バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


東京近郊で源泉かけ流しが楽しめる「宮前平源泉湯けむりの庄」でのんびり滞在

f:id:TommyBackpacker:20170219150202j:plain

東京近郊に源泉かけ流しの湯はないかとネットで探したところ、神奈川県川崎市宮前区に探していた温泉「宮前平源泉湯けむりの庄」がありました。先日、早速友人を誘って行ってきたので、今回はそのレポートです。

 

スポンサーリンク
 

外観&場所

f:id:TommyBackpacker:20170219130222j:plain

最寄り駅は東急田園都市線「宮前平駅」。北口を出てちょっと勾配のきつい坂を上りますが、徒歩5分ほどで「湯けむりの庄」に到着です。


◇宮前平駅と湯けむりの庄の位置関係

受付

f:id:TommyBackpacker:20170219130708j:plain

まずは自分の靴を下駄箱に入れます。下駄箱はコインレスで、鍵は退館まで自分で保管するシステムなので、絶対失くさないように気をつけます。

f:id:TommyBackpacker:20170219130948j:plain

次に入館料の支払いです。僕らが伺ったのは平日の昼間です。湯けむりの庄では、平日と土日祝では料金が違います。また、平日限定ですが、21時30分以降に入館すると、お得な料金になります。

・入館料:1,240円(平日)

f:id:TommyBackpacker:20170219131354p:plain
◇画像:宮前平源泉湯けむりの庄WEBサイトより

入館料を支払うと、精算用のバーコード付リストバンドを受け取ります。これで、館内での食事などが楽しめるシステムです。また、タオルと館内着が付いていますが、受付では渡してくれなくて、浴場の入口で預かるシステムになっていました。退館時も同じ場所で返却するので、間違って受付まで持ってこないように気をつけたいところです。

お風呂

f:id:TommyBackpacker:20170219132306p:plain
◇画像:宮前平源泉湯けむりの庄WEBサイトより

更衣室に入ると、空いている好きなロッカーを使用することができます。ちなみにコインレスです。なので、この時点で、下駄箱の鍵、精算用リストバンド、ロッカー鍵と3つの鍵&リストバンドを持つことになります。僕は浴場で必要のない下駄箱の鍵と精算用リストバンドは、ロッカーの中に保管して浴場へ向かいました。

さて、肝心のお風呂ですが、これが種類が豊富で飽きがきません。内湯のお風呂では、首や肩に押し当てるとリラックス効果のあるハーブが袋に入って、幾つも浴槽の脇に置いてありました。ハーブの香りがとっても良く、リラックスさせてもらいました。

天然温泉

f:id:TommyBackpacker:20170219133308p:plain
◇画像:宮前平源泉湯けむりの庄WEBサイトより

そして一番の目当ての源泉かけ流し温泉は、外の露天風呂にありました。温泉水は弱アルカリ性で、塩分が含まれているそうです。また、熱めとぬるめの岩風呂があり、僕はぬるめでゆっくりと湯を楽しみました。極楽極楽。

食事処

f:id:TommyBackpacker:20170219133718j:plain

湯上がりには食事を楽しみましたが、平日にもかかわらず、湯けむりの庄は大混雑しています。当然食事処も順番待ちだったので、僕らはお風呂に入る前に予約をしてから入浴しました。

f:id:TommyBackpacker:20170219134303j:plain
◇予約は食事処入り口にある液晶パネルでします

湯上がりの生ビール

f:id:TommyBackpacker:20170219133952j:plain

まずはキリンの一番搾り、中ジョッキで乾杯です。料金は580円。ビールはその他に、グラスで420円、瓶ビールだと650円です。また、一番搾りのプレミアム生が楽しめるのが、湯けむりの庄の特徴です。料金は620円でした。

店仕込みのかつカレー

f:id:TommyBackpacker:20170219134403j:plain

ビールをごくりと味わうと、食事が運ばれてきました。こちらは僕が注文した「店仕込み かつカレーライス」1,100円です。カツは千葉県産の熟成ロースかつだそうで、衣がサクサクして美味しかったです。ちなみに僕は、温泉処に行くと、無性にカツカレーを食べたくなるんです。それが汚い食堂だと、なお良いんです。あっ、湯けむりの庄は綺麗な食事処ですからね。誤解のないように。

天婦羅せいろそば御膳〜ミニまぐろ漬け丼付〜

f:id:TommyBackpacker:20170219135105j:plain

こちらは友人が注文した「天婦羅せいろそば御膳〜ミニまぐろ漬け丼付〜」で、料金は1,380円です。温泉に蕎麦の組み合わせは王道ですね。まぐろ漬け丼はミニサイズとはいえ、結構なボリュームでしたよ。

その他のメニュー

f:id:TommyBackpacker:20170219135639j:plain

まあ、とにかく湯けむりの庄の食事処はメニューが豊富でした。ここで宴会は確実にできるレベルです。そして味のクオリティも高いと思います。安価なスーパー銭湯の食事処とは、ひと味もふた味も違うと思います。

スポンサーリンク
 

リラックスルーム

f:id:TommyBackpacker:20170219135959j:plain

さあ、食事と飲酒が済んだら液晶テレビが着いたリクライニングチェアで寛ぎます。温泉で温まったこともあり、静かに眠りについてしましました。平日の昼下がりに贅沢な気分です。そして目が覚めたら、再び温泉へ。そんなローテーションがスーパー銭湯系の楽しみ方だと思っています。

物販コーナー

f:id:TommyBackpacker:20170219140510j:plain

湯けむりの庄で面白いなと感じたのは、受付けの側にある物販コーナーでした。それもよく有りがちな物販ではなく、地方の特産物などが並んでいて、力の入れ具合を感じ取ることができました。

f:id:TommyBackpacker:20170219140715j:plain

そんな物販コーナーから一点。僕が面白いなと感じたのは「和紙タオル」です。天然素材なので肌に優しく、洗えば洗うほど肌に馴染むそうで、話のネタにお土産で購入するのもアリなんじゃないかと思いました。

温泉の素をゲット

f:id:TommyBackpacker:20170219142422p:plain
◇画像:ぽかなびjpより

さて、退館時には精算用リストバンドを返却して、食事などの精算を済ませば退館です。ちなみに、僕は予め用意したクーポンを提示したら、温泉の素をゲットすることができました。ネットには入館時に……と記載されていますが、柔軟な対応をしてくれました。嬉しや〜。

f:id:TommyBackpacker:20170219141851j:plain
◇クーポンでゲットした温泉の素。自宅で湯けむりの庄が味わえます

その他の施設

f:id:TommyBackpacker:20170219142922p:plain

宮前平源泉湯けむりの庄ではその他に、6種類の岩盤浴、手もみ処、アカスリなどの施設があり、サウナイベントやロウリュウイベントなどでお客を楽しませてくれます。今回は時間が合わなくて体験できませんでしたが、ロウリュウイベントは次回の楽しみにします。

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20170219150234j:plain


初めて伺った「宮前平源泉湯けむりの庄」でしたが、大変広いスペースにもかかわらず、その人気ぶりから多くの客で賑わっています。特に週末は入館するのに、10分から30分待ちもザラではありません。そんな混雑状況を知るのに便利なのがTwitterでした。宮前平源泉湯けむりの庄ではアカウントを開設しており、随時館内の状況をTweetしてくれるんです。Twitterを開設している人は、事前にフォローすることをおすすめします。

また、宮前平源泉湯けむりの庄を利用した感想としては、少々料金が高いなと感じる部分もありますが、その半面、小さなお子様や学生の姿は少なく、ゆったりのんびりできるのが良いところなんじゃないかと思いました。ただ、混雑する理由として人気があるのに加えて、時間制限が無いところだと思いました。逆に言えば制限が無いからゆったりできるんですがね。

つまり、この温泉の攻略法は、オープンの午前から入館して、温泉に浸かり、食事をして、酒を飲み、岩盤浴なども楽しんで、夜までゆったりと過ごすのがいいんじゃないかと思いました。

*訪れた日にち:2017年1月中旬 

宮前平源泉湯けむりの庄
住所:神奈川県川崎市宮前区宮前平2-13-3
入館料金:大人【平日】1,240円 【土日祝】1,500円、小人【平日】720円 【土日祝】820円、深夜割料金大人のみ【平日限定21時30分以降】980円

その他各料金は宮前平源泉湯けむりの庄WEBサイトをご確認下さい。
また、各イベントは毎月変更になり、クーポンのプレゼントは有効期限があります。各自ご確認下さい。

まかないこすめ 和紙タオル(ピンク)

まかないこすめ 和紙タオル(ピンク)

 

 

旅の宿(薬用入浴剤) 全国10箇所温泉気分 湯めぐりセット94包入
 

 

スポンサーリンク