バックパッカーに憧れて

travel × blog × airbnb



アジアの夕日

一日の終りに夕日を見ることが旅の日課かもしれません。大好きな夕日、夕景に関する記事をお届けします。

ハングルが踊る街!韓国マネーで潤う2年振りのバンビエン街歩き

ラオスを旅する旅行者は、首都ビエンチャンと世界遺産の街、ルアンパバーンを陸路で移動する人が多い。その両方の街の途中にあるのがバンビエンという街だ。そのバンビエンはかつて欧米人の溜まり場となっていた話しを旅の熟練者から聞いたことがあった。街…

ビエンチャンにいったい何があるというんですか?

旅をしている人を大まかに分けると、観光に勤しむタイプとのんびり過ごすタイプに分かれる。僕はどちらかと言うと後者のタイプだが、ちゃんと観光をすることだって珍しくはない。しかし、これがビエンチャンとなると、観光に勤しもうという気持ちの高揚は全…

男のひとり旅!鳥のさえずりで始まり夕日で終わるサメット島での過ごし方

2016年11月、僕は本土から6.4km沖合のタイランド湾に浮かぶ島、「サメット島」に2泊3日滞在した。サメット島の滞在は2度目だったが、初めて拠点にしたサイケオビーチを中心とした様子を今回ご紹介したい。

【ミャンマー】電動バイクで巡るバガン遺跡の仏塔・寺院巡り

バガンの仏塔・寺院観光はオールドバガン周辺がメインになると思うが、一説によると仏塔の数は2千から3千とも言われており、地球の歩き方に掲載されているバガン見どころカタログの数だけでも26個の仏塔と寺院がある。これを順番に巡るのが正当な観光者なの…

太陽ときどきポッパ山!朝日で始まり夕日で終わるバガン観光

2016.09.22:旅の5日目はバガン旅の5日目は仏塔からの朝日を見るために、まだ街が暗闇に包まれている午前4時半に起床した。旅の最中にこんな朝早く起きたのは、カンボジアのシェムリアップで、アンコールワットでの朝日を見た以来だろうか。当然のことだが、…

カオサン通りのプール付ホテル「ランブトリ ヴィレッジ プラザ」宿泊記 '15〜'16

バンコク滞在:2015.12.28〜2016.01.02 バンコクでの宿泊はカオサン通りからすぐ近くのランブトリ通り、通称寺裏にある「ランブトリヴィレッジプラザ」にした。以前当ブログの記事で「行く意味がない!?カオサン通りに見る日本人のバンコク宿事情」という記…

楽しいチェンマイ|寺院と生バンドのバーと激安市場カレー

2015.09.26(10日目)ゲストハウスのチェックインを済ませると早速外へ出た。相変わらず日差しは強い。日本では秋を迎え、涼しくなってきたころだろうか。僕は東南アジアの強い日差しが大好きだ。 スポンサーリンク // チェンマイ街歩き ワットチェディルア…

香港のスターフェリー|九龍サイドの尖沙咀と香港島を結ぶショートクルージング(乗り方、料金、時間)

僕は香港へ行ったらスターフェリーに乗りたいと思っていた。香港島と九龍を結ぶスターフェリーは100年以上の歴史があり、香港の象徴のひとつといってもいいだろう。フェリー本体のデザインは上半分が白、下半分が緑で船体やセーラー服などにもスターの名の通…

【シェムリアップ】朝日から夕日までアンコールワット観光!死ぬまでに一度は行ってみたかった世界遺産で至福の時間

2015.03某日(3日目)今日はいよいよアンコールワットを観光する。アンコールワットとはシェムリアップにあるユネスコの世界文化遺産であるアンコール遺跡のひとつであり、その遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築。12世紀前半アンコール王朝のスールヤヴ…

ナーガ光球は見えるか?ビエンチャンで見るメコン川に沈む夕日は綺麗だった!!

2015.01.02(5日目)メコン川へはナンプ広場から歩いて10〜15分程度で着く。川の手前には綺麗で大きな公園があり、マーケットも開催されていた。数年前この一帯はメコン川に沈む夕日を見ながら一杯飲める屋台が軒を連ねていた。今は綺麗に整備され、その面…

セントポールの丘で見るマラッカの沈む夕日に憧れて!〜深夜特急のあしあと〜

2014.11.23(3日目)マラッカセントラルからのバスを降りると、マラッカ観光のスタート地点、オランダ広場でしばらくボッーとしていた。レンガ色の建物と、目の前の噴水の音がとても居心地がよかった。 スポンサーリンク // オランダ広場 サンチャゴ砦 フラ…


当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.