読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


香港安宿の聖地!裸の女性が出迎える重慶大厦のカマルデラックスホテル宿泊記'16

香港 ゲストハウス

f:id:TommyBackpacker:20161104141348j:plain

この旅2度目の香港滞在は、安宿の聖地「重慶大厦(チョンキンマンション)」内の5階にある「カマルデラックスホテル」に宿泊した。僕は重慶大厦での滞在の目安として、1泊2,000円が部屋の質と料金のバランスをとるには丁度いいと思っている。もちろんそれ以上の料金となると、質はあがるが、それなら尖沙咀(チムサーチョイ)の別のゲストハウスでいいかとなるし、それ以下の料金を求めるなら重慶大厦の上階に行けば良い。しかし、その質はというと肩を落としてしまうような噂を耳にする。今回は人におすすめできるレベルの「カマルデラックスホテル」宿泊記をお届けしたい。

 

スポンサーリンク
 

重慶大厦とは?

f:id:TommyBackpacker:20161104142526j:plain

香港を旅するバックパッカーが目指す安宿といえば、「重慶大厦」という話しは、もう昔の事と言っていいのかもしれない。僕より若い旅好きの友人に重慶大厦に泊まった話しをすると、決まって驚かれる。

「いや〜、無理っす。あんな不潔そうなところ」

その受け答えは、決まってこんな感じだった。じゃあ、実際に重慶大厦に泊まったことはあるのか問いてみると、泊まったことはないと答える。僕から言わせれば食わず嫌いならぬ、泊まらず嫌いのような気がしてならない。重慶大厦の怪しい雰囲気から想像するとその発想も頷けるが、部屋の内部に一歩足を踏み入れれば、それなりに快適なことを分かってほしいと思うが、人の心を動かすのはたかが宿でも難しい。

カマルデラックスホテル

f:id:TommyBackpacker:20161104143601j:plain

宿泊した「カマルデラックスホテル」は重慶大厦のB座の5階に受付がある。訪れた時間は夜の7時半過ぎ。僕はいつものように入口のインターホンを鳴らすが、中からスタッフは出て来ないうえ、応答もない。これは参ったなと何度もインターホンを鳴らした。すると、4度目くらいのチャイムでようやくスタッフの女性が扉を開けてくれた。

しかし、その姿を見て僕は驚いてしまった。なんと女性は裸にバスタオルを巻いたセクシーな姿だったのだ。事情を聞いてみると、シャワーを浴びていたそうだが、そこに住んでいるのかと思わずツッコんでしまった。気がつけば幾つものゲストハウスにチェックインをしてきたが、裸の女性に出迎えられたのは初めての経験だった。

気になる部屋は?

f:id:TommyBackpacker:20161104144350j:plain

通された部屋は受付フロアとは別の階だった。カードキーで重厚な扉を開けると、マットレスが無造作に並ぶ乱雑な廊下が見えた。ここは重慶大厦。これくらいで驚いていてはならない。さらにカードキーで自分の部屋に入る。

f:id:TommyBackpacker:20161104144622j:plain
◇カードキーによる二重ロック体制。重慶大厦の防犯は良いんです

f:id:TommyBackpacker:20161104144741j:plain

さて、いざ部屋の内部に入ると目の前にはベッドがある。広さは4畳半もないような体感だ。正直重慶大厦以外ならありえない宿と思うが、重慶大厦ならなぜか許されて、難なく受け入れられるから不思議なものである。

f:id:TommyBackpacker:20161104145054j:plain

部屋は窓枠タイプだが、一応エアコン完備で、セキュリティボックスも備え付けである。そして、重慶大厦には珍しい窓があるのも見逃せない。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20161104145304j:plain

しかしその窓から見える景色は、配管むき出しの廃墟のようで、油の匂いがツーンと鼻につく。ここは重慶大厦。決して百万ドルの夜景を想像してはいけない。

f:id:TommyBackpacker:20161104145449j:plain

廊下の扉を開けて右手がベッドなら、正面はトイレ&シャワールームがある。その距離は歩いて1歩。たとえ酔ってでも床を這わなくて良い距離でありがたい。

f:id:TommyBackpacker:20161104145624j:plain
◇安宿の重慶大厦だってシャンプーや歯磨きセットくらいあるんです

f:id:TommyBackpacker:20161104145740j:plain
◇ベッドに寝転べば、洋風な天井に気分があがります

最後に筆者から

f:id:TommyBackpacker:20161104145940j:plain

白いタイルが清潔感を出しているカマルデラックスホテル。その1泊の料金は税・サービス料込みで2,561円。目安にしている2,000円を超えてしまったが、ここはじゃらん海外の1,000円以上の予約で500円のクーポンを利用して2,061円で宿泊することができた(予約した8月時点での特典)。海外の宿泊予約サイトというと、Booking.comやAgoda.comを想像してしまうが、日本のじゃらん海外も選択のひとつに入れておくと、オトクな旅ができるのである。

さて、カマルデラックスホテルのレビューだが、何ら問題のない重慶大厦特有の宿だった。翌日深夜便で帰国するため、荷物は無料で預かって貰え、裸で登場するユニークな女性スタッフには、最後の最後でまた笑わせてもらった。

「今度会ったら結婚しよう」
「いいわよ。その代わり予約サイトでレビューを最高に書いてね」

抜け目のない女性スタッフだった。

カマルデラックスホテル
住所:B8, B Block, 5/Floor, Chung King Mansions, 36-44 Nathan Road, 尖沙咀, 香港
料金:2,561円/1泊(個室)
設備:FreeWi-Fi、カードキー、エアコン、ファン、冷蔵庫、シャワー&トイレ室内(湯温良好、水圧並)、トイレットペーパー、シャンプー&ボディシャンプー、歯磨きセット、テレビ、セキュリティボックス、タオルなし、コンセントBFタイプで注意、デポジット100HKD有り
(宿泊時期:2016年9月)
Booking.com|カマルデラックスホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認 Agoda.com|カマルデラックスホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

じゃらん海外|海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポン取得


◇重慶大厦の場所。最寄りは空港からA21のバスに乗り、No.14の中間道で下車 

 

D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2016~2017

D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2016~2017

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
anan (アンアン) 2016年 9月7日号 No.2018 [雑誌]

anan (アンアン) 2016年 9月7日号 No.2018 [雑誌]

 

 

スポンサーリンク