バックパッカーに憧れて

旅✕ブログ✕空き家✕airbnb



タイ王国

東南アジアに位置する立憲君主制国家。首都はバンコク。通貨はバーツ、人口は6,718万人。

タイのマクドナルド限定メニュー「スパイシーナムトック黒豚バーガー」が超ウマい!

旅を趣味としている人で、世界のマクドナルドを食べることを、旅の目的にしている人もいます。そのくらい世界中から愛されているマクドナルド。僕も最近旅へ出ると、マクドナルドを利用することが増えてきました。今回の旅先はタイということで、タイのマク…

ほんとに悪評?タイのパタヤでやよい軒へ行ったら意外と旨かった「すき焼き定食」

渡航前に痛めた喉の調子がぶり返し、温かい鍋料理を口にしたいと、タイのパタヤで、日本企業の「やよい軒」へ足を運んだ。海外でやよい軒は初めての体験。店へ行く前に、インターネットで下調べをした。すると「残念さにびっくりした」、「まずかった」、「…

タイのairbnb|パタヤの海が見えるプール付コンドミニアムで民泊体験

タイでやってみたい宿泊体験があった。それはコンドミニアムのairbnbだった。airbnbとは、いわゆる民泊のことだが、自身が民泊を運営しながら、未だゲストとして民泊を利用していなかった。恥ずかしい話しだが、ゲスト側の体験を身をもって勉強するつもりだ…

【バンコク】ターミナル21のフードコート「PIER21」は安くて旨くておすすめです!

アソークにある「ターミナル21」は、空港をテーマにしたショッピングセンターとして有名だが、フードコートが安くて旨いと評判。僕もたまに利用しているが、改めてその利用方法を記しておきたい。

【2018年版】バンコクのコインロッカー「LOCK BOX」の料金と使用方法

特に旅の最終日。フライトまでの時間に余裕がある場合、バックパックなどの荷物は泊まったホテルに預けることが多かった。タイも日本のように、コインロッカーがたくさんあったらいいな……。と思っていたら、近年BTSやMRTの駅に「LOCK BOX」という名のコイン…

バンコクのゲストハウス|朝食付きのドミトリー「ディフホステル パヤタイ (DIFF HOSTEL PHAYATHAI)」

バンコクで一度泊まってみたい地域があった。それはパヤタイだ。パヤタイはスワンナプーム空港と最速15分で結ぶARL (エアポートレールリンク)の玄関口。元々は家賃の安いアパートが並ぶ住宅街だったが、その利便性から近年ゲストハウスが増えてきた。そんな…

バンコクのビアホールレストランでショーを見ながらクラフトビールを楽しむ過ごし方

バンコクならではのはずが、今まで行ったことのない飲食店があった。それはエンターテイナーのショーを見ながら飲むビアホールだ。店名は「Tawandang」今回はタイ在住の友人S君のすすめで共に向かったが、ネタも豊富で想像したより圧巻なステージだった。

バンコクのチャイナタウン「Lhong Tou Cafe」でフォトジェニックな中華粥朝食セットとミルクティー

アジアを旅するようになってから、粥の文化を知った。それから様々な国や地域で粥を口にしてきた。そんな粥は、見栄え、味、具材が様々なところが楽しくて、僕の旅を彩った。そして今回のタイ旅行ーー。当然のように粥を口にしたいなとインターネットに繋ぐ…

【バンコク】ターミナル21で香港点心レストランのティムホーワン(添好運・Tim Ho Wan)を喰らう!

一度口にしてみたい天心レストランがあった。それは香港にある天心のカジュアルレストラン「ティムホーワン(添好運・Tim Ho Wan)」だ。 そのティムホーワンがバンコクのターミナル21にあることを知り、今回のバンコク旅の機会に訪れてみた。

安価で超旨!アーノルズブッチャーステーキ(STEAK ARNO’S BUTCHER)でバンコクの熟成肉を喰らう!!

バンコクで行ってみたい飲食店があった。名前は「アーノルズブッチャーステーキ(STEAK ARNO’S BUTCHER)」。フランス人のオーナーシェフが、熟成させた牛肉を提供するステーキハウスだ。この店の特徴として、自分で肉のグラム単位と焼き方を決められること。…

【バンコク】トンローの超有名マンゴー店「メーワリー (Mae Varee)」で美味しいカオニャオマムアン

突然だが、僕はカオニャオマムアンが好きだ。カオニャオマムアンとは、餅米をココナッツミルクで炊いて、マンゴーと一緒に食べるスイーツのこと。僕はマンゴーが好きなゆえ、一緒に食べるなんて……と、昔は敬遠していたが、今ではなぜかタイへ行くと必ず口に…

バンコクの絶景ルーフトップバー「オクターブ(octave)」はハッピーアワーが安くておすすめ!!

バンコクで行きたい場所があった。それは「ルーフトップバー」だ。想像をしてみる。カクテルを片手に、高層ビルの屋上からバンコクの夜景を一望する。眼下に見えるのは、路上に流れる喧騒とは無縁の世界。さっきまで目にしていた車や三輪バイクのトゥクトゥ…

「暮らすように旅をする」という味を覚えたタイの民泊

タイのパタヤにいる。バンコクで数日過ごしたあと、南へ移動してきた。夏はairbnb運営もあって、長期の休みをとらなかった。遅めの夏休みである。

はじめての海外ひとり旅はタイがおすすめの理由

まだ見ぬ海外に憧れてーー。向かった先はタイの首都バンコク。空港の外に出ると、東南アジア特有の匂いに刺激され、トゥクトゥクに揺られながらバンコクの風を全身に浴び、タイフードで腹を満たす。それが僕にとって初めての海外であり、タイのバンコクだっ…

タイ旅行の初心者必見!バンコク・ラチャテウィーの屋台と食事特集

僕のバンコク拠点の地、ラチャテウィー。振り返るとラチャテウィーの街に滞在した回数は、数え切れないほどになってきました。なぜスクンビットやカオサンではなく、ラチャテウィーなのか?それは立地の良さと物価の安さに加えて、綺麗でお洒落なゲストハウ…

ドンムアン空港とBTSモーチット駅を結ぶA1バスの乗車方法

タイ・バンコクにおける、主にLCCの離発着ターミナルのドンムアン国際空港。そのドンムアン空港からバンコク市街地への移動方法のひとつにエアポートバスの存在があります。エアポートバスの種類は現在4種類で以下の通り。 A1 (空港⇔モーチット) A2 (空港⇔戦…

タイエアアジアX|成田ーバンコクの往復でXJ601便とXJ600便の搭乗記

今回のタイ旅行の往復は、タイエアアジアXのXJ601便とXJ600便を利用しました。路線は東京・成田ーバンコク・ドンムアン線です。僕のタイ旅行では、よく利用する路線ですが、久しぶりに空の旅をリポートしたいと思います。

ドンムアン空港国際線|プライオリティパスで利用できる二つのラウンジ体験記

主にLCC専用ターミナルとして使用されている、タイのバンコクにあるドンムアン国際空港。そのドンムアン空港に、プライオリティパスで利用できるラウンジがオープンしたとの声を耳にしたので、今回のタイ旅行の機会に利用してみました。利用したのはコールラ…

【バンコク】会話重視!生バンドが無いラチャテウィーの安くて旨いレストラン

僕のタイ旅行で必ず滞在するバンコク、ラチャテウィーの街。そのラチャテウィーに滞在すると、気軽に入れる飲食店へ足を運ぶことが多いんですが、今回は友人たちとお洒落なレストランへ訪れてみました。 店名は「フアチャーン(Hua Chang)」 フアは頭、チャー…

【バンコク】安くて気軽に入れるステーキ店のチキンステーキに満足

僕のタイ旅行で必ず滞在するバンコクのラチャテウィー。そのラチャテウィーでステーキが食べたくなり、どこかないかと探していると、ラチャテウィーの駅前で気軽に食べられるステーキ店がありました。今回はそんなステーキ店の紹介です。

【バンコク】ラチャテウィーの綺麗!安い!立地が良い!1泊1,200円のドミトリーで安眠宿泊

僕がバンコクを旅するときの拠点、ラチャテウィーの街。そのラチャテウィーでの宿泊はゲストハウスを選びました。先日ご紹介したBED ONE BLOCKに続き、今回はラチャテウィーのゲストハウス第2弾。MONOMER HOSTEL BANGKOKのご紹介です。

【タイ】サメット島の格安ホテル「ルナルナゲストハウス」なら1人旅でも安価に宿泊

今回のタイ旅行では、バンコクから南東へ約200km離れたサメット島へ訪れました。サメット島はタイ人にも人気のリゾート地。浜辺には高級ホテルが建ち並んでいますが、バックパッカースタイルの旅行者も安心して泊まれる安価なホテルがあります。今回はそんな…

【バンコク】ラチャテウィーの綺麗で安価なドミトリーはBED ONE BLOCK HOSTELで決まり!

僕がバンコク滞在時に決まって訪れるラチャテウィーの街。今回のタイ旅行でもラチャテウィーに滞在し、オープンして間もないゲストハウスに宿泊をしました。ゲストハウス名は「BED ONE BLOCK」。交通量の多いパヤタイ通りのすぐ目の前にもかかわらず、建物内…

旅とSIMフリースマホ

タイの首都バンコクから南へ約200km離れたサメット島で、持参したスマホが水没して故障した。完全防水ケースに入れて、綺麗な景色をスマホに残すことを信じて疑わなかった。使用前に試さなかった自分が悪いのか。ケースは渡航前にインターネットショップで購…

脳裏をよぎるダメ人間?何もしないサメット島での過ごし方

タイの首都バンコクから南へ約200km離れたサメット島にいる。サメット島はタイ人に人気のリゾート地。バンコクの喧騒から逃れ、週末は島の風を浴びるのがステータスになっている側面もある。

ボクの旅、キミの旅、そしてタイ人

タイの首都、バンコクにいる。季節は9月。南国らしい青空から厚い雲が急に覆り、激しい雨が音を立てる。雨季の終わりを告げていた。雨があがると不快な湿気が身体にまとわりつく。これが東南アジアの空気。旅に出た実感が湧き、気持ちが一気に高ぶった。

タイ国鉄のチケットをオンライン予約&購入してみました!

タイへ訪れたら一度は乗ってみたいタイ国鉄。そのタイ国鉄のチケットが今年 (2017年)から再びオンライン予約ができるようになったので購入してみました。とっても簡単だったので、その購入方法をご紹介します。

タイエアアジアX|XJ606便でバンコクから成田へ!ドンムアンで搭乗の変更点と機内食などの楽しみ方

タイ・バンコクから東京への帰国便は、タイエアアジアXに搭乗した。僕がタイから帰国する際に、よく選択する航空会社だ。飛行場はスワンナプームではなく、LCC専用のドンムアン空港で、バンコクの中心部からタクシーで30分ほどの位置にあり、便利で好きな空…

ルアンパバーン空港の様子とタイエアアジアのバンコク行きFD1031便搭乗記'17

ビエンチャンからバスで北上したラオスの旅は、ルアンパバーンで終わった。後は東京へ帰るだけだが、そのルートは飛行機でタイ・バンコクを経由するルートを選択した。僕が搭乗した航空会社はタイエアアジアで、飛行時間は約1時間30分。バンコクから車中で1…

タイからラオスへ630km!タイ人に人気の国際夜行バスで陸路国境越え!!

2016年12月下旬、僕はタイのバンコクからラオスのビエンチャンまで約630kmの距離を、国際夜行バスを利用して陸路で国境越えをしました。島国日本に住んでいるせいか、陸路の国境越えは感慨深いものがあり、とてもワクワクする出来事で、国境越えに特化する旅…


当ブログに掲載するコンテンツ(テキスト、画像等)を無断に複製・転用することを禁止します。 Copyright © バックパッカーに憧れて All Rights Reserved.