バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


【バンコク】ラチャテウィー住宅街の「チェックインマイホステル」は蚊も入らない重厚な造りのゲストハウスだった!

f:id:TommyBackpacker:20161207113410j:plain

2016年11月に訪れたバンコクでの宿泊は、ラチャテウィーのゲストハウスに宿泊をした。その名は「チェックインマイホステル」だ。元々住宅街のラチャテウィーだが、MBKやお洒落なファッションエリア、サイアムやエアポートリンクのパヤタイ駅から近く、今バンコクで最もゲストハウスが乱立するエリアといっていいかもしれない。今回はそんなチェックインマイホステルの宿泊記事をご紹介したい。

 

スポンサーリンク
 

場所



場所はBTSラチャテウィー駅から徒歩8分。アジアホテルの裏の西側に位置しており、はっきり言ってこの街が初見の人には大変分かりづらい場所だ。

駅からの道のり

f:id:TommyBackpacker:20161207114535j:plain

アジアホテルを背にして真っ直ぐ西へ5分ほど歩くと上記写真の場所に出る。小さな飲食店が目安だろう。そこを左折すると、右手に「WISH@SIAM」という大きなマンションが見える。エントランスにオレンジ色のビブスを着たバイタクの運転手が数人待機しているのでそれも目安になる。

f:id:TommyBackpacker:20161207114938j:plain

そのバイタクを横目にしながら更に奥へ進んでいくと、モスクが正面に見えてくる。道は細いし、突き当りだし、あれっ?これでいいのかな?という気持ちになるが、これで合っているのだ。

f:id:TommyBackpacker:20161207115140j:plain

そのモスクを左折するとすぐに、重厚な壁の上部に見える「チェックイン」の文字。これがまた壁の色と同化して見えにくい。ここが目的のゲストハウス「チェックインマイホステル」だった。

外観

f:id:TommyBackpacker:20161207120421j:plain

壁も重厚なら玄関口の扉も重厚な造りだ。分厚い木製の扉が出迎える。その立地もそうだが、インターネットで予約をしない限り、絶対泊まることのないゲストハウスだろう。それは行き当たりばったりで絶対出会うことのない宿だからだ。

受付

f:id:TommyBackpacker:20161207120752j:plain

入口のインターホンを鳴らすと温かく出迎えてくれた宿のスタッフ。対応してくれたのは感じのいいおばちゃんだった。どうやら家族経営のようで、部屋の一部は住人も住んでいる造りとなっていた。

チェックインの際には、パスポートの提示と、100バーツのデポジットがある。旅を重ねるとこういうのが少々面倒になるが、裏を返せばちゃんとしているということ。その重厚な造りにスタッフのおばちゃんは、

「蚊も入ってこないのよ、ハハハハ」

と笑い飛ばしていた。

各フロアの出入口

f:id:TommyBackpacker:20161207121344j:plain

宿の造りは3階建てで、各フロアには外階段を使用する。そして各フロアの出入口は、カードキーをかざさないと開かないようになっている。外部からの侵入はほぼ不可能な造りのうえ、この防犯の力の入れようには、思わず頭が下がります。恐れ入りました。

f:id:TommyBackpacker:20161207123617j:plain
◇各フロアの出入口には、可愛いインテリアが出迎えてくれます

f:id:TommyBackpacker:20161207121747j:plain
◇廊下はどことなく、人の家に来たような雰囲気があります

ドミトリー部屋

f:id:TommyBackpacker:20161207121850j:plain

僕が泊まった部屋はドミトリールームだが、ベッドと隣のベッドの間には壁があり、ややプライバシーが保たれる造りとなっていた。ただ、カーテンなどはなく、完全にプライバシーを保つことはない。そして各個人にロッカーはないが、大きな筒状の荷物入れがある。施錠は南京錠でするが、持っていない人は宿でレンタルできる。

f:id:TommyBackpacker:20161207122320j:plain

チェックインした際、隣のベッドで寝ている先客のドイツ人を起こしてしまった。昼過ぎのチェックインだったが、なにせその重厚な造りから宿内はとても静かで、いびきでもかかない限り、隣で人が寝ているとは気づかない。

スポンサーリンク
 

シャワー&トイレ

f:id:TommyBackpacker:20161207123826j:plain

シャワー&トイレは男女共用で1階にある。いちいち洒落た内装は、シャワー&トイレルームも完璧にお洒落さを感じることのできる造りになっていた。タイルの色がアクセントになって明るい印象だ。

f:id:TommyBackpacker:20161207124131j:plain

シャワーはハンドタイプと頭上からのタイプの2種類楽しめる。これは良い。そして備え付けのシャンプーがあり、湯温、水圧共に良好であった。

f:id:TommyBackpacker:20161207124447j:plain
◇トイレの数は豊富にあり、ランドリールームも兼ねている

周辺

f:id:TommyBackpacker:20161207125101j:plain

宿の目の前の小道を歩くと、すぐセンセープ運河に出る。その運河にはボート乗り場があり、そこからプラトゥーナム船着場で降りると、セントラルワールドや伊勢丹、ビッグCや外貨両替で有名なスーパーリッチ、エラワン廟に行くことができる。一方でその逆に乗って終点で降りれば、カオサン通りも近い。ちなみに3年前に乗ったときのボートの料金は10バーツだったが今は分からない。

f:id:TommyBackpacker:20161207125831j:plain

また、宿から徒歩6分ほどで、レートのいい外貨両替所「サイアムエクスチェンジ」がある。ここは僕がバンコク滞在でよく使う両替所で、わざわざスーパーリッチに行かなくても変わらないレートで両替ができる。

f:id:TommyBackpacker:20161207130520j:plain

そのサイアムエクスチェンジの目の前には、ナショナルスタジアム駅と巨大ショッピングセンターのMBKがある。カオサン?スクンビット?いやいや、今やラチャテウィーはバンコク屈指の立地が良い安宿街なのだ。

f:id:TommyBackpacker:20161207133035j:plain
◇ラチャテウィー駅前には、迷うくらいの飲食店があります

まとめ

f:id:TommyBackpacker:20161207131000j:plain

たった1泊の滞在だったが、その重厚な造りからゆっくりと熟睡することができた。もっともドミトリーだから、隣の人が静かに寝てくれたことも大きなことだが、アットホームな宿の雰囲気と住宅街の奥にある立地から、不良な外国人は泊まりに来ないと思われる。そのアットホームさを濃厚に味わうなら1泊ではなく、数日滞在しないと駄目だなと思った。それにしてもこの宿は、中にいると外の様子が全然分からない。特に1階の共用スペースは外の壁が高すぎて、1日中夜の雰囲気なんだけど、スタッフのおばちゃんが明るいから、まっ、いっか。

チェックインマイホステル
住所:Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
料金:1,203円/1泊(ドミトリー)
設備:FreeWi-Fi、エアコン、カードキー、シャワー&トイレ共用(湯温、水圧共に並)、シャンプー&ボディシャンプー無料、タオル有料、インスタントコーヒー無料、枕元にコンセント2口

その他:100バーツのデポジット有り、スタッフの感じが良い 、ネットの宿泊予約サイトのマップの位置が間違っている(2016年11月宿泊)

チェックインマイホステルのご予約は下記からどうぞ 
Booking.com|チェックインマイホステル|宿泊予約・レビュー・空室確認


◇正しいチェックインマイホステルの場所

 

地球の歩き方MOOK バンコク ランキング&マル得テクニック! 2017-18 (地球の歩き方ムック)

地球の歩き方MOOK バンコク ランキング&マル得テクニック! 2017-18 (地球の歩き方ムック)

 
バンコク 3500円以下で楽しめる夜遊びスポットを徹底的に探してきました

バンコク 3500円以下で楽しめる夜遊びスポットを徹底的に探してきました

 

 

スポンサーリンク