バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


プライオリティパスで利用できる仁川空港コンコースAのラウンジを体験しました

f:id:TommyBackpacker:20170524211555j:plain


先日訪れた韓国旅行の帰国の際にプライオリティパスを利用して、仁川空港コンコースAにあるアシアナラウンジとKALラウンジの二つを利用しました。その様子をZenfone3で撮影した写真付で紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

コンコースA:プライオリティパスで利用できるラウンジ 

f:id:TommyBackpacker:20170524184157j:plain

仁川空港コンコースAは、101〜132番ゲートの搭乗口を利用するためのターミナルです。メインターミナルからシャトルトレインという運賃無料の列車で移動をします。ちなみにコンコースAに移動すると、メインターミナルには戻ってこれなくなるので注意が必要です。

f:id:TommyBackpacker:20170524184716j:plain

列車を降り、エスカレーターを上がると、3階の開放感のあるフロアに出ました。ここがコンコースAの模様です。

f:id:TommyBackpacker:20170524185246j:plain

各ラウンジはエスカレーターを上がって4階になります。アシアナラウンジは119番ゲート付近、KALラウンジは115番ゲート付近になります。

アシアナラウンジ

f:id:TommyBackpacker:20170524185500j:plain

それではプライオリティパスと航空券を提示して、アシアナラウンジから入ってみます。

f:id:TommyBackpacker:20170524185658j:plain

ラウンジに入ってすぐ目に飛び込んでくるのが、高級感のあるインテリアです。ムードのある照明のせいか、皆静かに過ごしている様子です。

食事

f:id:TommyBackpacker:20170524190007j:plain

食事の方はメインターミナルにあるMatina、Sky Hub、アシアナビジネスクラスラウンジと比べると、軽食の印象を受けました。

f:id:TommyBackpacker:20170524190228j:plain

それでも新鮮な野菜は、空港ラウンジのマスト商品。僕のお腹は満たされていましたが、ちょっとだけいただきました。

f:id:TommyBackpacker:20170524193003j:plain

サラダに合うサンドイッチもあります。

ドリンク

f:id:TommyBackpacker:20170524193152j:plain

ドリンクコーナーは、ジュースやコーヒーはもちろんのこと、アルコール類も充実していました。冷えたワインやウイスキーは飲み放題です。

f:id:TommyBackpacker:20170524193346j:plain

好みのアルコールをグラスに注げば、書棚のあるソファに腰を下ろし、ゆっくりとウイスキーを楽しむ。思わず搭乗時間を忘れそうになります。

アシアナラウンジの感想

アシアナラウンジを利用した感想は、とにかく広い空間と落ち着きのあるインテリア、そしてムーディーな演出に居心地の良さを感じました。食事は軽食の印象を受けたので、コンコースA利用の際は、メインターミナルでガッツリ食べ、コンコースAに移動をして、アシアナラウンジでゆったりするプランがおすすめだと思いました。

コンコースAのアシアナラウンジ
場所:コンコースA 4階 119番ゲート付近

スポンサーリンク
 

KALラウンジ

f:id:TommyBackpacker:20170524194102j:plain

アシアナラウンジをあとにすると、115番ゲート付近にあるKALラウンジにやってきました。

f:id:TommyBackpacker:20170524194249j:plain

受付でプライオリティパスと航空券を提示して中へ進むと、印象はアシアナラウンジと一転します。開放感のある大きな窓のせいか、とても明るい印象を受けました。

f:id:TommyBackpacker:20170524194513j:plain

ムーディーな演出は一切ありませんが、パソコン作業などが捗りそうな感じがします。

食事

f:id:TommyBackpacker:20170524194700j:plain

食事はアシアナラウンジ同様、炒飯などの軽食が並んでいました。

f:id:TommyBackpacker:20170524194820j:plain

僕の好きなラウンジサラダもあります。うん、美味しそう。

f:id:TommyBackpacker:20170524194931j:plain

サラダに合うパンも並んでいます。お昼時を過ぎたせいか、クロワッサンの数が少なくなっていました。

ドリンク

f:id:TommyBackpacker:20170524195103j:plain

KALラウンジもジュース、コーヒーなどの飲料をはじめ、ビールなどのアルコールも飲み放題です。しかしアシアナラウンジには無かった、ブランデーのレミーマルタンXOとバランタイン17年の2種類がありました。ウイスキー好きの身には嬉しく感じます。

f:id:TommyBackpacker:20170524195422j:plain

窓側のカウンターに腰を掛けると、コリアンエアーを眺めながらバランタイン17年を楽しみました。いやぁ、シアワセ。

KALラウンジの感想

お洒落感を一切感じないKALラウンジですが、その分パソコン作業などが捗りそうな、明るく開放感のある印象を受けました。コリアンエアーが見えるカウンターの席に腰を掛け、パソコンやスマホを充電しながらウイスキーを楽しむ。フライト前の至福のひとときが過ぎていきました。

KALラウンジ
場所:コンコースA 4階 115番ゲート付近

 

プライオリティパス会員とは?

さて、今回利用した二つのラウンジをはじめ、世界各国のラウンジを利用できるプライオリティパスの会員になるには、当然年会費と利用権が必要になってきます。その種類は次の通りです。

スタンダード
年会費:99USD 会員利用権:27USD 同伴利用料金:27USD

スタンダードプラス
年会費:249USD 会員利用権:10回まで無料。その後27USD

プレステージ
年会費:399USD 会員利用権:利用回数に関係なく無料

 

上記の年会費を見ると、1年に1回利用するだけでも126USD必要になり、1年に数回海外旅行をする身にとっては高額なラウンジ利用となってしまいます。

お得な楽天プレミアムカード

そこで僕が今回ラウンジを利用するのに使用したのが、プライオリティパスに無料で登録できる楽天プレミアムカードでした。楽天プレミアムカードの年会費は10,800円。プライオリティパスの年会費399USDを支払い、利用回数に関係なく無料になる会員利用権を、楽天プレミアムカードを持つことによって年10,800円で同等のサービスを受けることができます。これは年に何度も海外へ足を運ぶバックパッカースタイルの旅をする身にとって有り難いカードなんです。

楽天プレミアムカードなら「プライオリティパス」に無料で登録  

海外旅行に必要な保険が自動付帯

楽天プレミアムカードはゴールドカードだから、付帯保険も充実しています。死亡保険、後遺障害保険金は最高5,000万円。傷害治療保険金は最高300万円、携行品損害保険金は年間最高50万円、救助者費用保険金は最高200万円と、 日本出国の前日から入国の翌日までの最長90日間自動的に保証される自動付帯保険があるのが、楽天プレミアムカードなんです。

楽天の旅行損害保険の詳細

また、通常の楽天カードは利用付帯のうえ、一度実費で支払ったあと治療費を受け取る保険ですが、楽天プレミアムカードなら保険会社がすぐに治療費を立て替えるキャッシュレスサービスなので、保険のことを考えても楽天プレミアムカードがお得なカードということが分かります。

楽天プレミアムカードなら「プライオリティパス」に無料で登録  

 

ラウンジ利用のまとめ

f:id:TommyBackpacker:20170524210146j:plain


今回利用した仁川空港コンコースAにある二つのラウンジ。食事は軽食の印象を拭えないですが、ムードのあるアシアナラウンジと、明るく開放感のあるKALラウンジは、目的によって使い分けをしたいラウンジの印象を受けました。

ガッツリと食事をメインに楽しみたい人は、メインターミナルで済まし、コンコースAに移動した後、ゆったりと過ごせばいいんじゃないかと思いました。次回仁川空港のコンコースA利用の際は、そのプランで過ごしたいと決めました。

メインターミナルのMatinaラウンジとSky Hubラウンジの詳細はこちら

アシアナビジネスクラスラウンジの詳細はこちら

撮影に使用したZenfone3の詳細はこちら

▼楽天プレミアムカードの詳細は下記からどうぞ



▼ソウルのゲストハウスは弘大入口の「ミシガンハウス&パブ」
Booking.com|Michigan House & Pub|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

 

スポンサーリンク