バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


プライオリティパスで利用できる成田空港第1ターミナルのラウンジを利用しました

f:id:TommyBackpacker:20170224215028j:plain

先日成田空港第1ターミナルを利用した際に、プライオリティパスを使ってラウンジを利用してみました。僕自身、成田空港第1ターミナルのラウンジ利用は初めてでしたが、ゆっくりと滞在をし、存分に楽しんで参りました。今回はその模様をたっぷりとご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

成田空港第1ターミナル:プライオリティパスで利用できるラウンジ

成田空港第1ターミナルにおいて「プライオリティパス」で利用できるラウンジは3ヶ所あります。それは出国手続き前のエリアにある「ビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)」と「IASS Executive Lounge1」。そして出国手続き後のエリアにある「KALラウンジ」です。その中で今回は「IASS Executive Lounge1」と「KALラウンジ」の2ヶ所を利用してみました。

「IASS Executive Lounge1」のご紹介

場所&外観

まずは「IASS Executive Lounge1」のご紹介からです。場所は中央ビル5階、南ウイング側にあります。営業時間は7時から21時で、プライオリティパス以外にも、各種クレジットカードの保持者でも使用ができます。

f:id:TommyBackpacker:20170224184345j:plain
◇「IASS Executive Lounge1」の場所 (画像:IASS WEBサイトより)

 

f:id:TommyBackpacker:20170224184813j:plain
◇南ウイング側のちょっと奥まった場所にあります

ラウンジの内部

f:id:TommyBackpacker:20170224185018j:plain

受付でプライオリティパスの提示をすると、FreeWi-Fiのパスワードが書かれた用紙を受取ってラウンジ内へ向かいます。この時ビールの注文を同時にしました。「IASS Executive Lounge1」では、アルコールが1杯無料で飲めるんです。

ドリンク類

f:id:TommyBackpacker:20170224185339j:plain

アルコールと違って何杯でも飲めるのが、ジュースなどのドリンク類。コーラや紅茶、お茶、コーヒーなどが飲めます。

食事

f:id:TommyBackpacker:20170224185533j:plain

「IASS Executive Lounge1」では残念ながら食事はできません。棚の上に置かれた柿ピーのみで、ビールのおつまみ程度です。まあ、出国前の時間の無い時なので、こんなものかという具合です。

PCデスク

f:id:TommyBackpacker:20170224185828j:plain

ラウンジの片隅にPC作業ができる机がありました。席数は3席です。出国前のちょっとした作業をFreeWi-Fiで利用できます。

f:id:TommyBackpacker:20170224190016j:plain
◇新聞各紙も読み放題です

「IASS Executive Lounge1」のまとめ

f:id:TommyBackpacker:20170224190232j:plain

出国前エリアでのラウンジだったので、ちょっとした休息程度のラウンジでしたね。それでもスマホの充電とFreeWi-Fiが利用でき、ビールも1杯飲めたのは嬉しかったです。僕はチェックインカウンターが開くまでの1時間、ゆっくりと過ごさせていただきましたよ。

「IASS Executive Lounge1」
場所:出国前エリア中央ビル5階
営業時間:7時〜21時(年中無休)
席数:61席
同伴料金:【大人】カード会社からの案内を確認 【小人】4〜12歳のお子様 500円(税抜) 3歳以下のお子様 無料
対象カード:JCB・UC・SAISON・AMERICAN EXPREESS・DC・MUFG・UFJ・NICOS・TS3・ORICO・EPOS・MI CARD・APLUS・SUMITOMO MITSUI TRUST CLUB・Rakuten Card・Diners Club International・PRIORITY PASS・LOUNGE CLUB・DragonPass・Benefit Station・Lounge Buddy 
*一部対象外のカードも有り。発行元からの案内をご確認下さい。

スポンサーリンク
 

「KALラウンジ」のご紹介

続いては出国後エリアにある「KALラウンジ」のご紹介です。「KALラウンジ」は大韓航空のラウンジで、利用する航空会社に問わず、プライオリティパス保持者ならどなたも利用できるラウンジなんです。

場所&外観

f:id:TommyBackpacker:20170224192457j:plain
◇KALラウンジの場所(画像:成田国際空港公式WEBサイトより)

場所は3階出国後エリアの「C10」で、26番ゲートの近くにあります。北ウイングの出国審査場を通過して左手へ進むこと徒歩1,2分ほどで行けます。

f:id:TommyBackpacker:20170224204752j:plain
◇KOREAN AIRの文字が目印の外観は、すっきりとした印象です

ラウンジの内部

f:id:TommyBackpacker:20170224204954j:plain

受付でプライオリティパスの提示をすると、ラウンジ内部へ進みます。ここではFreeWi-Fiを使用することはできますが、パスワードはありませんので、特にWi-Fiに関する用紙などはありません。そして先程の「IASS Executive Lounge1」とは違い、内装はスタイリッシュな印象を受け、窓からは太陽の光が差込み、飛行機の姿も見ることができます。

食事

f:id:TommyBackpacker:20170224205704j:plain

「KALラウンジ」の片隅にはフードコーナーがあり、簡単な軽食をとることができました。

f:id:TommyBackpacker:20170224205848j:plain

食事はおにぎり、パン、カップ麺などが主です。ビュッフェスタイルの料理はありませんが、腹を満たすには有り難い品々です。

ドリンク

f:id:TommyBackpacker:20170224210113j:plain

ドリンクはコーラなどのジュース、コーヒー、そして自動で注ぐビールサーバーもあります。ビールは2種類。バドワイザーとキリン一番搾りです。訪れたのは朝ですが、皆結構ビールを飲んでいるもんなんですね。

f:id:TommyBackpacker:20170224210303j:plain
◇冷蔵庫には水、トマトジュース、牛乳、おつまみのチーズがありました

ブランデーとスコッチ

f:id:TommyBackpacker:20170224210431j:plain

さて、今回利用した「KALラウンジ」。僕が一番興奮したのはウイスキーが飲めることでした。それもブランデーのレミーマルタンXOとバランタイン17年の2種類です。その他にはワインと日本酒もありました。

f:id:TommyBackpacker:20170224211139j:plain

僕はウイスキーが好きなので、この日ばかりはビールではなく、レミーマルタンとバランタインを味わいました。壁にかかったテレビのワイドショーを見ながら飲むウイスキー。家では絶対にやりません。いや〜、美味しかったなぁ。

「KALラウンジ」のまとめ

出国後のエリアにあるラウンジだけあって、ちゃんとしたラウンジの印象でした。とはいっても、オーダー形式の料理やビュッフェスタイルの料理などは楽しめませんが、機内食が楽しめるフライトなら、軽食程度でいいんだろうなと思いました。また、韓国などの近距離ならば、現地の料理を楽しみたいというのもありますよね。いずれにせよ、僕にとっては何よりウイスキーを味わえたのが嬉しかったです。

「KALラウンジ」
場所:出国後エリア中央ビル3階。26番ゲート付近
営業時間:7時35分〜20時50分(年中無休)
対象者:1.ファーストクラス、プレステージクラス利用者 2.スカイチームエリートプラス会員、および同伴者1名(スカイパスミリオンマイラー、モーニングカームプレミアム会員含む) モーニングカーム会員  3.PRIORITY PASS、Airport Angel、Lounge Club Card、Diners Club Card会員

 

プライオリティパス会員とは?

さて、世界各国のラウンジを利用できるプライオリティパスの会員になるには、当然年会費と利用権が必要になってきます。その種類は次の通りです。

スタンダード
年会費:99USD 会員利用権:27USD 同伴利用料金:27USD

スタンダードプラス
年会費:249USD 会員利用権:10回まで無料。その後27USD

プレステージ
年会費:399USD 会員利用権:利用回数に関係なく無料

 

上記の年会費を見ると、1年に1回利用するだけでも126USD必要になり、1年に数回海外旅行をする身にとっては高額なラウンジ利用となってしまいます。

お得な楽天プレミアムカード

そこで僕が今回ラウンジを利用するのに使用したのが、プライオリティパスに無料で登録できる楽天プレミアムカードでした。楽天プレミアムカードの年会費は10,800円。プライオリティパスの年会費399USDを支払い、利用回数に関係なく無料になる会員利用権を楽天プレミアムカードを持つことによって、年10,800円で同等のサービスを受けることができます。これは年に何度も海外へ足を運ぶバックパッカースタイルの旅をする身にとって有り難いカードなんです。

楽天プレミアムカードなら「プライオリティパス」に無料で登録  

海外旅行に必要な保険が自動付帯

楽天プレミアムカードはゴールドカードだから、付帯保険も充実しています。死亡保険、後遺障害保険金は最高5,000万円。傷害治療保険金は最高300万円、携行品損害保険金は年間最高50万円、救助者費用保険金は最高200万円と、 日本出国の前日から入国の翌日までの最長90日間自動的に保証される自動付帯保険があるのが、楽天プレミアムカードなんです。

楽天の旅行損害保険の詳細

また、通常の楽天カードは利用付帯のうえ、一度実費で支払ったあと治療費を受け取る保険ですが、楽天プレミアムカードなら保険会社がすぐに治療費を立て替えるキャッシュレスサービスなので、保険のことを考えても楽天プレミアムカードがお得なカードということが分かります。

楽天プレミアムカードなら「プライオリティパス」に無料で登録  

ラウンジ利用の総まとめ

f:id:TommyBackpacker:20170224213616j:plain


今回初めて利用した成田空港第1ターミナルのふたつのラウンジでしたが、プライオリティパスの恩恵を十分に受けることができました。僕は出発の3時間前に空港に到着をしましたが、食事、飲酒、PC作業、スマホの充電など、ラウンジを利用することによって、あっという間の時間が過ぎていきました。まだ空港ラウンジを利用したことのない方は、ぜひプライオリティパスを保有してみてはいかがでしょうか。

楽天プレミアムカードの詳細は下記からどうぞ

 

Pen(ペン) 2016年 6/1号 [最強のエアラインを探せ! ! ]

Pen(ペン) 2016年 6/1号 [最強のエアラインを探せ! ! ]

 

 

誰もが気になっていた空港の大疑問 (KAWADE夢文庫)

誰もが気になっていた空港の大疑問 (KAWADE夢文庫)

 

 

スポンサーリンク