バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【バンコク】ラチャテウィーの綺麗で安価なドミトリーはBED ONE BLOCK HOSTELで決まり!

f:id:TommyBackpacker:20171007111239j:plain


僕がバンコク滞在時に決まって訪れるラチャテウィーの街。今回のタイ旅行でもラチャテウィーに滞在し、オープンして間もないゲストハウスに宿泊をしました。

ゲストハウス名は「BED ONE BLOCK」

交通量の多いパヤタイ通りのすぐ目の前にもかかわらず、建物内は静かで、とてもゆっくりと過ごすことができました。これでラチャテウィーにお気に入りのゲストハウスがまたひとつ増えました。今回はそんなBED ONE BLOCKの紹介です。

 

スポンサーリンク
 

 

 外観&場所

f:id:TommyBackpacker:20171002152050j:plain

BTSのラチャテウィー駅を降りて徒歩1分。交通量の多いパヤタイ通りからほんの少し通りに入った場所に、白い外観が特徴的のゲストハウスがありました。間口が狭くて奥に広い、いわゆるウナギの寝床タイプ。奥と縦に細長いビルです。


◇BED ONE BLOCKの位置関係

 

f:id:TommyBackpacker:20171002152433j:plain

入口はカードキーで開けるシステムでしたが昼間は解除されており、普通に扉を空けて入りました。

f:id:TommyBackpacker:20171002152553j:plain

僕はAgodaで事前に予約をしてから伺ったので、名前を伝え、パスポートを提示、デポジットの100バーツを支払えばチェックイン。カードキーを渡され、上階へ上がります。バウチャーの提示はありません。ちなみに提示された部屋は5階で、エレベーターはありません。トホホ……。

室内

f:id:TommyBackpacker:20171002164444j:plain

予約した部屋は8人部屋のドミトリールーム。上下にひとつずつのベッドが4つ並ぶ部屋でした。

f:id:TommyBackpacker:20171002165111j:plain

部屋の入口は玄関同様にカードキーで出入りするシステムで、セキュリティも万全のようです。

f:id:TommyBackpacker:20171002165229j:plain

最近のゲストハウスのドミトリーで多く見かける、半個室タイプのドミトリーになります。カーテンを閉めればプライバシーが守られて、ホッと一息つけるところが良いんです。

f:id:TommyBackpacker:20171002165434j:plain

窓際にはソファがあります。ドミトリールーム内に寛げる空間があると、客同士で夜中のお喋りが気になるので、ここはマイナス点と思いました。ただ、僕の滞在中はそんなことはありませんでしたが、こればっかりは泊まってみないと分かりませんからね。

f:id:TommyBackpacker:20171002165703j:plain

そしてソファの前にはロッカーがあります。鍵は付いていないので、持参した南京錠でロックします。このシステムはアジアの旅で当たり前の側面があるので、初心者の旅行者はひとつ持っていると便利ですよ。

f:id:TommyBackpacker:20171002165929j:plain
◇窓からはラチャテウィーの街並みが見えます。うん、アジアだ!

シャワー&トイレ

f:id:TommyBackpacker:20171002170038j:plain

シャワーとトイレは各階にありますが、各独立しているフロアもあれば、シャワーとトイレが同室のフロアもありました。宿泊しているフロアに関係なく、どこのシャワー&トイレを使用してもいいそうです。

f:id:TommyBackpacker:20171002170409j:plain
◇大小がひとつずつの便器。シャンプー&ボディシャンプーも備え付けでホットシャワー。昔のタイしか知らない人は腰を抜かす?

スポンサーリンク
 

その他

f:id:TommyBackpacker:20171002170624j:plain

コイン式の洗濯機も完備してます。これで長期滞在も安心?

f:id:TommyBackpacker:20171002170827j:plain

わざわざ外に出なくても、喫煙所があります。しかし屋根がない為、雨が降ったら濡れる覚悟で煙草を吸いましょう。

朝食

f:id:TommyBackpacker:20171004232546j:plain

今回宿泊したBED ONE BLOCK HOSTELでは、簡単な朝食がついてきました。食事は1階のキッチンで摂ります。

 

f:id:TommyBackpacker:20171007101138j:plain
f:id:TommyBackpacker:20171007095704j:plain


メニューは新鮮なサラダと食パンだけですが、旅行中は野菜の摂取が少なくなるので、嬉しいものでした。ドリンクはコーヒーやお茶類が飲み放題です。

宿の周辺

f:id:TommyBackpacker:20171007100151j:plain

バンコクを旅する旅行者には、あまり知られていないラチャテウィーですが、スワンナプーム空港の玄関口、パヤタイのひとつ隣の駅で、巨大ショッピングモールのMBK、ファッションタウンのサイアムも徒歩圏内と、交通の便がとても良いんです。その上物価も安く、安価な屋台、お洒落なレストランも揃っています。また、ドンムアン空港にも近く、タクシーで約30分、料金は200バーツで少しお釣りがくる程度です。交通費を少しでも抑えたい人は、BTSモーチット駅まで行き、A1バスでドンムアン空港へ向かえば節約になります。


最後に筆者から

f:id:TommyBackpacker:20171007101354j:plain

ここ数年でゲストハウスが急激に増えたラチャテウィーの街。その影響で外国人旅行者の姿も増えてきました。これだけゲストハウスが増えたということは、この街に需要があるということです。ゲストハウスで知り合った台湾人も、この街はアクセスが良くてベリーチープだと喜んでいました。ただ、まだまだ日本人の姿を目にすることは多くありません。たまにはスクンビットやトンローを離れて、ラチャテウィーに滞在してみてはいかがでしょうか?

 

BED ONE BLOCK HOSTEL

住所:486/125 Phayathai Rd, Khwaeng Thanon Phetchaburi, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
料金:102.66バーツ(2,225円)/1泊、もう少し安価な部屋も有、予約サイトで事前予約で支払いはクレジットカード
設備:FreeWi-Fi、カードキー、エアコン、トイレ&シャワー(湯温&水圧良好)、シャンプー&ボディシャンプー、ドライヤー、綿棒、朝食無料、ドリンク類フリー
その他:デポジット100バーツ、大通りに近いが静か、スタッフの感じが良い
(2017年9月滞在) 

Agoda.com|BED ONE BLOCK HOSTEL|宿泊予約・レビュー・空室確認

Booking.com|BED ONE BLOCK HOSTEL|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

*ラチャテウィーにある他のゲストハウス特集はこちらからどうぞ

 

 

スポンサーリンク