読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


タイ国営トランスポート社の国際長距離バスを日本でオンライン予約購入してみました

f:id:TommyBackpacker:20170111082210j:plain

僕は今回ラオスのビエンチャンへ向かいましたが、その移動方法はタイ・バンコクからバスで行くことにしました。そのバスの多くは北バスターミナルのモーチット2から出ていますが、僕はタイ人に評判の良い国営バスのトランスポート社のバスに、なんとしても乗りたかったんです。しかし、人の移動が多くなる年末にチケットを当日入手するのは不安があったため、日本からインターネットで購入することにしました。

 

スポンサーリンク
 

チケットはタイチケットメジャー

トランスポート社に乗るなら、トランスポート社のWEBサイトで購入すれば良いのですが、タイ語で複雑なのでタイチケットメジャーのWEBサイトで購入することにしました。タイチケットメジャーはバスだけではなく、サッカーの試合や音楽ライブなども扱っており、大手チケット販売サイトと思えばよいです。

国営長距離バスのトランスポート社

トランスポート社はタイ国内はもちろんのこと、カンボジアやラオスに路線があります。例えば、カンボジアならシェムリアップ、プノンペン。ラオスならビエンチャン、パクセー。タイ国内なら、チェンマイ、プーケット。また、サムイ島やパンガン島などにも路線があります。

予約方法

f:id:TommyBackpacker:20161214191754j:plain
タイチケットメジャーWEBサイト

  1. まずは言語をタイ語から英語にする
  2. 往復か片道を選ぶ
  3. 出発地を選ぶ
  4. 到着地を選ぶ
  5. 乗車する日付を選ぶ

すべての選択を終えたら、サーチボタンをクリックします。

f:id:TommyBackpacker:20161214192413p:plain

僕の希望するラオス・ビエンチャン行きを選択すると、1日1便の20:00発の1択しかなく、必然的に深夜便ということになります。そして運賃は900バーツ。日本円で約2,900円だから他社より少し割高ですが、ここは人気のトランスポート社ということなんでしょう。

会員登録

f:id:TommyBackpacker:20161214192742j:plain

時刻にチェックを入れ、selectボタンを選択すると、個人情報の登録となりますが、タイチケットメジャーに初めて登録する人は、「Register TTM Member」をクリックして登録画面に進みます。

個人情報

f:id:TommyBackpacker:20161214193547j:plain

個人情報はよくありがちな登録ですが、携帯電話の番号は入力欄が9つあり、日本の電話番号を登録すると、アタマに国際電話番号の「81」を付けて、「0」を1つとれば良いです。

座席の選択

f:id:TommyBackpacker:20161214193851p:plain

続いて座席の選択になりますが、この座席表はとても見やすくて好感がもてます。そして予約状況も分かって便利です。

f:id:TommyBackpacker:20161214194300j:plain
座席の選択を終えると、搭乗者の確認画面になります。

支払い

f:id:TommyBackpacker:20161214194929j:plain

支払い画面に移ると、

  1. クレジットカード
  2. 現金(Cash Payment)
  3. 予約のみ

以上3点の選択ができますが、僕は便利なクレジットカードを選択しました。なお、クレジットカードはVISAかMASTERの2択しかないようです。そして運賃の900バーツにサービス料の20バーツ。さらにクレジット手数料の27バーツを合わせて、合計947バーツとなりました。

スポンサーリンク
 

チケットの受取方法

f:id:TommyBackpacker:20170111072503j:plain


予約と支払いが完了すると、バウチャーがメールにて送られてきます。そのバウチャーを印刷し、モーチット2の北バスターミナル内にあるタイチケットメジャーの窓口で提示すると、チケットを手にすることができました。

f:id:TommyBackpacker:20170111072522j:plain

タイチケットメジャーの窓口は、モーチット2北バスターミナル1階正面入口から入って、そのまま正面向いにあります。目安は入口手前にポリスボックス、真ん中にインフォメーションセンター、その奥がタイチケットメジャーという具合で分かりやすいです。そして国営トランスポート社の目安である、「999」の文字が窓口に見えればホッと一安心できます。

f:id:TommyBackpacker:20170111072958j:plain

チケットの引き換え時間は出発の1時間前で、それを過ぎると自動キャンセルになるので注意が必要です。僕は2時間前にチケットの引き換えをしました。なお、パスポートの提示は必要なく、印刷したバウチャーを提示するのみでした。


◇モーチットバスターミナルの場所

ラオス・ビエンチャン行きのバス

f:id:TommyBackpacker:20170111073326j:plain

座席はWEBで選択した通りの座席で、なんら問題はありませんでした。なお、実際にバスに乗車した模様は別途記事にして公開します。

*バンコクからビエンチャンの国際バスの記事はこちら

最後に筆者から

今回初めて利用したタイチケットメジャーのWEBサイトでしたが、登録、予約、購入、そしてバスターミナルでのチケット引き換えまでスムーズにこなすことができました。二つの国をまたぐ国境越えを一つのバスでできるのは、乗り換えもなく、快適に移動時間を過ごすことができました。

なお、今回の移動にかかった運賃は900バーツにサービス料と手数料がプラスされて947バーツとなりましたが、もう少し安く行く方法として、ノーンカイまで500バーツのバスに乗り、国境は別のバスに乗り換えて行く方法もあります。その際はタイチケットメジャーではなく、12Go AsiaのWEBサイトで予約する方がいいと思います。12Go AsiaWEBサイトはバスや鉄道の予約&購入を日本語表記で購入することができ、とても便利です。

一度マスターしたらこっちのもの。今後もタイのバスや鉄道を利用する際は、積極的にWEBサイトでの予約をして快適な移動時間を過ごしたいと思います。 

タイ/バンコク→ラオス/ビエンチャン
乗車時期:2016年12月下旬
バス:トランスポート社

乗車場所:北バスターミナル/モーチット2
運賃:900バーツ+サービス&手数料47バーツ
予約&購入:タイチケットメジャーでクレジットカード払い
注意:チケットの受取は出発の1時間前まで

 

バンコクのホテル探しは下記からどうぞ
Booking.com|バンコク|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

 

スポンサーリンク