バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



寝ゲロに極寒!絶対に泊まってはいけない梨泰院ランドに閑古鳥が鳴く

f:id:TommyBackpacker:20170304205932j:plain

ソウルにあるサウナ「梨泰院(イテウォン)ランド」はその昔韓国ドラマの撮影にも使われ、大変人気のあるサウナと耳にした。僕も数年前実際に宿泊を兼ねて利用したところ、大変な賑わいで韓国のサウナを堪能したものだった。初めて体験したチムジルバンはその心地よさに寝坊をして帰国する飛行機に乗れず、大変苦い思い出のある場所だった。今回はその苦い思い出を振り返る意味でも、梨泰院ランドへ再訪した。

続きを読む

【ソウル】広蔵市場のうまいもん通りにある屋台で韓国B級グルメはしご飯

f:id:TommyBackpacker:20170304160131j:plain


前日ユッケとレバ刺しを食べに訪れた広蔵市場(クアンジャンシジャン)だったが、翌日も広蔵市場に足を運んだ。目当ては市場内にある「うまいもん通り」の屋台で一杯やることだった。ほんとの所はユッケもレバ刺しも屋台も1日で済ませたかったが、韓国の食事のボリュームがそうはさせてくれなかった。それでも気持ちは収まらず、翌日再び足を運んだというわけだった。

広蔵市場のユッケとレバ刺しの記事はこちら

続きを読む

【韓国】ソウルの広蔵市場でユッケとレバ刺し三昧に腹が泣く

f:id:TommyBackpacker:20170304093843j:plain

ソウルの旅でどうしても食べたい一品があった。それはユッケだ。今から6年前(2011年)、ある焼肉屋で提供した「和牛ユッケ」から腸管性出血性大腸菌O-111による集団食中毒が発生した。この出来事はマスコミでも大きく取り上げられ、死者5名を含む100人近い患者を出す集団食中毒事件に発展。社長の土下座会見が今でも深く印象に残っている。その後日本でユッケを口にする事は困難になった。ここからは僕も頭を悩ませる法律の話しになるが、禁止になったのは牛のレバーで、ユッケに関しては加工の条件付きでしか口にする事はできない。つまりその気になれば食べることはできるが、その加工コストから提供している店舗を探すのが困難になった。いずれにせよ、6年ほど口にしていないユッケとレバ刺しを求めるのが、今回のソウル旅の楽しみのひとつだった。

続きを読む

韓国ソウル駅の指紋認証型コインロッカーの使い方を写真付で解説します

f:id:TommyBackpacker:20170302192710j:plain

今回のソウル旅。僕はホテルを予約せず、サウナで安価な宿泊をしました。しかし、日中出かける際に邪魔なのが荷物です。そこで活用したのはコインロッカーでした。主に利用したサウナはソウル駅近くのシロアムサウナだったので、ソウル駅のコインロッカーは頻繁に利用させてもらいました。というわけで、今回は「ソウル駅のコインロッカーの使い方」を写真と共に解説させていただきます。

続きを読む

シロアムサウナはソウル旅行者の登竜門!アカスリ&食事で安眠宿泊!!

f:id:TommyBackpacker:20170301214304j:plain

ソウルを旅する旅行者は、必ず一度は訪れると耳にする「シロアムサウナ」。ネットの情報を目にすると、「1日はいれる」、「何だかんだでシロアムがいい」など、リピーターも多いようです。僕は今回のソウル旅で数カ所のサウナ(スパ施設)を利用しましたが、シロアムサウナはソウルで一番活気があって優れたサウナだと感じました。今回はホテル代わりに宿泊をしたので、シロアムサウナの全容をご紹介します。

続きを読む

明洞の屋台と南大門市場のカルチジョリム通りでサバの塩焼きに舌鼓を打つ

f:id:TommyBackpacker:20170228194433j:plain

ソウル旅の初日。僕は明洞の街から旅をスタートした。韓国は初めてではなかったものの、明洞は初めて感じる空気だった。その明洞を歩くと、多くの人で賑い、無数の飲食屋台が並んでいた。氷点下まで冷え込む路上でアツアツのトッポキを頬張り、南大門市場でサバの塩焼きに舌鼓を打つ。しかしそこに待ち構える韓国の食スタイル。明洞から南大門市場までを歩いた。

続きを読む