読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに憧れて

BPスタイルのアジア旅行記と格安航空券や旅の情報

MENU


ぐるっと一周!ヤンゴン環状線で3時間のゆるり列車旅

ミャンマー

f:id:TommyBackpacker:20161028211010j:plain


一周ぐるりと周る列車の環状線。東京なら山手線、大阪なら大阪環状線を思い出す人も少なくないはずだ。それがミャンマーのヤンゴンにも存在することは、インターネットからの情報で知っていた。そんな「ヤンゴン環状線」の列車旅は、今回のヤンゴン滞在での楽しみのひとつだった。

 

スポンサーリンク
 

旅のはじまりはヤンゴン中央駅から

f:id:TommyBackpacker:20161028211515j:plain
◇ミャンマー最大の鉄道駅のヤンゴン中央駅

列車旅の出発地点、ヤンゴン中央駅にやってきた。ミャンマーの伝統建築様式だろうか。白い駅舎は遠くから見てもよく分かる。

f:id:TommyBackpacker:20161028212051j:plain

環状線へ乗るには駅舎の正面ではなく、パンソダンストリート側から直接ホームに降りる。僕はコレを分からず、駅舎の正面をウロウロしてしまった。

f:id:TommyBackpacker:20161028212345j:plain

環状線の6,7番ホームに降りると、窓口でチケットの購入に走る。環状線に乗る外国人は珍しくないようで、駅員はすぐに指で1周の文字を描いて僕と目をあわせてきた。チケットの購入は容易だった。そして料金は200K。日本円で約16円だから安いの一言である。

f:id:TommyBackpacker:20161028212738j:plain
◇これがミャンマー鉄道のチケットです

f:id:TommyBackpacker:20161028212823j:plain
◇ヤンゴン環状線の総距離は45.9Kmで1周3時間かかる。ゆっくり走るんだろうなと想像できる

列車の出発までホームをウロウロしていると、流暢な日本語で話しかけてくるミャンマー人がいた。

「日本人ですか?」

f:id:TommyBackpacker:20161028213224j:plain

彼の名前はラーメンタイ君。日本語を勉強している若者だった。

「日本のラーメンと同じ発音なんです」

自分の名前の発音の例えもバッチリなラーメンタイ君に、環状線の右回りと左回りの説明を簡単に受けると、ホームに到着した列車に急いで飛び乗り、別れを告げた。

f:id:TommyBackpacker:20161028213714j:plain
◇10時45分発の左回りに乗車。ここから16円で3時間の列車旅です

ヤンゴン環状線の車内と景色

f:id:TommyBackpacker:20161028220858j:plain

環状線はゆるりとヤンゴン中央駅を出発した。時速は体感で30kmほど。日本の原付バイク並の速度で、ガッタンゴットンと走っていく。車内にエアコンはなく、天井に取り付けられた扇風機のみ。それでも窓から入ってくる風が心地よく不快な暑さは全くない。

f:id:TommyBackpacker:20161028221309j:plain
◇家族旅行だろうか?人々もゆるりと見えます

f:id:TommyBackpacker:20161028221451j:plain
◇踏切を待つ車は大渋滞

f:id:TommyBackpacker:20161028221543j:plain
◇ホームで列車を待つ人はのんびりと……

列車は各駅に停車する。特急や急行などは存在しない。そして駅の停車時間は体感で10秒ほどだ。着いたらすぐに出発するものだから、ホームに完全に停車する前に人々は乗り降りをする。

f:id:TommyBackpacker:20161028221906j:plain
◇急いで乗降しないと発車しちゃうよ〜

 

f:id:TommyBackpacker:20161028221627j:plain

車窓から見える景色はヤンゴンのローカル地区そのもの。ゆるりとした景色が永遠に続く。あの喧騒とした都市ヤンゴンの姿はどこへ行ってしまったのか?思わずそんな気分になってしまう。

f:id:TommyBackpacker:20161029074411j:plain
◇民家のすぐ側を走ります。ローカル地区の佇まいを見るなら環状線でしょ?

f:id:TommyBackpacker:20161029074409j:plain
◇大きな荷物が車内を塞ぎます。迷惑という言葉はありません

ホームに広がる市場

f:id:TommyBackpacker:20161029075140j:plain


ヤンゴン中央駅を出発して1時間半近く走っただろうか。列車がとある駅に進入すると、ホームに多くのパラソルが見えた。どうやらホームで市場が開かれているようだ。駅の名前を見てみると、ダニンゴン駅という駅名だった。少し散策しようかと迷っていると、列車はすぐに発車してしまった。バナナでも食べようと思ったのに……。

f:id:TommyBackpacker:20161029074638j:plain

列車と市場。これがタイだとメークロン市場が有名だろう。列車すれすれに広がる市場の傘は、そのスリルから多くの観光客を呼んでいるらしいが、ここダニンゴンの市場はスリルな点はひとつもなく、ゆるりとした光景が広がっている。

f:id:TommyBackpacker:20161029075458j:plain
◇買い出しを終えた乗客が車内に乗り込んできます

 

f:id:TommyBackpacker:20161029075638j:plain

f:id:TommyBackpacker:20161029075641j:plain

2時間は走っただろうか。車窓から見える景色に飽きてくる時間がある。そういう時は車内販売を見て過ごすのが丁度いい。新鮮そうなフルーツ、水、うずらの卵など、次から次へと売り子が乗車してくる。

スポンサーリンク
 

突然のスコール

f:id:TommyBackpacker:20161029080112j:plain

環状線の旅もそろそろ終盤を迎えたころ、叩きつけるような雨が降ってきた。季節は9月の終わり。ミャンマーでは雨季の終わりを告げるころだった。

f:id:TommyBackpacker:20161029080327j:plain
◇列車に窓はありません。ステンレス製のシャッターを上部から下ろします

f:id:TommyBackpacker:20161029080443j:plain
◇雨だにぃ〜

f:id:TommyBackpacker:20161029080538j:plain

雨が降り、ステンレス製のシャッターが景色を遮る。するとウトウトと睡魔に襲われ、いつの間にかヤンゴン中央駅に着いてしまった。時間はちょうど3時間。ヤンゴン環状線1周の旅は終了である。

最後に筆者から

f:id:TommyBackpacker:20161029080931j:plain

車窓からヤンゴンのローカル地区が垣間見える環状線。楽しかったが、途中から飽きてきたのも事実だ。そんな時は、車内販売の売り子を観察したり、スマホを見たり、昼寝をして過ごしたりした。本来ならば見知らぬ駅で途中下車をし、街の散策をしてこその列車旅だと思うが、次の予定を実行したかったから諦めた。終わりを決めない自由な旅に憧れたのが、ヤンゴン環状線の1周旅だった。

 

ヤンゴン環状線
乗降駅:ヤンゴン中央駅
1周の所要時間:3時間
運賃:200K
1日の本数は15本ほど。始発は6時台から終電は17時台。1時間に1本から2本の運行 

*ヤンゴン環状線の動画を後日アップします  

ヤンゴンのゲストハウスはチャイナタウンのトラベラーズハウス
Booking.com|Traveller's House|宿泊予約・レビュー・空室確認
Agoda.com|Traveller's House|宿泊予約・レビュー・空室確認

 

ヤンゴンなび(ミャンマー)ガイドブック

ヤンゴンなび(ミャンマー)ガイドブック

 
地球の歩き方 D24 ミャンマー 2016-2017

地球の歩き方 D24 ミャンマー 2016-2017

 

 

スポンサーリンク