読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


アジアの旅にはパタゴニアのバギーズショーツが最適だと思って購入してみました

旅の持ちもの

f:id:TommyBackpacker:20160810191327j:plain

画像:パタゴニア アウトドアウェアより

僕はアジアの旅を始めたころから、荷物は少なかった方だと思う。それはLCC各社の機内持込みの条件に合わせていたこともあった。その後旅を重ねると、持参する荷物は多少減ったが、荷物の量と関係ないところで考えてしまうことがあった。それは、川や海などの水辺に行ったときだった。

スポンサーリンク
 




持参したスポーツ系のショートパンツを、普段着と水着の兼用で使用していたが、水辺へ入るときはインナーに下着を着用していた。まあ、そこまでは良い。問題は水から上がった後だった。当然インナーの下着は濡れているから、替えの下着が必要になる。せっかく荷物を少なめにと僅かな枚数の下着は、水辺を考えたときに1枚余分にカバンへ忍ばせることとなる。僕は下着ですら枚数を減らして旅をしたいのだ。

パタゴニアのバギーズショーツ

そこで何かいい案はないかと調べていたら、パタゴニアのバギーズ・ショーツに辿り着いた。パタゴニアのバギーズ・ショーツは肌を日差しから守る丈夫なサプレックス・ナイロン100%素材を使用しており、僕の課題であったインナーがすでに取り付けられていた。それは速乾性のメッシュライナーで、色は黒。水着ではないのに、インナーが取り付けられているショーツは、おそらくパタゴニア以外でないのではなかろうか。

f:id:TommyBackpacker:20160810212152j:plain
◇黒のメッシュライナー。暑いアジアでも速乾性は大事です

速乾性はなにもインナーだけではなく、ショーツ全体が速乾性に優れているため、たとえば街からバイクで1時間かかる滝で遊んだあと、再び街へ帰ってきた頃には乾いている可能性があるのだ。つまり、下着のことを気にせず、尚且つ現地での着替えを考える必要もない。

さらにこのショーツはお尻のポケット部分にボタンが付いていて、ジップロックに入れた貴重品を収納できる構造になっている。川や海、滝などに出かけても、貴重品が気になったことがある人は少なくないと思う。そんなことを解消してくれるのが、パタゴニアのバギーズショーツだ。

f:id:TommyBackpacker:20160810212906j:plain
◇右のお尻部分にボタン付のポケットが見える。貴重品は全部ココへしまいます

スポンサーリンク
 



水辺の機能性

f:id:TommyBackpacker:20160810213016j:plain

画像:パタゴニア アウトドアウェアより

ポケットはお尻部分だけではなく、両脇部分に縦型である。この両脇部分が水に入ると空気で膨らみ邪魔になるが、バギーズショーツは水中での抵抗を抑えるデザインになっており、裏地の角に施したメッシュによって、水はけが良く、乾きが速いそうだ。もうこれには、購入するしかなかった。水辺での下着を考えていたが、この際、旅先での短パンは速乾性のあるこれ一枚でいい。さらに荷物が減ることとなるだろう。次の旅が楽しみである。

選べる股下の長さ

とは言っても、安くはないパタゴニア製品だけに、日本にいるときから普段履きとしても着用したいところ。僕は股下13cmの5インチを購入したが、股下18cmの7インチ、バギーズロングもある。股下の長さは好みになるが、一般的に5インチはジョギングに適しており、7インチは普通のショートパンツの長さと言われている。

f:id:TommyBackpacker:20160810214512j:plain
◇股下18cmの7インチ、バギーズ・ロング。丈は膝上ぐらいです
画像:パタゴニア アウトドアウェアより


5インチを購入しました

僕が購入したのは5インチだったが、サイズはSサイズを選んだ。理由はアクティブな動きに対応するためか、横幅がある造りになっており、ダボッとした印象だったからだ。これを街で履いたとき、いかにもスポーティーな印象を拭えず、シュッとした印象のSサイズを選んだ。それではウエストがキツイんじゃない?と思われるが、伸縮性のあるウエストバンドのため、かがんだりしてもなんら問題はなかった。(当方178cm・70kg)

f:id:TommyBackpacker:20160810220803j:plain

そして畳めば15cm✕10cmくらいの大きさにまとまり、これを荷物になると思う人はいないと思う。また、カラーは豊富に揃っているが、パタゴニアでは現在30〜40%オフのファイナルセールを開催しているため、夏物のショーツはカラー、サイズとも売り切れ次第終了と店員が話していた。気になる人は早めの購入をおすすめしたい。

パタゴニア メンズ・バギーズショーツ
カラー:カモ
価格:7,020円(税込)
セール割引価格:4,914円(税込)


パタゴニアのバギーズショーツを履いて旅してみました

f:id:TommyBackpacker:20170202183519j:plain

その後実際にパタゴニアのバギーズショーツを履いて旅をしてみましたが、コレは良い!と言う事が幾つかありました。

1.水辺で活躍

旅先での海や川など、水辺での活躍は想定通りでした。水中での抵抗を抑えるデザインは水中で深いな思いにならず、思いっきり楽しむことができました。また、インナーのメッシュ加工は、水はけが良く、乾きが速かったです。

2.山で活躍

トレッキングというほど大げさではないですが、山の上にある宗教施設や、軽い登山の時には大活躍でした。とにかくちょっと動くと大量の汗をかく身にとって、下着を履かず、インナーだけで動けるバギーズショーツには感謝です。

3.トイレも解決

東南アジアのトイレでペーパーがなく、お尻用シャワーしかない場合に重宝しました。シャワーで綺麗にした後、拭くものが無いと下着やズボンを濡らしてしまいます。しかし、インナー付のバギーズショーツならなんのその。水着の感覚で履いているので、濡れたってへっちゃらです。そして速乾性のある素材が、へっちゃら気分を後押ししました。

最後に筆者から

さて、以上でパタゴニアのバギーズショーツの紹介でした。本当に重宝しているのは間違いないので、旅に出る皆さんにもぜひおすすめしたい一品なんです。そして快適な旅をおくって下さい!!

 

 

スポンサーリンク