読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


アジアときどき香港の友人

香港

f:id:TommyBackpacker:20160920235754j:plain

9月18日:旅の初日は香港
午前4時に起床しなければいけないのに、寝床についたのは0時を回ってしまった。その上、近所の野良猫同士が我が家の前で秘め事を始めてしまい、死んでしまうんじゃないかというくらいの物凄い雄叫びが気になって結局深い眠りにつくことができなかった。 

  

スポンサーリンク
 
 

それならば飛行機で寝ればいいかとなるが、申し訳ない程度のリクライニングとエンジン音に、飛行機で眠ることができない身だった。どちらかと言うと、僕は旅に向かない人間だと思う。それに加えて今回のフライトは、前の座席に赤ちゃん連れの夫婦が座った。赤ちゃんは泣くのが仕事のうえ、フライト中はそのほとんどの時間で泣いているもの。過去の体験から覚悟はした。

「これはいよいよ寝れないな」

しかし、今回の赤ちゃんはほとんど泣かない。逆に大丈夫かなと思うほどだった。その静かな赤ちゃんに代わって、吠えていたのが若いお母さんだった。聞き耳をたててみると、一番高い料金プランで購入したのに、座席指定がされていないと訴えている。チェックインカウンターで座席を聞かれたのを不思議に思ったがそのまま搭乗し、旦那さんと通路を挟んだ隣同士にご立腹のようだった。

f:id:TommyBackpacker:20160921000103j:plain


航空会社はバニラエアだ。バニラエアの料金プランは「コミコミ」、「シンプル」、「わくわく」の3種類あり、お母さんが話している一番高い料金プランは「コミコミ」と思われる。そのコミコミプランは座席指定がスタンダードなら無料で、荷物の預けも20kgまでなら無料。その他便や日付の変更が500円から可能であり、一番安い「わくわく」と比べるとサービスが良く、融通も効いたプランだった。

しかし、お母さんが話す「座席を指定したいから、一番高い料金プランにした」というセリフには首を傾げたくなった。それは他のプランでも500円から座席指定はできるからだ。僕なら一番安いプランの「わくわく」で購入し、500円払って座席を指定するけどな……と考えていると、お母さんはシステムエラーを疑いはじめていた。

そもそもチェックインカウンターで問わず、搭乗してからCAに問うのもどうかと思ったが、香港に到着したら説明をするとのCAの言葉に、バニラエアの今後の対応と返金を伺っていた。座席指定をして購入した認識を持つお母さんからしたら当然だった。機内は不穏な空気に包まれたが、後日バニラエアから電話連絡をすることと、窓側と真ん中の座席の人が移動してくれたことでその場は収まった。

その様子を旦那さんに英語で話すお母さん。旦那さんは外国人だった。その旦那さんは静かに話しを聞き入っていたが、お母さんからは日本人の雰囲気が消えていた。これはアメリカナイズされたのか、母強しの結果なのか。お母さんの勘違いか、システムエラーなのか分からないが、逞しさというよりは、凄みを感じた日本人女性だった。

 

blog.tommy-bp.com

 

f:id:TommyBackpacker:20160921000838j:plain


いずれにせよ、結局機内で寝れないまま香港に到着した。大混雑を予想したイミグレーションは空いており、あっさり入国できた。1年振りに感じる香港の空気。空港の外に出るとA21のバスに乗り、安宿のある尖沙咀(チムシャーツイ)へ向かった。

f:id:TommyBackpacker:20160921001822j:plain


車窓から見えた一年ぶりの香港の街は、やはり良かった。空港をあとにすると、山の緑が見え、しばらくするとエメラルドグリーンの綺麗な海が見える。その海上に浮かぶ船の数々と島を結ぶ美しい橋のアーチ。その横に目線を移せば、香港特有の高層マンション。風水の土地だから言うわけではないが、香港の街は「気」がいい気がして、バスに乗っているだけで幸せな気がしてくる。

f:id:TommyBackpacker:20160921003014j:plain


バスは高速道路を降りると、いよいよ香港の喧騒とした街のなかへ入る。湾岸沿いの高級感溢れるマンションと打って変わり、雑多なビル群が顔を出す。道にせり出した看板とジュエリーショップの周大福の店舗がやたらと目に入れば、そこは彌敦道(ネイザンロード)。尖沙咀はもう近かった。

f:id:TommyBackpacker:20160921003234j:plain


No.14の中間道を降りると、安宿が集まる重慶大厦(チョンキンマンション)が目の前にある。だが、今回の寝床は重慶大厦ではなく、すぐ近くにある美麗都大厦(ミラドマンション)をWEB予約していた。美麗都大厦に決めた理由は特になく、強いて言えば過去に宿泊したことのある重慶大厦との違いがほとんどなく、類似した安宿マンションも体験してみたかったからだ。

 

blog.tommy-bp.com

 

f:id:TommyBackpacker:20160921005018j:plain


重慶大厦同様に複雑な構造の美麗都大厦の宿を迷いながら、何とかチェックインを済ますと、シャワーを浴びて海沿いのビクトリアハーバーへ足を運んだ。夕日を見るためだった。僕はその日1日の終わりに夕日が見られればそれでいいところがある。移動しかしていない今日は、それがぴったりだった。スターフェリーの乗り場から西の方角を望むと、夕日は輪郭を控えめにしながら消えていった。香港の夜が始まる。

f:id:TommyBackpacker:20160921005944j:plain

スポンサーリンク
 


夕食は男人街で香港在住の日本人女性と共にした。彼女は日系のジュエリー会社で働く40代の女性で名前はOさんだ。Oさんとは僕が昔東京都杉並区で暮らしていた頃、とある飲み仲間に参加させてもらって以来の付き合いになる。

「来たよ〜、香港!」
笑顔で話す僕にOさんは一言。
「トランジットじゃん」
彼女は笑顔ではっきりモノを言うタイプだった。

f:id:TommyBackpacker:20160921010817j:plain


そんなOさんと久しぶりに会うと、その笑顔と裏腹に、予想していなかったことを聞かされた。それは病気と闘っているという話しだった。体中にアトピーができ、リンパ液が流れる日々。始めの頃は涙した日もあったそうだ。そんなアトピーが徐々に回復を見せると、今度はリウマチが顔を覗かせた。その影響で指は腫れて曲がっており、一瞬言葉に詰まってしまった。

「日本の親しい友達にも話してないの。心配かけるだけだから」

距離が離れていて、生死に関わることではなかったら……その思いに頷くしかなかった。

Oさんが香港で働き、住むきっかけとなったのは、旅で訪れた香港に惚れたからだった。人材登録をし、何社か渡りながら、現在に至っていた。その道のりは決して平坦ではなく、時には希望と離れた会社に在籍したこともあったそうだ。しかし、転職となると常にビザの問題がつきまとう。海外で働く人の宿命だった。そんなOさんの病気の原因はストレスのようだった。

「ストレス。自分では分からなかったの。ただ頑張ってただけだから」

ストレスは認識できるものと、できないものがあるらしい。そして体の一番弱い部分に病気として現れることがある。治療は漢方を飲みながら、日本へ出張の際に病院へ通っている。保険が効かない治療費も高額だった。家族は帰ってこいと話す。そんなOさんはあと1年で、香港の永住権を手にすることができる。
 

f:id:TommyBackpacker:20160921204834j:plain

 
昔の大人の話しじゃないが、身体あっての……健康あっての……という話しが身にしみる。体が資本というやつだ。人間というのは、健康で上手くいっている時ほど、欲にまみれるのかもしれない。仕事はイケイケ、趣味も活発、旅もしたい、アレも欲しい、コレも欲しい。そのすべてはやはり健康あってのことだった。昔そんな話しが出ると「ジジババくさいな」と思うこともあったが、それは自分が若くて健康でストレスもなかっただけの事だった。

「私ね、欲がなくなったの。半袖着れないから、夏服もいらないし」
彼女の言葉に切なくなった。

Oさんとの食事を終えて男人街を後にすると、尖沙咀まで彌敦道を歩いて帰った。その道中ふと考えてみた。人間は欲を持たなければいけないこともあるが、欲を捨てることも大事なのではないか。特に年齢を重ねるほど、その言葉の重みは計り知れない気がする。これを突き詰めると仏教の教えということになるのだろうか。僕は明日ミャンマーへ行く。そのミャンマーは国民の85%が仏教徒だった。

美麗都大厦に近づき時計の針を見ると23時半を回っていた。酒が入ったこともあり、瞼が重くてとても眠い。ほぼ丸2日寝ていない身には堪える。宿泊する美麗都大厦の宿は6階だ。今日は野良猫の雄叫びはないだろう。
 
旅の2日目へつづく

*この記事はOさんの協力によって書けた。また、記事の掲載にはOさんの許可を得た。1日もはやく体の回復を祈るばかりである。


香港の宿泊は安くて立地が良い「パールプレミアムゲストハウス」 

Booking.com|パールプレミアムゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

blog.tommy-bp.com

anan (アンアン) 2016/09/07[魅惑の香港]

anan (アンアン) 2016/09/07[魅惑の香港]

 
ドーチェシャンガン!多謝香港!: 駐在員体験記

ドーチェシャンガン!多謝香港!: 駐在員体験記

 

 

スポンサーリンク