読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


パパイヤスープにハンバーグ?ハノイ名物つけ麺のブンチャーは美味かった!!

ベトナム アジアの食事

ハノイ滞在:2016.04.28〜30

どこそこと言えば何々料理。
そんな料理はどこの国でも大概あるものだ。そんな料理がハノイにもあることを渡航前から調べていた。その料理は「ブンチャー」だ。ブンチャーとは、ベトナム北部を中心とする名物料理で、パパイヤが入った甘いスープに、ハンバーグと豚バラ肉、野菜、そしてブンと呼ばれる細米麺を入れて食べる料理のことらしい。いまいち想像がつきにくいので、百聞は一見にしかずということで食べに出かけてみた。

スポンサーリンク
 




◇ブンチャーを食した店舗「NHA HANG BUN CHA」の場所

向かった場所はホアンキエム湖から徒歩10分、北西に位置する「NHA HANG BUN CHA」というブンチャーの店だ。隣にはガイドブックなどで有名な、同じくブンチャーの店「ダックキム」がある。ならばダックキムに入ればいいものだが、混雑していたのと、この店の情報が無いことが気になったので入店してみた。

f:id:TommyBackpacker:20160518223411j:plain

店はレストランとして掲げているが、そのスタイルは歩道で食べるスタイル。庶民に身近なソウルフードが伺える。風呂場にあるような小さな椅子に腰をかけると、早速ハノイ名物ブンチャーを注文した。

f:id:TommyBackpacker:20160519201911j:plain
◇店に掲げられた看板の写真にはブンチャーが。そして右の写真には……

店内の看板に目をやる。そこにはネットで見ていたブンチャーの写真が確かにある。そして右手にあるのは、揚げ春巻きのように見える。そうだ、思い出した。揚げ春巻きもベトナム料理のひとつだった気がする。残さず食べられるか心配だが、2つ注文することにした。

f:id:TommyBackpacker:20160519202736j:plain

注文してからすぐに出されたのは、大量の細米麺と野菜だ。出てきて早々に、これは食えないという気持ちになる。僕はどちらかというと小食な方だ。そして揚げ春巻きも出てきた。この店では「クラブロール」というらしい。

f:id:TommyBackpacker:20160519203127j:plain

そのクラブロールをよく見ると、3本をカットした状態で出てきた。ベトナムの揚げ春巻きは南部だとそのまま出てきて、北部だとカットして出されるというのを、どこかで見た記憶があった。まさにそのような状態で出てきて少し嬉しくなる。

そして気になる中身は豚のひき肉で間違いないと思うが、魚の風味もあってよく分からない。おそらくカニか海老のすり身を混ぜ込んでいると思うが、よく分からないのが本音だ。しかし、それが不味いのかと問われるとそうでもなく、ビールのお供に抜群だから不思議だ。それでもひとつ注文がある。それは、醤油と辛子で食べたらもっと美味いんじゃないかと。そう思うと、僕はやはり日本人なのかと苦笑いした。

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20160519204309j:plain

そして今回のメインであるブンチャーがテーブルに運ばれてきた。まず目をひくのは小さなハンバーグだ。その数は5〜6個は入っている。これは嬉しい。男はいくつになってもハンバーグは好きな食べ物のひとつではないかと思っている。

はやる気持ちを抑えて、まずはパパイヤが入ったスープを口に運ぶ。甘い。甘いが砂糖の甘さではなく、そこはやはりパパイヤの甘さなんだろう。不思議なトロピカルな甘さだ。

次にハンバーグを食べてみる。味は塩分が効いていて、甘いスープと相性が良い。そして焼き加減も問題ない。日本で食べるハンバーグとなんら変わりはない。

f:id:TommyBackpacker:20160519204248j:plain

味見を終えるとここからがブンチャーの本番だ。小皿にスープ、ハンバーグ、豚バラ肉を入れる。ブンと呼ばれる細米麺も入れ、野菜も追加したらハノイ名物つけ麺のブンチャーが完成する。盛った器は小さいから、食べては盛るという作業を何度も繰り返すのがブンチャースタイルだと思う。

f:id:TommyBackpacker:20160519205746j:plain

一見そうめんみたいな細米麺をすすり、ハンバーグを食べ、パクチーなどの野菜を頬張る。そして豚バラ肉を口に運ぶ。豚バラ肉の味は抜群ゆえに、白い日本の米が欲しくなる。野菜と麺はその量の多さから残したものの、それ以外は完食してしまった。安くて美味くて大量に食べることができる。これがハノイソウルフードかと唸ってしまった。

さて、食後のあとは会計が待っている。美味くて大量なのは分かったが、果たしてほんとに安いかどうかは分からない。なにせメニューもなければ料金の表記もないローカル店だ。僕が注文した品は、ブンチャー、揚げ春巻き、ビール1本。その合計は100,000ドンだった。あれ、軽くボラれてるかと思いきや、ブンチャーと揚げ春巻きが各40,000ドンで、ビールが20,000ドンと計算すれば適正すぎるくらい適正ではないか。

なんだかベトナムっていいよなと時に思う。それは多少なりともボラれることが頭にあるから、ボラれないとそれだけでイメージが良くなるところがある。しかし、ほんとのところは分からない。見積もりは僕の勝手な想像だ。少々のことは気にしない。それが快適にベトナムを旅するコツだと思っている。

NHA HANG BUN CHA (ブンチャーと揚げ春巻きの店)
住所:1 Hang Manh Str.,Ha Noi
営業時間:07:00〜22:00
定休日:不明


ハノイの宿泊ならホアンキエム湖近くのアリババホテル

Booking.com|アリババホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認

Agoda.com|アリババホテル|宿泊予約・レビュー・空室確認 

海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポンは「じゃらん海外」
じゃらん海外|海外ホテルで使える最大10,000円OFFクーポン取得

 

地球の歩き方 D21 ベトナム 2015-2016 【分冊】 3 ハノイと北部

地球の歩き方 D21 ベトナム 2015-2016 【分冊】 3 ハノイと北部

 

 

スポンサーリンク