読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


ミャンマーの名店!濃厚な海老カレーが美味いトゥートゥーレストランで夕食!!

ミャンマー アジアの食事

f:id:TommyBackpacker:20161003204830j:plain

マンダレー滞在初日の夕食は何にするかな?と、地球の歩き方をペラペラとめくっていると、「ミャンマー中にその名を知られた名店」と書いてある飲食店を発見した。詳しく読んでみると、エビカレーがおすすめと書いてあるではないか。僕は好きな食べ物のひとつに海老があった。そしてカレーも好物であり、海老とカレーの組み合わせを想像すると、自然と店へ足が向いていた。

 

スポンサーリンク
 


f:id:TommyBackpacker:20161003205351j:plain

ぐるっとお堀が囲む旧王宮の南側から少し路地を入ったところにその名店はあった。店の名は「トゥートゥーレストラン」だ。レストランといっても店内は食堂レベルだが、雑多なアジアの屋台と比べると、紛れもなくレストランといっても良いだろう。

f:id:TommyBackpacker:20161003233706j:plain

訪れた時間は夕方の6時頃。いつも賑わっているとの触れ込みとは違って、2組の客が食事の真っ只中だった。混んでいるよりはいい。早速店内の奥に進むと、幾つものカレーがショーケースに並んでいる。僕は目当てのエビカレーを注文すると、適当な席に座った。

f:id:TommyBackpacker:20160930230639j:plain

程なくして目当てのエビカレーが運ばれてきた。「この海老はたまらんなぁ……」と手をつけようとすると、ライス、スープ、小鉢が3種類、そして生野菜が次々と運ばれてきた。僕はミャンマーでカレーを食べるのは初めてだった。どうやらミャンマーでカレーを食べるということは、これらの小鉢と付き合っていくことを、この先の旅で知ることとなった。

エビカレー

f:id:TommyBackpacker:20161003204830j:plain

まずはカレーの海老から口にした。見るからにプリッとした海老は2つ。噛みごたえのある海老からは濃厚なエキスがカレーに抽出し、口のなかで海老の風味がふわっと広がった。幸せだ。ミャンマーのカレーは冷めてて不味いと聞いていたが、噂通りに冷めてはいるものの、美味しいではないか。これを食べれただけでもマンダレーに来て良かったと思えた。

ただ、カレーの量がライスに対して、圧倒的に少ない。どうしたってライスがお皿半分以上残る。これもこの先の旅の道中で、ミャンマーカレーはこういうものだと知っていくこととなる。

大豆の発酵品は納豆?

f:id:TommyBackpacker:20161003235026j:plain

エビカレーは抜群だった。しかしここから頭のなかで疑問符がついた。まず、大豆の発酵品だ。どこで見たか忘れたが、ミャンマーに納豆があることは知っていた。中国雲南省に近いシャン州がミャンマー納豆の発祥の地といわれている。もし、これがそうだとしたら、ミャンマーの納豆は疑問が残る。そして何とも言えない不快な匂い。もし、ここに醤油とネギとカラシがあるならば、僕は迷わず入れただろう。

茄子の惣菜?

f:id:TommyBackpacker:20161003235726j:plain

なんだ?このグチャグチャした料理は。これが最初の感想だった。しかしよく見てみると、僕の好きな食材、茄子だった。その色あいは、鮮やかな紫色ではなく、白かったから気づかなかっただけだった。その大好きな茄子の味わいはというと、とってもクセがあり、醤油とか、味噌とかはっきりした味付けではなく、辛味だけが残る味わいだった。

スポンサーリンク
 

ひよこ豆の惣菜?

f:id:TommyBackpacker:20161004000724j:plain

3種類の小鉢の最後の品が豆の惣菜だった。これもこの先のミャンマー旅で知っていくのだが、豆の正体はどうもひよこ豆のようだった。その豆の惣菜の食感はとても良かったが、味はというとこれもまたはっきりしない、食べていて飽きる微妙な味だった。

酸っぱいスープ

f:id:TommyBackpacker:20161004001221j:plain

旅先で飲む温かいスープに、心が休まる人も少なくないはずだ。僕もそのうちの1人だったが、このスープが酸っぱくて、心が全く休まらない。そしてタケノコの風味だろうか。残念ながら臭みもある。僕はタイで食べるグリーンカレーに入っているタケノコが苦手だったが、このスープに入っているタケノコも苦手な部類になった。そして、酸っぱいスープもこの先の旅で付き合っていくことになる。

最後に筆者から

ミャンマーのカレーは具材がメインで量は少なく、他の惣菜と共にライスを食べる。旅をしていくなかで知ったことだった。しかし旅の初めに食べたカレー店でそれを知る余地もなく、油っこくなった口に、生野菜をポリポリと噛る食事となった。ただ、エビカレーだけは評判通りに絶品で、次回食べるときはエビカレーのみで一杯やりたいなと思った。あれっ?この店、酒類がなかったよ。

トゥートゥーレストラン
住所:27th St.,Between 74th&75th Sts
料金:エビカレーとミネラルウォーター+TAX5%で、5,500チャット(約440円)

 


◇トゥートゥーレストランの場所


マンダレーの宿は日本人に人気の宿「ロイヤルゲストハウス」

トリップアドバイザー|ロイヤルゲストハウス|宿泊予約・レビュー・空室確認

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2016~2017

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2016~2017

 
旅の指さし会話帳44ミャンマー (ここ以外のどこかへ!)

旅の指さし会話帳44ミャンマー (ここ以外のどこかへ!)

 

 

スポンサーリンク