バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【タイ】バンコクでタクシー配車アプリ!はじめての「Grab Taxi」乗車記'16

f:id:TommyBackpacker:20160811103416j:plain

バンコク滞在:2016.05.09〜10

バンコクでの1泊の滞在を終え、空港までの移動手段にはタクシーを選んだ。その移動手段は毎度のことだったが、今回はタクシー配車アプリの「Grab(グラブ)」を使用してみた。Grabとは2012年に創業し、東南アジア各国で配車サービスを展開している、日本でいうところのUberのようなものだ。

スポンサーリンク
 

 

Grabの使い方

まずはスマートフォンにGrabのアプリをインストールする。料金は無料だ。インストールを終えると本人確認のため、電話番号かフェイスブックでの登録をしなければならない。フエイスブックに登録していない人は、電話番号登録になるだろう。ただ、フェイスブック登録の場合でも、日本+81のあとの電話番号登録を求められる。

 

Grab - Car, Taxi, Bike Booking App

Grab - Car, Taxi, Bike Booking App

  • Grab.com
  • 旅行
  • 無料

 

play.google.com

 

f:id:TommyBackpacker:20160811104655j:plain
◇アプリのインストールを終えると、フエイスブックか電話番号登録を求められます

Grabでタクシーを呼んでみよう!

アプリをインストールし、個人情報の登録が完了すればいよいよタクシーの配車となる。これが、ものすごく簡単だ。その中身は現在位置を確認し、行き先を指定するだけ。これには拍子抜けをしてしまう。

f:id:TommyBackpacker:20160811111405j:plain

タクシーのピックアップ場所はサイアムエリアで、行き先はドンムアン空港だ。支払いはキャッシュで、大凡の目安は170B〜255Bといったところだ。するとGrab Taxiに登録しているタクシーが画面にうじゃうじゃと表示される。これには、「うわぁ、すげぇ〜」のひとこと。

f:id:TommyBackpacker:20160811112118j:plain

しばらくすると配車が成立。決まった運転手情報の連絡がきた。そこには、運転手の顔写真、名前、ナンバープレート9553が表示されている。星の表示はおそらく、客からの評価だろう。5つ星の満点中、4つ星半。高評価の運転手なのだろう。

f:id:TommyBackpacker:20160811111244j:plain


ここからは、上記画像を参照しながら話しを進めたい。行き先の登録を終えると画面が変わる。

  1. 登録した場所
  2. スマートフォンの現在地
  3. 配車のタクシーの現在地と、自分のいる場所までの所要時間
  4. 運転手の顔写真と名前、ナンバープレート9553

登録した場所が自宅やホテルの室内だと、当然外に出てタクシーを待つことになる。スマートフォンの現在地は重要だ。それと、タクシーの位置情報と所要時間は親切に思える。ただ、バンコクのタクシーはピンク色や緑色やら色んな色のタクシーが走っており、タクシーが来るたびキョロキョロとしてしまう。どうもナンバーより、車体の色を見てしまう傾向にあるみたいだ。これにはスマートフォンの画面にタクシーの色が出ると、さらに親切だと思った。

タクシーが到着

f:id:TommyBackpacker:20160811113327j:plain

最初の登録から10分ほどだろうか、ナンバー9553のタクシーが目の前に現れたが、実際は5分くらいで来れたかもしれない。それはスマートフォンの画面を見ていると、配車のタクシーが近くをウロウロ行ったり来たりしていた。どうやら自分のいる細い路地には苦戦をするようだ。

車体の色はバンコクでよく見かけるピンクのタクシーだ。タクシー運転手には手を挙げて、Grabタクシーを呼んだのは自分だということをアピールする。スマートフォンの画面を見せてもいいかもしれない。

f:id:TommyBackpacker:20160811114858j:plain

タクシーに乗り込むと、行き先のドンムアン空港を告げる。しかし、行き先はすでに登録済みなので、告げる必要はなかった。タクシーは夜のバンコクを走り出す。乗車したサイアムエリアからドンムアン空港までの道は何度も経験しているから、道順も頭に入っていた。そういう安心感もあったが、運転手はGrabの審査に通った人しか登録できない安心感もある。ただ、顔写真と実際の顔が少し違うんだよな。ついでに髪型もだ。こういうのを詐欺画像というのだろうか。まさか別人ということはないだろうな。

スポンサーリンク
 

支払い

f:id:TommyBackpacker:20160811115437j:plain

ドンムアン空港へは高速道路を使用した。その料金は20バーツで高速道路のゲートで現金払い。空港到着時には、メーター料金の179バーツとGrab手数料の20バーツを併せた運賃を運転手に支払った。未だ悪質な運転手がいるバンコクのタクシー事情だが、安心料としての手数料20バーツなら特に女性の人には安いだろう。

f:id:TommyBackpacker:20160811120328j:plain

無事目的地への到着と支払いが完了すると、明細の連絡がきた。そこには紛れも無くメーターの運賃とGrab手数料の金額が示されていた。高速道路の料金は支払先が違うので、当然ここには表示されない。それにしても、明細まで送ってくれるGrabタクシー、なかなか親切でいいじゃないか。思わず唸ってしまった。

最後に筆者から

今回初めてGrabタクシーを使用したが、一般のタクシーと比べて車体が豪華というわけではないが、審査に通った運転手だけがGrabに登録できるシステムだから、安心料の20バーツと思えば快適に移動ができる。その代わり、路上で通りすがりのタクシーをパパッと呼び止めることはできないから、急いでいる人には向いていないだろう。これは日本の配車アプリサービスと同様だ。だからといって路上で呼び止めたタクシーが優良ドライバーとは限らないのが、一筋縄にはいかないバンコクのタクシー事情というもの。やっぱりGrabタクシーは今後も使っちゃうんだろうな、というのが僕の感想だ。

Grab Taxi
使用日時:2016年5月10日 21時30分ころ
場所:サイアムエリア ラチャテウィー付近の細い路地
区間:上記場所からドンムアン空港
所要時間:約25分(高速道路使用)
Grab料金:メーター179B、手数料20B
高速道路:20B


バンコクでの宿泊はラチャテウィーの「メローフェローゲストハウス」 
Booking.com|メロー フェロー ホステル|宿泊予約・レビュー・空室確認

カオサン通りのプール付きホテルなら「Rambuttri Village Plaza」 
Booking.com|Rambuttri Village Plaza|宿泊予約・レビュー・空室確認

タイにピンクのタクシーが多いわけとは?〜非常識な10人のブッ飛びタイ験〜

タイにピンクのタクシーが多いわけとは?〜非常識な10人のブッ飛びタイ験〜

 

 

D17 地球の歩き方 タイ 2016~2017

D17 地球の歩き方 タイ 2016~2017

 

 

スポンサーリンク