バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【バンコク】エカマイとサメット島の玄関口バンペー港を結ぶ移動方法は大型バスとロットゥーのどっちがいいの?

f:id:TommyBackpacker:20161203190704j:plain

2016年11月上旬、僕はタイのサメット島へ訪れた。出発地はバンコク。移動手段はのエカマイの東バスターミナルからバスを選択した。しかし、バスの種類は大型バスと乗り合いのミニバス、いわゆるロットゥーの2択ある。それまで戦勝記念塔にあったタイ各地と結ぶロットゥー乗り場が、エカマイに移動してきたからだ。これはどちらがいいか選択に悩む。そこで今回、行きはロットゥー、帰りは大型バスを選択し、どちらがいいか乗り比べてみた。

 

スポンサーリンク
 

エカマイからバンペー港へ 



東バスターミナルの場所は、BTSエカマイ駅を降りたらすぐ目の前。スクンビット通りをトンロー駅方面に歩くこと1分ほどで着く。こんなに立地のいいバスターミナルは、東南アジア屈指と言ってもいいかもしれない。

チケットの購入

f:id:TommyBackpacker:20161203191743j:plain

スクンビット通りを背にバスターミナル正面から入り、左手のカウンターが大型バスのチケット売り場で、奥の正面にロットゥーのチケット売り場がある。

大型バス

f:id:TommyBackpacker:20161203191933j:plain
◇大型バスのチケットカウンター

f:id:TommyBackpacker:20161204000714j:plain

大型バスの運賃は、サメット島へ渡る港、バンペーまで155バーツ。日本円にして約490円。リゾート地に向かう交通費としては安くて有り難い。

ロットゥー

f:id:TommyBackpacker:20161204000901j:plain

一方、ロットゥーの運賃は200バーツ。日本円で約630円だから、乗り合いのミニバスの方が高い。普通の感覚でいけば、大型バスの方が高い印象があるが、小回りの利くロットゥーの方が早く着くだろうと、行きはロットゥーを選択した。

f:id:TommyBackpacker:20161204002120j:plain
◇乗り合いのミニバス、ロットゥーです

f:id:TommyBackpacker:20161204002204j:plain
◇カウンターで支払いと引き換えに貰ったカードは、出発時に回収されます。支払い証明書みたいなもんでしょうか?

サメット島へ向けて出発

f:id:TommyBackpacker:20161204002452j:plain

ロットゥーが出発したのは午前10時。バンコクの街中で渋滞にはまり多少時間がかかったが、時間のかかる本領はこのあと発揮する。それは乗り合いバスは途中で客を拾っていくためその都度停車し、ひどいのは客を探しに30分停車したことだった。もうこの時点でロットゥーの選択は間違いだったことに気づいた。そして客を乗せれば当然降りていくわけで、やはりその都度停車していく。ミニバスの長時間移動は久しぶりな気がする。あぁ、辛い。

f:id:TommyBackpacker:20161204003220j:plain

出発してから2時間40分後の12時40分に小休憩があり、その1時間後の13時40分には、ガソリン補給の休憩が入る。こういう時間はトイレに行ったり、一服をするのに有り難い時間なのだが、こりゃ島に着くのは夕方になるのかという思いになる。

バンペー港に到着

f:id:TommyBackpacker:20161204003602j:plain

バンコクを出発してから約5時間、14時50分にバンペー港に着いた。満員だった車内は結局僕ともう1人の計2人になっていた。大型バスなら4時間、ロットゥーなら道中ふっ飛ばして3時間半を想定していただけに、遅い到着となってしまった。

バンペー港の場所



バンペー港は1つだけではなく、主に2ヶ所ある。ひとつは大型のバスターミナルが目の前にある港と、もうひとつはそこから西に1kmほど離れた寂しげな港だ。どちらの港もサメット島へ渡ることはできるが、僕はロットゥーで降ろされた寂しげな港からサメット島へ渡った。

スポンサーリンク
 

バンペー港からエカマイへ

f:id:TommyBackpacker:20161204084656j:plain

帰りのバンペー港からエカマイへは大型バスを選択した。場所は賑わっている方の港。港の前を走る通り沿いからすぐの場所にチケット売り場がある。なお、僕がサメット島へ渡った寂しげな港からは、1km離れており、近くに待機しているバイタクに20バーツで送ってもらった。


◇大型バスの乗り場。名前はターミナルだが、道路沿いのバス乗り場です

f:id:TommyBackpacker:20161204085343j:plain
◇バンペー港からエカマイへの時刻表。1日7本です

f:id:TommyBackpacker:20161204085428j:plain
◇こちらはエカマイからバンペー港の時刻表です

f:id:TommyBackpacker:20161204085541j:plain
◇運賃は155バーツ。ペットボトルの水も配られました

大型バスでエカマイへ

f:id:TommyBackpacker:20161204085713j:plain

バスはチケット売り場の目の前から乗車する。乗車した日は週末だったが、バンコクへ帰る人の数はまばらで、サメット島へ訪れる人の方が圧倒的に多い。

f:id:TommyBackpacker:20161204090431j:plain

シートは大きめのゆったりとした乗り心地で、足も伸ばせて快適だ。

f:id:TommyBackpacker:20161204090616j:plain

13時発のバスは6分遅れで出発。バンペー港をあとにして、バンコクへ向けて走り出した。

f:id:TommyBackpacker:20161204090949j:plain

バンペー港を出発して3時間後の16時10分、バスは大きな通りから外れ、小道に入っていく。なんだなんだと訳が分からなかったが、大きな敷地へバスは入っていく。どうやらそこはバス会社の駐車場で、ガソリン補給のために立ち寄ったことが分かった。運行の途中にガソリン補給は、日本の感覚では味わえないことである。

エカマイに到着

f:id:TommyBackpacker:20161204091440j:plain

給油を終えたバスはスクンビット通りで渋滞にはまり、結局エカマイの東バスターミナルに着いたのは午後17時。4時間のバス移動となった。

まとめ

行きと帰り、平日と週末の道路事情など、細かい違いはあるが、大型バスとロットゥーの比較をまとめてみたい。

大型バス

・運賃:155バーツ(水付き)
・所要時間:4時間

ロットゥー

・運賃:200バーツ
・所要時間:5時間

ロットゥーは道中、大型バスを追い抜いて、スイスイと走るが、途中何度も停車するゆえ、結局時間がかかる。また、ある程度人数が集まらないと出発しないのもロットゥーの特徴だ。一方、大型バスはマイペースな走りを見せるが、路線バスのように途中で停車することはなく、シートもゆったりとして良かった。また、車内でお菓子なども大型バスの方が気兼ねなく食べやすい。

結論

エカマイとサメット島の玄関口、バンペー港を結ぶ移動方法は、

大型バス一択!

僕なりの結論だ。

 

*バンペー港とサメット島ナダン港を結ぶ船の詳細はこちらからどうぞ

サメット島のホテルは「ミス ホン ハウス」詳細は下記からどうぞ
Hotels.com|ミス ホン ハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

 

Discover Japan TRAVEL 一度は行きたい世界のホテル&リゾート (エイムック 2821)

Discover Japan TRAVEL 一度は行きたい世界のホテル&リゾート (エイムック 2821)

  • 作者: せきねきょうこ,ディスカバージャパン編集部
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク