読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【香港】牡蠣・海老・空芯菜・茄子!男人街の廟街「香辣蟹」で新鮮中華三昧!!

f:id:TommyBackpacker:20160930183135j:plain

香港を1人で旅する人は、普段どんな食事をしているのだろうか。滞在する場所にもよるだろうが、雑多な店で鮮蝦雲吞麺(海老ワンタン麺)をすすったり、香港の大衆文化が詰まった茶餐廳(チャーチャンテン)で一息つくことはあるのだろうか。実はこれらは僕が香港で摂る食事の例だったが、一度行ってみたい場所があった。それは佐敦(ジョーダン)にある、男人街(ナンヤンガイ)だった。通りに並んだテーブルで、中華料理を思いっきり食べてみたい。量に限りがある1人旅の食事の夢だった。そんな思いを今回同行してくれた香港在住の友人と訪れることができ、満足のいく夕食となった。

 

スポンサーリンク
 

男人街の廟街

f:id:TommyBackpacker:20160930184623j:plain

佐敦駅を出ること徒歩2分で、大きな赤い門が見えた。どうやらここが男人街の廟街と呼ばれる入口のようだ。観光客だろうか、門をバックに記念写真をとる人が目立ち、通称テンプルストリートと呼ばれている。

f:id:TommyBackpacker:20160930184957j:plain

男人街は彌敦道(ネイザンロード)を挟んだ女人街(ノイヤーンガイ)と並ぶ二大路上マーケットのひとつだが、昼間も開催している女人街と比べ、男人街は夜に開催されるナイトマーケットとなっている。そして文字通り、男向けのアイテムが揃っているところから、男人街と呼ばれている。

f:id:TommyBackpacker:20160930185347j:plain

そんなナイトマーケットのすぐ側の路上に、沢山のテーブルと椅子が並ぶエリアがあった。香港在住の友人に言わすと、ここは外国人向けの店で、海鮮がメインの店らしい。僕はローカルな店を好んで食べる傾向があったが、ここは活気があってとても雰囲気が良い。さらに奥へ行くと、雑多な店も存在するらしいが、友人の「汚いから……」の一言で、このエリアで食べることにした。

店頭に並ぶ魚介類

f:id:TommyBackpacker:20160930190151j:plain
◇店の名前は「香辣蟹(テンプルスパイスクラブ)」です

f:id:TommyBackpacker:20160930190720j:plain
◇店先には生きている魚介類が並びます

f:id:TommyBackpacker:20160930190828j:plain

希望した路上の席はあいにく満席だったが、店内は空いていたため迷わず入店した。早速メニューを開くと、外国人向けということもあってか、英語表記と写真付の丁寧なメニュー表に胸をなでおろした。

f:id:TommyBackpacker:20160930191207j:plain
◇初見でも分かりやすいメニュー表です

ソウルフードな牡蠣料理

f:id:TommyBackpacker:20160930191423j:plain

まず、いの一番に注文したのは、海鮮部門から牡蠣料理で、名前はフライド オイスター パンケーキだ。僕は牡蠣が好きだが、大概生かフライで食べることが多かった。だが、この店で食べる牡蠣は衣が付いた牡蠣。台湾やタイで食べる牡蠣オムレツとは違い、サクサクとした食感だった。天ぷらに近い食感かもしれない。それを箸で適当に切り分け、甘辛いタレにつけて食べる。これぞソウルフードな感覚だった。

王道な海老料理

f:id:TommyBackpacker:20160930192105j:plain

僕は海老も好きだった。特にタイへ出向いた際には、必ず海老を食べるところがあった。そんな海老をワンタン以外で初めて食べる香港海老は、ボイルされた状態で出てきた。色味は最高で、まさに食をそそる赤みをしている。プリッと殻を向けば、ベトナム醤油のヌクマムに似たタレをつけて口へ運ぶ。

「あぁ、幸せ」

胃の中で、海老が跳ねたような感覚に陥った。

スポンサーリンク
 

定番の空芯菜

f:id:TommyBackpacker:20160930192903j:plain

中華料理といえば空芯菜。僕のなかでは定番料理だ。その空芯菜は、ピリッと塩分が効いており、油とニンニクをたっぷりと吸っている。これは美味い。そして、目をひいたのは空芯菜の大きさだった。僕は今までこんな太い空芯菜を見たことはなかった。

茄子の味噌炒め

f:id:TommyBackpacker:20160930203908j:plain

4品目は茄子料理だ。僕は茄子が好きだから、海外へ行っても茄子には目がなかった。その茄子を海外で見ると、日本の茄子と比べて綺麗な紫色をしていることが多い。だから調理された茄子の味の前に、市場で茄子を見ているだけで楽しいところがある。

さて、その茄子はクシ切りにされ、ひき肉と炒めてテーブルに運ばれてきた。商品名は茄子のガーリックソースとあるが、味はニンニクが効いた薄っすら味噌味。白いご飯にも相性が良い気がした。

中国ビールの燕京

f:id:TommyBackpacker:20160930204828j:plain

以上4品の料理のお供には、白いご飯ではなく、中国ビールの燕京(Yanjing)を選んだ。初めて飲む燕京ビールの味だったが、さっぱりと軽い口当たりのビールで美味しかった。瓶で2本を空けて、まさに中華料理に似合うビールと感じた。

最後に筆者から

中華三昧という割には4品は少ないんじゃない?と思われるかもしれないが、1品の量が多くて、2人で食べるには丁度良いを少し通り越した腹具合だった。ビールを飲むから少しメニューを減らしてもいいかなと心が揺れるが、せっかく来たからとメニューの料理に指が伸びる。それでも、この店の売りである蟹を食べていないので、次回の香港滞在では絶対食べようと心に決めた男人街、廟街の夜だった。

香辣蟹
住所:香港 廟街210號
営業時間:不明(たぶん夕方から明け方まで)
料金:牡蠣お好み 58HKD、海老 100HKD、空芯菜 52HKD、茄子味噌 58HKD、燕京ビール 25HKD



◇香辣蟹の場所

香港の宿泊は「パールプレミアムゲストハウス」

Booking.com|パールプレミアムゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

anan (アンアン) 2016/09/07[魅惑の香港]

anan (アンアン) 2016/09/07[魅惑の香港]

 
D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2016~2017

D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2016~2017

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク