バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


ルアンパバーンのノックノイレネクシンゲストハウス|ウエルカムフルーツでハッピー滞在

f:id:TommyBackpacker:20170131184704j:plain

ラオス北部に位置する古都、ルアンパバーンにやってきた。ルアンパバーンは市街地全体が文化遺産として、ユネスコの世界遺産に登録されている街だ。そのルアンパバーンでの宿泊先の決め手は個々で幾つかあると思うが、街全体はコンパクトな造りのため、静かなメコン川沿い、あるいはメコン川に合流する小さなナムカーン川沿い、またはナイトマーケットが開催されるシーサワンウォン通り周辺で探すことにした。

 

スポンサーリンク
 

外観&場所

f:id:TommyBackpacker:20170131184857j:plain

ルアンパバーンのホテルをインターネットで検索した人なら分かると思うが、コンパクトな街の造りに対して、ホテルの数の多さに驚いた。その数は実際に街に来ると、インターネットよりも多いと感じ、街のどこを見てもホテル、ホテル、ホテル……という具合だった。

f:id:TommyBackpacker:20170131192734j:plain


そんな数多くのホテルから僕が選んだのは、チャオファーグム通りからちょっと入った小道にある「ノックノイレネクシンゲストハウス」だ。ナイトマーケットやメコン川、そして早朝市場も近く、何と言っても僕の大好きなメコン川が近いのが決め手のひとつだった。


◇ノックノイレネクシンゲストハウスの場所

ウエルカムフルーツ&ドリンク

f:id:TommyBackpacker:20170131190738j:plain

予めホテル予約サイトで予約を入れて伺うと、ウエルカムフルーツ&ドリンクのサービスを受けてしまった。今回は料金から先に言う。このホテルの1泊の料金は3,867円(プラス税及びサービス料813円)。安上がりの旅をしている身にとって安くはないが、このサービスを知らなかった僕は、とても嬉しくなってしまった。

部屋の内部

f:id:TommyBackpacker:20170131191747j:plain

ただ、部屋はお世辞にも広いとは言えない。廊下の扉を開けると目の前には大きなダブルサイズのベッドがあり、その横にはトイレ&シャワールームといった具合だ。例えが悪いかもしれないが、香港の重慶大厦にあるホテルより、多少広い程度である。

トイレ&シャワー

f:id:TommyBackpacker:20170131192109j:plain

トイレ&シャワーは室内にあり、広さもそこそこある。シャワーの水圧は並み程度だが、湯温はバッチリで、温かいシャワーを浴びることができる。

f:id:TommyBackpacker:20170131192246j:plain
◇トイレはこの通りです

備品

f:id:TommyBackpacker:20170131192319j:plain

部屋には電気ケトルがあり、インスタントコーヒーや紅茶を楽しんだ。また、ペットボトルの水は毎日のベッドメイキング時に2本支給され、滞在時に水を購入することはなかった。そしてドライヤーが完備されているのも地味に嬉しい。

スポンサーリンク
 

朝食

f:id:TommyBackpacker:20170131192822j:plain

ノックノイレネクシンゲストハウスでは、毎日の朝食が無料。メニューは5〜6種類から選ぶことができ、食パンは3枚付いてくる。そこにフルーツが必ず3種類付いてくるので文句はない。もう僕のなかでは高級ホテルの部類である。

周辺

f:id:TommyBackpacker:20170131193814j:plain


立地に関しては言うことがない。壮大なメコン川までは徒歩10秒。ナイトマーケットの開催場所までは徒歩5分もかからない。そしてルアンパバーン早朝の名物、托鉢が見られる場所までは徒歩10分もかからず、人出を避けて素朴な托鉢シーンを見るなら、ワットマイが良い。そこなら徒歩5分ほどだ。また、周辺には安価な屋台、マッサージ店、コンビニ、ATMと両替屋も多数ある。

各種ツアー手配

f:id:TommyBackpacker:20170131194735j:plain

ラオスのほとんどのホテルである各種ツアー手配。もちろんノックノイレネクシンゲストハウスでも手配を承っており、象に乗るツアーや、綺麗なエメラルドグリーンの滝で有名なクアンシーの滝などの手配もあった。そしてルアンパバーン空港までのトゥクトゥク手配は30,000キープ(約420円)と、街なかで交渉するよりお得だった。

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20170131194328j:plain

僕の場合、年末年始はどうしても財布のヒモが緩む。それは旅先のホテルも同じで、これを安いという人は沢山いると思うが、元々安上がりの旅をしている身にとっては少々高かった。だが、スタッフは皆いい感じの人ばかりで、穏やかな雰囲気がルアンパバーンの街と合っていた。そして毎朝無料で提供される食事の色鮮やかさと美味しさには頷くしかなかった。またルアンパバーンで同等のサービスを受けられるなら、ノックノイレネクシンゲストハウスを利用してみたい。

ノックノイレネクシンゲストハウス(Nocknoy Lanexang Guesthouse)
住所:Ban Huaxieng, ルアンプラバン, 01000, ラオス
料金:3,867円+税及びサービス料813円=4,680円/1泊 (予約サイトを通じてクレジットカード払い)

設備:FreeWi-Fi、エアコン、テレビ、水2本、トイレ&シャワー室内(水圧並、湯温良好)、シャンプー&ボディシャンプー、トイレットペーパー、バスタオル、電気ケトル、ドライヤー、インスタントコーヒーと紅茶など、コンセント有

その他:毎日ベッドメイキング&水2本有、朝食無料、各種ツアー手配有、冷蔵庫なし、スタッフの感じが良い (2017年1月上旬滞在)

Hotels.com|ノックノイレネクシンゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

Agoda.com|ノックノイレネクシンゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

D23 地球の歩き方 ラオス 2016~2017 (地球の歩き方 D 23)

D23 地球の歩き方 ラオス 2016~2017 (地球の歩き方 D 23)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/11/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

 

 

スポンサーリンク