バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


寿司戦争勃発!?チェーン店のや台ずしが立石に参入してきたので早速行ってきました!

f:id:TommyBackpacker:20171015140937j:plain

せんべろの街、立石で寿司といえば、駅前にあるスタンディングスタイルの栄寿司が開店前から行列を作って人気を得ています。そこに10月14日土曜日、愛知県名古屋に本社を置くチェーン店のや台ずしが立石の街に参入してきました。休日の昼間に寿司でも食べたいと立石の街を歩くと、偶然にも通っている飲み屋の常連軍団と遭遇。総勢5名で、オープン初日のや台ずしへ足を運ぶこととなりました。

 

スポンサーリンク
 

 

 

外観&場所

f:id:TommyBackpacker:20171015140132j:plain

場所は京成立石駅から徒歩1分。屋根のあるアーケードを歩くと左手にあります。オープン日ということもあって、店頭には多くの花々が祝っていました。


◇や台ずしと京成立石駅の位置関係

 

オープンセール

f:id:TommyBackpacker:20171015135916j:plain

オープンから3日間は、最初のドリンク1杯が9円で飲むことができます。それでも19時までは半額で飲めるので、昼飲みができれば安いことは間違いないです。

店内

f:id:TommyBackpacker:20171015140139j:plain

店内は入口を入ってすぐに、L字のカウンターが職人を囲みます。そして奥の通路にテーブル席、さらに奥のスペースに座敷スペースがあります。

f:id:TommyBackpacker:20171015140142j:plain

僕たちが通された席は、店内奥にある座敷席。大人数で来ても安心です。こんなに奥まで広いとは、外観では分かりませんでした。

注文

f:id:TommyBackpacker:20171015142742j:plain

注文は既存の注文表に数字を書き込んで、店員に注文するスタイル。わさび入りか抜きも選べるので、小さなお子様も安心です。そして寿司は899円からの一人前の寿司盛り9勘をはじめ、一勘59円からの各寿司握り単品が揃っています。僕たちはドリンクに続いて、食べたい寿司ネタを単品で注文することにしました。

ビール

f:id:TommyBackpacker:20171020183906j:plain

生ビールの中ジョッキは490円。これが16時から19時までは半額で飲めます。さらにオープンから3日間セールの、最初の1杯9円ビールを極っと飲み干します。なお、お通し代は別途でかかりました。うん〜、商売上手?

寿司

f:id:TommyBackpacker:20171020184403j:plain

さて、肝心のお寿司です。まずは1勘99円の本マグロとイカです。本マグロは柔らかく、口の中でとろける感覚です。そしてイカもこれまた柔らかく、とても99円とは思えません。

f:id:TommyBackpacker:20171020184712j:plain

続いて59円のたまご、129円の穴子、159円のあじ、229円の中トロ、299円のうに軍艦などをいただきます。

まず中トロ。これが程よい脂がのって美味しいです。中トロは2回注文してしまいました。そしてうに軍艦。これが見た目の色が少し悪いんですが、とても美味しいんです。うにの種類はバフンウニやムラサキウニなど色々種類があり、オスとメスによって色と味も違うらしいのです。僕はその辺のことはよく分かりませんが、鮮度が良くて美味しく感じたのは皆共通でした。

そして、僕が注文したたまご。「誰?お子ちゃまの注文は?」などと周りから言われましたが、通はたまごを食べるんじゃなかったっけ?

そのたまごの味は甘くない、ダシが効いた大人なたまご。これは気に入った一品でした。

f:id:TommyBackpacker:20171020185801j:plain

まだまだ食べます。99円の甘えびやたこ、129円の〆サバ、229円のえんがわなどをいただきます。その中でも特に美味しかったのはえんがわです。これも適度な脂がのって、噛むと口の中で風味が増しました。いや〜、幸せ。

f:id:TommyBackpacker:20171020190142j:plain

巻物も食べました。259円のかっぱ巻きをつつきながら、「きゅうりは二日酔い予防になるんだよ〜」なんてトークをしながら食べる寿司は、皆で食べる楽しさでもあります。

 

スポンサーリンク
   

居酒屋の顔

f:id:TommyBackpacker:20171020190600p:plain
f:id:TommyBackpacker:20171020190558p:plain


今回はたらふく寿司だけを食べましたが、や台ずしは普通の居酒屋メニューも豊富にありました。や台ずしのコンセプトは居酒屋としても利用できる寿司屋ということでしょうか。初めて利用しましたが、食材の在庫が大変そうですね。利用する側としては、好きな形態のお店です。そして深夜営業もしているのが嬉しいかぎりです。昼から飲める立石の夜は早いですからね。

その他の特徴

f:id:TommyBackpacker:20171020193957j:plain

さすがに寿司屋でパソコン作業をする人はいないと思いますが、充電できるコンセントが各テーブルに設置されていました。これは嬉しいサービスですね。

お会計

計5名で1人あたり:2,000円弱 (お酒は一人3杯ほど)

最後に筆者から

僕も含めて同行させてもらった人の感想は、とにかく「美味しい」の一言。オープン初日だから素材の新鮮さは疑いの余地なし。これが一ヶ月後、二ヶ月後と続けば文句なし。リピーター確実です。そして何より、シャリがとても美味しいんです。回転寿司の機械が握ったそれとは違い、食感、温度も文句なし。同行した人も「シャリがうめ〜んだよ」と唸っていました。や台ずしは全国にチェーン展開しているお店ですが、いやはやチェーン店もいいじゃない!?と思わせる内容でした。

*や台ずしの詳しいメニューと店舗検索はこちらから 

 

追加記事:居酒屋メニューで再訪しました

f:id:TommyBackpacker:20171031112823j:plain

その後再訪したので、追加記事です。訪れたのは10月下旬。居酒屋メニューを中心に注文をしました。まず上記写真のメニューはイワシ梅肉はさみ揚で499円(税抜)。いわしの生臭さを梅肉で消しています。サクっとした食感で、中身はジューシー。想像通りの味でしたが、美味しかったです。

f:id:TommyBackpacker:20171031113303j:plain

続いては山芋の短冊揚で399円(税抜)。山芋の食感を楽しみつつ、こちらも美味しくいただきました。

f:id:TommyBackpacker:20171031113516j:plain

そして、豪快!いかの天ぷらハーフサイズ499円(税抜)。今回注文した居酒屋メニューのなかで、一番美味しい料理でした。サクっとした外側の食感で、いか本来の食感は柔らかく、風味もバッチリありました。ハーフサイズでもボリューム満点。4人以上なら普通サイズをおすすめします。

f:id:TommyBackpacker:20171031113905j:plain

シメは赤だしのみそ汁199円(税抜)。や台ずしは名古屋の会社なので、名古屋といえば赤だしでしょう!?ということで、こちらも美味しくいただきました。

 

寿司居酒屋 や台ずし 京成立石店

住所:東京都葛飾区立石1-21-3
電話:03-3696-1622
アクセス:京成押上線 京成立石駅南口徒歩1分
営業時間:全日 16時〜深夜3時30分
定休日:年中無休
座席数:54 (カウンター10、テーブル12、掘りごたつ32)
クレジットカード支払い可能

 

鮨のすべて: 銀座久兵衛 変わらぬ技と新しい仕事

鮨のすべて: 銀座久兵衛 変わらぬ技と新しい仕事

 
寿司の教科書 最新版 (e-MOOK)

寿司の教科書 最新版 (e-MOOK)

 

 

スポンサーリンク