歌が聞きたかったのも、この店に来たかった理由のひとつだった。

f:id:TommyBackpacker:20161122204607j:plain

だが、歌はこれで終わらなかった。間髪をいれずギターの音色が溢れると、カウンターの中にいた女将さんが突然歌い出した。

出会った頃の二人に
も一度戻ってみよう
そして二人で手をつなぎ
しあわせになろうよ


静まり返った店内に女将さんの声が響き渡った。曲は長渕剛の「しあわせになろうよ」。これはズルい。女将さんが突然歌い出すとは思いもよらなかった。しかも歌詞が「出会った頃の二人に……」なんて、夫婦仲の良さを表すような歌詞をメロディに乗せて、堂々と歌い出すなんてズルいじゃないか。そんな愛情溢れた演出を見せられ、なぜか僕は思わず涙が溢れてしまった。

f:id:TommyBackpacker:20161122212653j:plain


料理は食べていないが、ビールは沢山飲んだ。涙は酔った酒のせいか。いや、違う。たった数時間の滞在だったが、僕は評判通りのマスターの人柄に涙してしまったんだ。明るくて、冗談が好きなマスター。その一方で、さりげない心遣いを見せる一面もある。周年パーティーのこと、店を開くきっかけのこと、人との付き合い方、昔やっていた野球のこと、色々話しを伺っていると、マスターには失礼かもしれないが、僕と少し似ている部分を感じて親近感が沸いた。

f:id:TommyBackpacker:20161122210118j:plain


そんなマスターは60代で名前はジョージさん。以前は米屋をやっていたが、その昔店を開くにあたって女将さんは反対されたそうだ。

「米屋やって年金貰ってれば経済的には安心だけど、つまらなかったと思う。今、物凄く楽しいもん」

笑顔で話す言葉が印象的だった。そしてしみじみと僕に語りかける。

「ほんと、お客さんに恵まれている。お客さんのおかげで僕はやってられる」

錦のファンはもの凄く多い。それはホテルで開催された周年記念パーティーの動画を見せてもらって分かった。地元の人はもとより、東京をはじめ、遠方から錦を目当てに訪れる人が多いのだ。そうだよな、飲食店ってそうだよな。近くても嫌な店なら行かないし、好きなら遠くたって足を運ぶもんな。そんな事を改めて考えさせられた夜だった。

最後に筆者から

「男の料理……」その店名から一瞬腰がひける思いもあったが、一歩足を踏み入れるとマスターの対応に、その不安は吹き飛んだ。一見さんでも常連のように対応をしてくれ、冗談を連発。また、得意のギターを片手に、熱海の静かな夜に響き渡った音色。そして時折見せる真面目な話し。マスターと会話をしていると、とっても楽しいのだ。

そんな楽しさから滞在時間は3時間。その割には料理が全く出てこない記事になってしまい、飲食店記事としてはダメダメな感じは承知しているが、取り急ぎマスターの人柄に惚れたのと、追記の続編をお約束して、この記事は一旦締めさせていただきたいと思う。あぁ、熱海って楽しいな。

男の料理 居酒屋 錦
住所:熱海市中央5-2
TEL:0557-82-2491
営業時間:17時〜0時
定休日:木曜日

 


◇錦の場所とゲストハウスマルヤとの位置関係


熱海のゲストハウスなら「ゲストハウスマルヤ」がおすすめ!詳細は下記よりどうぞ
Hotels.com|ゲストハウス マルヤ|宿泊予約・レビュー・空室確認

Booking.com|ゲストハウス マルヤ|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

るるぶ箱根 熱海 湯河原 小田原(2016年版) (るるぶ情報版(国内))

るるぶ箱根 熱海 湯河原 小田原(2016年版) (るるぶ情報版(国内))

 

 

男めし入門 60からの手習い (講談社のお料理BOOK)

男めし入門 60からの手習い (講談社のお料理BOOK)

 

 

スポンサーリンク